女王の教室/見逃し配信や無料動画を1話から全話フル視聴する方法【ドラマ】

ドラマ「女王の教室」は、2005年に放送された学園ドラマ。
悪魔のような鬼教師と小学6年の子供たちの戦いを描いた一年間の記録。
主演は天海祐希。
若かりし志田未来、福田麻由子、 伊藤沙莉、夏帆などが出演している。

こちらでは、ドラマ「女王の教室」の動画を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています!

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

「女王の教室」
Hulu】で配信中!

⇩ ⇩ ⇩

\初回登録2週間トライアルあり!/

こちらの作品もHuluで配信中です!
 ⇩  ⇩  ⇩

『女王の教室』 を無料で視聴する方法は?

『女王の教室』は、動画配信サービス【Hulu】で配信中です!

そこで【Hulu】がどういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

日テレ系番組が豊富なHulu!
初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみ
お楽しみいただくことも可能!
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうとお金は一切かかりません!

Hulu解約・退会方法や注意点は?


\初回登録2週間無料トライアルあり!/

 

本ページの情報は2021年5月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

「女王の教室」あらすじ

冷酷無比だが一流の女性教師と生徒の交流を描く。6年生に進級した和美(志田未来)の担任が、赴任したばかりの冷徹教師・阿久津(天海祐希)に決まる。阿久津は突然テストを実施し、点数の悪いニ人をすべての雑用をこなす代表委員にすると宣言。和美はあまりの緊張から0点を取り、お調子者の由介(松川尚瑠輝)と担当することに。

阿久津(天海祐希)が、和美(志田未来)をかばったクラスメートのひかる(福田麻由子)に“代表委員”を押し付ける。和美は阿久津にひかるを許すよう頼むが、阿久津は、授業中は成績上位の2名としか話さないとあしらう。そんな中、阿久津に耐えかねた恵里花(梶原ひかり)が、阿久津の行いを母(黒田福美)に言いつけ、学校に抗議してもらう。

開校記念を祝う会で、真矢(天海祐希)のクラスは創作ダンスを披露することになった。真矢はリズム感のない久子(永井杏)に厳しく当たる。久子は必死で練習するが、本番は来なくていいと言われ、ぼう然。怒った和美(志田未来)は「全員でボイコットしよう」と提案する。

阿久津(天海祐希)はボイコットを企てた和美(志田未来)たちへの締め付けを一段と強化。週1回だった試験を毎日に増やし、全問正解するまで帰さないと言い渡す。さらに、クラスを班に分けて互いの行動を監視させる。そんな中、マリ(柳田衣里佳)の財布が盗まれる騒ぎが。阿久津はクラス内に犯人がいると考え、名乗り出るように告げる。

財布が紛失した事件の犯人にされた和美(志田未来)は、クラスメートからつまはじきに。仲の良い由介(松川尚瑠輝)の不登校も続き、孤立感を強める。そんな中、和美のランドセルにごみが詰められた。ぼうぜんと立ちすくむ和美を、教師のしおり(原沙知絵)が発見。しおりは、いじめを放置する阿久津(天海祐希)に抗議しようと決心する。

阿久津(天海祐希)が夏休み中も授業を続けると宣言する。クラスメートがしぶしぶ従う中、和美(志田未来)は阿久津から逃げないことを決意。一方で、夏休みらしいこともしたいと進藤(福田麻由子)をプールに誘う。当日、進藤が姿を現さないため、和美は進藤の自宅を訪問。もっと仲良くなりたいと告げるが、進藤は干渉しないでほしいと突き放す。

夏休み返上の授業に反発し、和美(志田未来)たちは休みを楽しむことに。だが、新学期を迎えると和美らの机が消えていた。阿久津(天海祐希)の仕業だと聞き、和美は校長(泉谷しげる)に相談。しかし、阿久津に先手を打たれ、らちが明かない。そんな中、恵里花(梶原ひかり)が阿久津のスパイ役だったことがクラス中に判明。恵里花は姿を消す。

阿久津(天海祐希)の成績至上主義が高じ、和美(志田未来)らの不満が募る。そんな中、ひかる(福田麻由子)が阿久津に反旗を翻す。これを機に、クラスの半数が担任の交代を求めてストライキに突入。だが、阿久津は平然と授業を続行、修学旅行や運動会も中止すると宣言。楽しみな行事が奪われ、スト不参加の成績優秀組に不安が広がる。

進路相談の親子面接を前に、阿久津(天海祐希)はクラス全員の素行を記録した資料を配る。親へのデータ公表をちらつかせて児童の発言を封じ、面談は阿久津のペースで終了。意に反した展開に、和美(志田未来)らは不満を漏らす。一方、由介(松川尚瑠輝)がデータの消去を試みるが、失敗。阿久津は、授業参観日に親の前での謝罪を命じる。

授業参観を通じて、児童に対する保護者の理解が進んだ。和美(志田未来)らの生活態度も変わり、クラスの雰囲気も明るくなる。しかし、阿久津(天海祐希)は児童の中途半端な自立心をたしなめ、相変わらず冷酷な指導を続ける。そんな中、教育委員会のホームページに阿久津の教育方針を告発する書き込みが。教育委員会が調査に乗り出す。

過労で倒れた阿久津(天海祐希)が退院し、行方をくらます。和美(志田未来)は、もう会えないのかと心配を。一方、由介(松川尚瑠輝)は阿久津が常に監視していることを思い出し、援助交際の芝居を女子生徒に打たせる。だが、女子の身に危険が。阿久津が期待通りに現れて助かるものの、暴力ざたに。教頭(半海一晃)は、阿久津の追放を決める。

「女王の教室」キャスト&スタッフ

阿久津真矢:天海祐希

神田章子:羽田美智子

天童しおり:原沙知絵

神田武:尾美としのり

神田優:夏帆

神田和美:志田未来

真鍋由介:松川尚瑠輝

進藤ひかる:福田麻由子

上野教頭:半海一晃

近藤校長:泉谷しげる

並木平三郎:内藤剛志


脚本
遊川和彦

音楽
池頼広

主題歌
EXILE「EXIT」(リズムゾーン)

ディレクター
大塚恭司、岩本仁志、渡部智明

プロデューサー
大平太、仲野尚之(日活撮影所)

制作協力
日活撮影所

製作著作
日本テレビ

みんなの感想

こんなにゾクゾクする、そしてシビアな小学校を舞台としたドラマは初めてだったので、とても新鮮で強烈に印象に残っています。天海祐希さんがはまり役で、とても迫力があり、にこりともしない表情に恐ろしさを感じました。天海さん演じる阿久津が子どもたちに様々な試練を与えて行くのですが、それが生徒たちの団結につながっていくという巧妙なストーリーには驚かされました。次は一体どのような言葉を子どもたちに聞かせるのか毎回楽しみになりました。そしてこのドラマは更に盛り上げていたのは生徒役の子役さんたちの力強い演技です。わざとらしい演技をする役者さんが1人もおらず、本当にありのままの様子を覗き見ているような気持ちになれました。特に素晴らしかったのが志田未来さん、福田麻由子さんです。志田未来さんはこのドラマで初めて知ったのですが、こんな演技の上手な子役さんがいるんだと衝撃を受けました。喜怒哀楽が激しく、表情が豊かで、志田さん演じる和美のことが大好きになりました。そんな和美がいじめられ、ガラスの破片で怪我をしてしまうシーンは涙が止まりませんでした。そして福田さんは独特な存在感を放ち、声にも言葉にも何か訴えかけてくるものがありました。

天海祐希さん主演の学園ドラマで、中、高ではなく小学生が舞台になっています。小学生の生徒役に志田未来さんや福田まゆこさんなどが出演しています。6年のクラス替えと同時にやってきた新任の教師が鬼教師で噂のアクツマヤ。新学期1日目早々に席替えを決めるテストを。それに失敗してしまった志田未来さん演じるカズミと、その6年のクラスのみんなと鬼教師の1年間の記録を描いたストーリーです。なんといっても見どころは天海祐希さんの怖いくらい冷たい鬼教師役。小学生の時に見ていましたが、本当に怖い人なんではないかと思わせられるくらいの演技力でした。全てを成績で判断し、生徒を差別するアクツ先生。そのせいもあり、楽しみたくてうずうずしていた最後の1年間が最悪の1年間になる危機が。友達間もバラバラ。それをなんとか阻止しよう、残りの学校生活を楽しめるために先生を辞めさせようとカズミたちはうごきだします。小学6年生対鬼教師の戦いが最後まで目が離せないし、徐々にアクツ先生の正体にも迫ってくるドラマなので一気に見てしまいたくなります。子役も今では有名になっていることかも数人出ているのでそこもかなりの見どころで楽しめると思います。

このドラマをみた感想は、先生怖すぎ!って感じでした。従来の教師が熱心に生徒達を指導をして夢や希望を与え、感動を生むという一般的な学園ドラマとは違い、「女王の教室」ではそのようなものはひとつもありませんでした。主人公の女教師、阿久津真矢が生徒たちを冷たく突き放し、その上現代社会の理不尽な現実を突きつけます。それがしかも小学6年生相手ということに驚きました。少し過激な場面もありましたが、とても面白いストーリーでみていて引き込まれて行きました。真矢の行動は教室とは思えないようなもので、そんなことする?とツッコんでしまうところもありました。そんな斬新なキャラクターがまた面白く、こんな教師いたらどうなるのかと妄想が膨らみました。天海祐希さん、志田未来さんという豪華なキャストにも注目です。冷徹な女教師、真矢にも辛い過去があり、そんな真矢の意外な一面にもまた注目です。過激なシーンやストーリーはみていて、ハラハラドキドキしますが、その分ドラマにどんどん引き込まれていきます。生徒達はもちろん真矢の成長にも目が離せません。真矢の真の狙いはなんなのか。それを知った時は感動しました。もう一度見返したくなる作品です。

天海祐希さん演じる小学校教師、阿久津真矢と阿久津のクラスの子どもたちの物語です。生徒の中で主人公である神田和美はとても良い子ですが、イマイチ思っていることをはっきり言えなかったり周りに流されてしまう性格で見ていてもどかしい部分もありました。しかし私も小学生の時は世界がそこしかなくてそこで嫌われたりしたらもう何もかもが終わりなんじゃないかと思っていたので和美の気持ちに共感する部分も多くありました。周りの生徒たちもそれぞれ悩みを抱えながらも幼いながらにクラスメイトや家族と上手くやっていこうとする姿は考えさせられるものがありました。いつどこで何をしていても全部お見通しで、小学生にそんな事言っていいのか、やっていいのかという言動ばかりでしたが、そんな阿久津と闘うことでクラスメイトと真の団結をし、考え方も成長していく子どもたちは大人が見ていても尊敬してしまいました。阿久津の過去を知り、なぜこんな教師になったのかがわかった時には阿久津はどれだけの覚悟を持って教師として、大人として子どもたちと向き合い、自分を犠牲にしてきたのだろうと涙を流さずにはいられませんでした。ここまででなくても子どもたちに誤魔化しをせずに様々な真実を伝えてくれる教師がいてもいいのかなと思いました。

女王の教室の見所としては、やはり天海祐希さん演じる小学校教師の真矢先生の人間としての生き方、そしてその生き方から来る生徒への虐待とも取れる強い指導が見所です。
私自信がこの番組をリアルタイムで見ていたときは中学生だったと記憶していましたが、正直最初のうちはこんな先生だったら私は学校嫌で辞めていたんじゃないかて思うぐらいの強い指導に衝撃を受けたのを覚えています。
この当時は虐待やモンスターペアレントなど家庭と学校の問題が多くピックアップされた時期であり、この番組も非常に強い賛否両論があったのだと当時から凄く話があったのを記憶しています。
生徒たちも個性的で特に志田未来さん演じる和美ちゃんが印象に未だに残っています。
非常に明るいのですが繊細な子で友達を助ければ助けるほどドツボにはまり、私も正義感の強い性格なので見ていると何だか辛かったのを覚えております。
生徒の恋愛面は少しだけ描かれていますが、真矢先生は恋愛面と言うより家族面を描けば描くほどなぜこんな強い指導の先生になったのか?がわかり、その点をスピンオフでも見れる点が非常に面白かったのを覚えています。私は未だに再放送も見ますし、大人になった今だからこそ感じる点も多い作品です。ご家族で一度見てみてはいかがでしょうか。

女王の教室は、私の好きなドラマのひとつです。なんと言っても、キャストの「天海祐希さん」の大ファンというのがひとつですが、本当に演技が上手いんです。どんなドラマでも、役になりきっていてこちらがついつい見入ってしまうような演技が素晴らしい女優さんです。また、当時中学一年生だった「志田未来さん」の子役ながらに、吸い込まれてしまう演技にも注目が集まったことかと思います。そしてドラマそのものですが、小学校の教育とは思えないような、スパルタな教育がなされるドラマなのです。こちらのドラマを観る前の雰囲気だけみていると、怖いな~というイメージを持ってしまうんですけど。実際にドラマが始まり、クライマックスを迎えるころには、大切なことをたくさん伝えているドラマだと気付くのです。「天海祐希さん」演じる阿久津真矢という教師は、子供を子供として扱うというより、ひとりの人間として、新年のある教育を指導しているということがとても、身に染みるようなドラマの内容なのです。本当の優しさとはなんなのか?ということに関して、とてもメッセージ性のあるドラマだと感じましたし、ただボケっと見ているだけでなく、色々ろ考えさせられるような内容で、大人でも子供でも見てほしいようなドラマです。

まとめ

ドラマ「女王の教室」は、Huluで配信中です!

是非ご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました