2017年12月18日
主演・篠原涼子×西島秀俊 豪華共演!
堤幸彦監督による映画化が決定!

この度、稀代のベストセラー作家・東野圭吾原作の話題の小説「人魚の眠る家」が映画化することが決定いたしました!

本作は東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた作品で、発売時に反響が反響を呼び、発売から1か月で瞬く間に27万部を超えるベストセラーとなりました。
主演は篠原涼子。共演に西島秀俊。
今、“大人の女性“、”大人の男性”として最も輝いている二人が、映画での初共演を果たします!

メガホンを取るのは、『トリック』シリーズや『SPEC』シリーズなど、時代の空気を掴むエンターテイメント作を放つ一方、『明日の記憶』や『天空の蜂』など硬派で骨太な人間ドラマも手掛ける日本映画界の鬼才・堤幸彦。堤監督の集大成ともいえる意欲作です!

残酷な状況下で迫られる究極の選択、先の読めない怒涛の展開、根底から揺るがされる善悪の価値観。そして、すべての理屈と常識を超えていく、愛という感情の脆さと強さ。東野圭吾が、真正面から人を描くヒューマンミステリーの最後に待っているのは、希望―。2018年、この究極の愛に日本中が涙すること必至の感動大作が誕生します。

<キャスト・監督コメント>
◆ 篠原涼子(播磨薫子 役)
初めて原作を読んだときから、同世代の子どもを持つ親として自分だったらどう向き合うのか?
薫子の様に強くなれるだろうか?なかなか答えの出ないテーマの作品だと、ずっと心の中に残っていました。
そんな作品に堤監督、旦那さん役の西島秀俊さんを始めとするスタッフ、キャストの方々と共に
向き合えるのは運命かもしれません。映画の中で答えを見つけたいと思います。

◆ 西島秀俊(播磨和昌 役)
愛する子供の命の選択を迫られるという東野圭吾さんの意欲的な作品に、
主演の篠原涼子さんと、夫役として本作でご一緒できることが今から楽しみです。
初参加となる堤組で、この深い人間ドラマに真正面からぶつかっていきたいと思います。

◆ 監督:堤幸彦
原作に描かれていることはたいへん難易度の高い内容ですが、それはどの夫婦にも親子にも突きつけられる究極の問題であり、だからこそ挑戦すべき作品だと確信しています。
考えれば考えるほど“他人事”ではない。心して取りかかります。

新着記事