アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(MCUシリーズ)見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法【映画】

洋画
大人気シリーズ「アベンジャーズ」の続編、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品として11作目の今作のキャッチフレーズは「愛を知る-全人類に捧ぐ。」「世界を滅ぼすのは-アイアンマン。」
興行収入は日本だけでも32億、全世界では約14億ドルにも上りました!
今回も熱い展開の待つ超大作、ぜひご覧ください!
こちらでは「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」
U-NEXTで配信中です!
現在レンタル作品ですが
初回ポイントで視聴することができます!

U-NEXTより

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 を無料で視聴する方法は?

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ

アイアンマンこと“戦う実業家”トニー・スタークが開発した<ウルトロン計画>━━それは、人工知能による完璧な平和維持システム。しかし、進化と増殖を続けるウルトロンが選択した“究極の平和”とは、地球を脅かす唯一の存在=人類を抹消することだった…。世界中の都市を襲う人類滅亡の脅威に、最強チーム“アベンジャーズ”が再び結集。絶体絶命の彼らに残された最後の武器は、「愛する人を守りたい」という熱い思いだけ…。

Filmarks より引用

キャスト・吹き替え声優

トニー・スターク / アイアンマン・・・ロバート・ダウニー・Jr、日本語吹替-藤原啓治

ソー- クリス・ヘムズワース、日本語吹替 -三宅健太

ハルクの声 – ルー・フェリグノ、日本語吹替 -宮内敦士

スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ演 – クリス・エヴァンス、日本語吹替 --中村悠一

ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ演 – スカーレット・ヨハンソン、日本語吹替 -米倉涼子

クリント・バートン / ホークアイ演 – ジェレミー・レナー、日本語吹替 -宮迫博之

ジェームズ・“ローディ”・ローズ / ウォーマシン演 – ドン・チードル、日本語吹替 - 目黒光祐

ピエトロ・マキシモフ / クイックシルバー演 – アーロン・テイラー=ジョンソン、日本語吹替 - 小松史法

ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ演 – エリザベス・オルセン、日本語吹替 - 行成とあ

J.A.R.V.I.S. (ジャーヴィス) / ヴィジョン演 – ポール・ベタニー、日本語吹替 - 加瀬康之

マリア・ヒル演 – コビー・スマルダーズ、日本語吹替 - 本田貴子

サム・ウィルソン / ファルコン演 – アンソニー・マッキー、日本語吹替 - 溝端淳平

マーガレット・エリザベス・“ペギー”・カーター演 – ヘイリー・アトウェル、日本語吹替 - 園崎未恵

ヘイムダル演 – イドリス・エルバ、日本語吹替 - 斉藤次郎

ローラ・バートン演 – リンダ・カーデリーニ、日本語吹替 - 加納千秋

シリーズ作紹介

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を観る前に、こちらはご覧になりましたか?
(【】内は時系列順の番号)

  1. アイアンマン(2008年公開)【②】
  2. インクレディブル・ハルク(2008年公開)【④】
  3. アイアンマン2(2010年公開)【③】
  4. マイティ・ソー(2011年公開)【⑤】
  5. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年公開)【①】
  6. アベンジャーズ(2012年公開)【⑥】
  7. アイアンマン3(2013年公開)【⑦】
  8. マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2014年公開)【⑧】
  9. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年公開)【⑨】
  10. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年公開)【⑩】
  11. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年公開)【⑪】
  12. アントマン(2015年公開)【⑬】
  13. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)【⑭】
  14. ドクター・ストレンジ(2016年公開)【⑮】
  15. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年公開)【⑫】
  16. マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年公開)【⑱】
  17. スパイダーマン・ホームカミング(2017年公開)【⑯】
  18. ブラック・パンサー(2018年公開)【⑰】
  19. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開)【⑲】
  20. アントマン&ワスプ(2018年公開)【⑳】
  21. キャプテン・マーベル(2019年公開)【㉑】
  22. アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年公開)【㉒】
  23. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年公開)【㉓】

全23作品にも上るMCUシリーズ、劇場での公開順に観るか時系列順に観るかでも違った楽しみ方ができますね。

U-NEXTではCUシリーズ作も配信されているので、そちらもチェックしてみて下さい!

感想

AIがニュースの話題になったり身近にもなってきた現代。関連本などもでてシンギュラリティー何ていう言葉が囁かれる時代になってきたからこそここのエイジ・オブ・ウルトロンはリアリティーを持って見られる作品なのではないかと思います。今作のテーマはAIの暴走で地球の平和維持のためには人類を抹殺すべしという解釈をしたAI。これを食い止めるためにアベンジャーズが再び集うという流れになっています。テーマがテーマだけにターミーネーターをリスペクトしたデザインを敵が選択したりキャプテン・アメリカの盾の原料である最強金属ヴィブラニウムが敵の手に渡ったり、2つ目のインフィニティ・ストーンが出てきたりと思わぬ展開の連続。後にアベンジャーズにレギュラーメンバーとして加わることになる新キャラも2名が初登場する作品でもありアベンジャーズを見る上で本作は外せません。中盤では洗脳された仲間と正常な仲間が戦うというシーンがありますが一方が奥の手で新武器を披露するシーンもあり興奮します。クライマックスはアベンジャーズのラストを彷彿とさせる画面に敵味方入り乱れる大興奮のバトルシーンが再び展開されることになり男の子心をまた熱くさせてくれます。単体でも面白いしシリーズを見ているともっと面白いヒーロー映画です。

アイアンマンから始まったマーベルのシリーズ、おっさんのヒーローなんてつまらないだろうと期待もせずになんとなく観に行ったらこれがおもしろい。キャラクターもどんどん殖えて言って、脇役まで入れると、顔と名前が一致しなくなってます。最初はアメコミ映画なんて流行るわけないだろうと思ってましたが、ごった煮的に仮面ライダー、ウルトラマンやゴジラシリーズのように作品の枠を超えてヒーローがやられていると、別の作品から助けにくるといった、夢のようなお話が生まれてきたりする。原作ではどうなっているのか知らないけれど、これがおもしろくない訳がない、みんなに平等に見せ場がちゃんと用意されているのだから、日本での人気も納得できてしまう。けど、あまりに遊び心が過ぎるシリーズ。そろそろ抑えてもいいのではと思い始めた頃、集大成ともいえる~ウルトロンが登場。強くなりすぎたヒーローたちにとって敵は己の中にいると、呑気なミスで自らがつくってしまった敵に苦しめられる展開も、「お前らええ加減にせ~よ」といわれてるみたい。次の完結編はどうなることやら…この頃はビデオ借りにいかなくてもオンデマンドで簡単に見える、まさにウルトロンの時代になってきましたよ。

アベンジャーズシリーズの第二作目。第一作目からのキャストの変更もなく、個人的に好きなブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)も出ていて嬉しい。ピンチを救う彼女の活躍場面では、かなりテンションが上がってしまう。今回の作品では、今まで並外れた頭脳で色んな物を開発してきたトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)が究極を求めて作ったウルトロンが暴走してしまう。トニー・スタークは、いつでもリッチで完璧に計算された凄腕というイメージだったが、そんなスタークでもやはり予想できない事態になってしまうのかと感じさせられた。やはり完璧な人間、完璧なシステムというのは、ないという事だろう。少しターミネータを思い出してしまう場面もあった。人間が開発したロボット(AI)が人間を駆除しようとする点では、ターミネーターとコンセプトが似ているかもしれない。やはり見所といえば、アベンジャーズとウルトロンとの戦いのシーンが迫力があって面白い。また、たまにキャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャーズ)とマイティー・ソー(クリス・ヘムズワース)との冗談混じりの会話もクスッと笑ってしまう。マーベルコミックシリーズでもやはりアベンジャーズは、キャラクターが多く、チームプレイで戦うのが面白い!

平和とは、前作のメンバーに加え、今作はクイックシルバーとスカーレットウオッチ、ウォーマシン、ヴィジョンが参戦。アクションが◎。ハラハラドキドキしました。最後に正義は勝つと思い、頑張れ!頑張れ!と祈っていました。シリーズを追うごとにスーパーヒーロー達が終結してキャストも豪華です。映像も最新技術で迫力満点。セリフもテンポも良いです。シリーズを通して観ると益々良さが解ります。ヒーローが力を合わせてウルトラ軍団に立ち向かう。弓使いから、雷様まで力も能力も違うヒーロー達がどう協力して地球を守るのがとても面白かったです。ヴェロニカが出ているシーンかっこ良かった。次から次へとピンチを脱するアドベンチャーズ。オークアイの父親としての愛、ヴィジョンの登場、アドベンチャーズ内で生まれる新たな関係性に目が離せません。彼らは地球を侵略するために来たのか?ロキは兄に目に物見せるために戦争を仕掛けているのか、地球を兄から横取りしたいのか?など考えながら手に汗握って見ていました。一大スペクタクル。楽しくて、面白くて満足でした。アイアンマンがハルクの暴走を止めるシーンが結構好きです。シリアスな場面もあり、アクション、人間ドラマいろんな楽しみ方ができる一本だと思います!

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の感想としてはまず「アベンジャーズ」のその後の作品であって前作のキャラクターが登場していて中々感慨深くて、次に作品自体はこの世の中便利になってアンドロイドとの開発が進まれていくが反面その便利さが人類にとって仇となる可能性があるのでこの作品を見たときには考えさせられてた。次にこの作品に出てくる新しいキャラクターなのですが個人的には新たなキャラクターが気になっていてまずはヴィランの「ウルトロン」なのですがとても賢いアンドロイドで敵でありながら今の人類に対することを述べて、その言っていることに関しては否定できなくて厄介な魅力的なキャラクターで、次に「ワンダ・マキシモフ」と「ピエトロ・マキシモフ」で彼らは双子でこの作品の予告編でも見えていたがワンダの方は超能力、ピエトロの方は高速で移動できる能力といった日本のアニメなどのキャラクターでなかなか出てこないのでとても新鮮だった。最後に戦闘やその間の幕間などに関してはアベンジャーズの協力して立ち向かう中で時には意見の相違から衝突するがそれでも人類を守るために戦うアベンジャーズの姿がとても良くて戦闘シーンに関しても迫力満点で手に汗握る瞬間があって見ていてとても楽しめた

まとめ

今回は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』についてご紹介しました!

U-NEXTではMCU作品の他にもたくさんの洋画・海外ドラマが配信されています。
ぜひチェックしてみて下さいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました