2018年10月30日
東京国際映画祭GALAスクリーニング
10月29日(月)ワールドプレミア レポート

この度、東京国際映画祭にてワールドプレミア・レッドカーペットイベントを10月29日(月)に実施、主演の篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、田中泯さん(完成披露舞台挨拶のみ)、堤幸彦監督が登壇されました。

本作の予告編が流れた巨大LEDパネルが左右に開き、キャストと監督が登場すると、会場は悲鳴にも似た大きな歓声に包まれました。
「とても切ないテーマではありますが、東野圭吾先生の原作なので、クライマックスまでどうなるかわからない、ハラハラする見応えのある作品になっています」という篠原さんの挨拶から始まると、篠原さん演じる薫子の夫として共演した西島さんは「とても深い深い、狂気すら帯びる母の愛がテーマの素晴らしい感動作で、遂にワールドプレミアでみなさんにみてもらえることに非常に興奮しています」とワールドプレミアを無事に迎えられた喜びを語りました。

続いて播磨夫妻の娘・瑞穂の延命治療に協力する技術者・星野を演じた坂口さんが紹介されると、観客の女性陣からはこの日一番の黄色い声援が!
「作品を初めて見たときにいろんな感情が自分の中に残ったので、観客のみなさまにもいろんな感情で見てもらえたら嬉しいです」とコメント。星野の恋人・真緒を演じた川栄さんは「私自身この映画を観て本当号泣してしまって、こんな素晴らしい作品に出演してお芝居をできたことが光栄です」と感涙必至の作品であることをアピールしました。

出演のオファーをもらった当初は実は出演をためらっていたという篠原さんは、なぜ本作への出演を決めたのかと聞かれると、「いろんな思いがあったけれど主人がこんな素晴らしい作品をやらないのは損だよ、と背中を押してくれて、それでもう一度ちゃんと読んでみようと思いました」という秘話を明かしました。
そして話題は、母親である薫子が我が子を守りたいという強い気持ちゆえに常軌を逸した行動をとる衝撃のラストシーンについての話題へ。鬼気迫る演技をしていた篠原さんを、西島さんは「段取りの段階で号泣していて、撮影も2日くらいこのシーンの撮影をしていたので大丈夫かなと心配だったんですが、篠原さんをはじめ、現場のみんながすさまじい集中力で、子役の子もカットがかかっても泣きやまないくらいのめりこんでいて…みんなで抱き合いながら、お互い慰めながら撮影していました」と撮影当時の様子を振り返ると、薫子の妹・美晴役として現場にいた山口さんも「薫子の感情の爆発を目の当たりにしていたら途中息ができず、めまいを起こしてしまうくらい大変でした。でもとにかく素晴らしくて、今思い出しても目頭が熱くなります」と撮影後は自身もぐったりしてしまうほど壮絶な撮影だった様子を明かしました。

堤監督が「クライマックスシーンが素晴らしく、客観的に冷静にみないといけない立場だが、今回はそうできなかったほど、キャストの演技が素晴らしかった。生きること死ぬことにまつわるテーマ、メッセージが伝わる作品になっています」と締めくくり、篠原さん&西島さん、坂口さん&川栄さん、山口さん&堤監督のペアで男性陣が女性陣をエスコートする形でレッドカーペットに降り立ちました。そして大歓声の中、サインや握手を求めるファンとの交流を楽しみながらレッドカーペットを歩きました。


今回の東京国際映画祭からオープニング作品、クロージング作品と並ぶ新設部門「GALAスクリーニング作品」として上映される『人魚の眠る家』ですが、その上映に先立ち、完成披露舞台挨拶がTOHOシネマズ六本木にて開催されました。
レッドカーペットを歩き終えた篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、山口紗弥加さん、堤幸彦監督に加え、ここからは西島秀俊さん演じる和昌の父親・田津朗を演じた田中泯さんも登壇。MCに役名と共に紹介されると、「紹介されて、いま映画の中の私の名前をやっと思い出しました」とコメントし、会場を笑わせました。
そのうえで本作について「この映画で描かれる、本質的にもっている人間の喜怒哀楽の渦というんでしょうか、その影響を受けて、役名を忘れてもわたし個人の中で答えのない質問が頭の中ぐるぐるかけめぐっています。みんなが考えて、なにか答えをみつけなくてはならないんだなということをこの映画は提案してくれているのではないでしょうか」と本作のテーマでもある答えのない問いにどのように向き合うのかについてコメントしました。

共演は3度目、映画では初共演となる篠原さんと西島さんですが、本作では離婚寸前のすれ違う夫婦を演じていることについて聞かれると、作品を通して2人の共演する作品は必ず「篠原さんが西島さんを振り回す」という共通点があることが発覚!しかし、本作ではお互いが実際に家族を持ってから、初めての夫婦役ということで「すごくお互いいろんな話をしたし、考えさせられることがありましたよね」と感慨深げに語り、西島さんは実際に母になった篠原さんの母親の演技について「実人生で積み重ねて来た演技の重みというか、深さを感じられました」と絶賛しました。

篠原さんを筆頭に、出演者が全員圧倒的な迫力の演技を披露している本作ですが、演出についてどういった点に苦労したか聞かれた堤監督は「作品のストーリーにおける出演者の感情を順番に形作ることが大切だと思ったので、今回はほぼ順撮りといって物語の始まりから順番に撮っていく方法をとりました」と撮影でのこだわりを述べ、「だからこそ丁寧に感情を表現することができたと思います」と本作への自信をのぞかせました。

シビアなシーンがあるものの、和気藹々とした雰囲気で進んだという本作の撮影現場。各登壇者、楽しかった思い出を聞かれると、山口さんは「回想のシーンでこどもたちと一緒に庭で鬼ごっこをしたんですが、服がびちょびちょになるくらい汗をかいて遊びました」と子役とたくさん遊んだ思い出、川栄さんは坂口さんとのデートシーンでもんじゃを食べていたシーンを挙げ、「坂口さんはカットがかかってもずっともんじゃ焼きを食べてました」というエピソードを披露し、会場も和やかな空気となりました。

最後に「たくさん作品を撮って来ましたが、自信もってみなさんにお届けできる作品となっています。ただ、この作品の答えはひとつではありません。ご覧になった方によって作品の印象が変わってくるかと思いますが、ぜひそれぞれの立場でみていただきたいと思います」と堤監督が挨拶をすると、主演の篠原さんが「本当に最後まで、思いっきり泣いていただきたいと思います!!!」と力強く締めくくり、舞台挨拶は幕を閉じました。

新着記事