映画『人魚の眠る家』

衝撃のベストセラー東野圭吾原作×「TRICK」「明日の記憶」「天空の蜂」鬼才・堤幸彦×映画初共演 篠原涼子&西島秀俊 究極の愛の形に日本中が涙する―衝撃と感涙のミステリー超大作。

突然の事故。眠り続ける娘。 奇跡を信じた決断が、運命を狂わせていく―。

Introduction & Story

東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれ、その衝撃的な内容に話題沸騰、累計110万部を突破した、今、最も売れている東野圭吾の禁断のベストセラー小説を映画化。 離婚寸前の夫婦のもとに、ある日突然、届いた知らせ。「娘がプールで溺れた――」。愛するわが子は意識不明のまま、回復の見込みはないという。奇跡を信じる夫婦は、ある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく――。 すべてを投げ打ってわが子を守り抜こうとする母・薫子役を篠原涼子。世界でも前例のない技術で娘を回復させようとする父親に西島秀俊。次第に技術の力に盲目的になる研究員に坂口健太郎、その恋人に川栄李奈。そして田中泯、松坂慶子ら世代を代表する実力派の俳優陣が集結。日本映画界の鬼才・堤幸彦監督が自らの集大成として挑む意欲作。先の読めない怒涛の展開、想像を絶する衝撃のクライマックスを経て明かされる秘めた想い。愛する人を持つすべての人の心を揺さぶる感動作が誕生した。

©2018「人魚の眠る家」製作委員会