アベンジャーズ/エンドゲーム(MCUシリーズ)見逃し動画配信やレンタルを無料でフル視聴する方法

世界を魅了する作品のひとつ【MCUシリーズ】のフィナーレとなった作品、『アベンジャーズ/エンドゲーム』
2019年に劇場公開された際は「アバター」を抜き、興行収入世界歴代1位を記録しています!
「アベンジャーズ」シリーズの完結作でもあり、ヒーローたちの前に立ちはだかるサノスとの戦いが描かれたアクション超大作!
これを観ずして「アベンジャーズ」は語れない!超スペクタクル映画となっています!
 
こちらでは「アベンジャーズ/エンドゲーム」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!
現在レンタル作品ですが
初回ポイントで視聴することができます!

U-NEXTより

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』 を無料で視聴する方法は?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2021年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』あらすじ

最強を超える敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命の半分が一瞬で滅ぼされてしまった…。残されたアイアンマンをはじめとするヒーローたちはもう一度集結し、サノスに立ち向かうため、そして世界を救うために最後にして史上最大の戦いに挑む──。

Filmarks より引用

キャスト・吹き替え声優

トニー・スターク / アイアンマン演 – ロバート・ダウニー・Jr、日本語吹替 – 藤原啓治

スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ演 – クリス・エヴァンス、日本語吹替 – 中村悠一

ブルース・バナー / ハルク演 – マーク・ラファロ、ハルクの声 – ルー・フェリグノ、日本語吹替 – 宮内敦士

ソー演 – クリス・ヘムズワース、日本語吹替 – 三宅健太

ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ演 – スカーレット・ヨハンソン、日本語吹替 – 米倉涼子

クリント・バートン / ホークアイ / ローニン演 – ジェレミー・レナー、日本語吹替 – 宮迫博之

ジェームズ・“ローディ”・ローズ / ウォーマシン / アイアン・パトリオット演 – ドン・チードル、日本語吹替 – 目黒光祐

スコット・ラング / アントマン演 – ポール・ラッド、日本語吹替 – 木内秀信

キャロル・ダンヴァース / キャプテン・マーベル演 – ブリー・ラーソン、日本語吹替 – 水樹奈々

ロケット声 – ブラッドリー・クーパー、日本語吹替 – 加藤浩次〈極楽とんぼ〉

ネビュラ演 – カレン・ギラン、日本語吹替 – 森夏姫

ペッパー・ポッツ / レスキュー演 – グウィネス・パルトロー、日本語吹替 – 小林さやか

ヴァルキリー / ブリュンヒルデ演 – テッサ・トンプソン、日本語吹替 – 沢城みゆき

オコエ演 – ダナイ・グリラ、日本語吹替 – 斎賀みつき

エムバク演 – ウィンストン・デューク、日本語吹替 – 木村昴

コーグ演 – タイカ・ワイティティ、日本語吹替 – 金谷ヒデユキ

キャシー・ラング演 – エマ・ファーマン、日本語吹替 – イブ優里安

スティーヴン・ストレンジ / ドクター・ストレンジ演 – ベネディクト・カンバーバッチ、日本語吹替 – 三上哲

ピーター・パーカー / スパイダーマン演 – トム・ホランド、日本語吹替 – 榎木淳弥

ティ・チャラ / ブラックパンサー演 – チャドウィック・ボーズマン、日本語吹替 – 田村真

ピーター・クイル / スター・ロード演 – クリス・プラット、日本語吹替 – 山寺宏一

ドラックス演 – デイヴ・バウティスタ、日本語吹替 – 楠見尚己

グルート声 – ヴィン・ディーゼル、日本語吹替 – 遠藤憲一

マンティス演 – ポム・クレメンティエフ、日本語吹替 – 秋元才加

ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ演 – エリザベス・オルセン、日本語吹替 – 行成とあ

ホープ・ヴァン・ダイン / ワスプ演 – エヴァンジェリン・リリー、日本語吹替 – 内田有紀

サム・ウィルソン / ファルコン演 – アンソニー・マッキー、日本語吹替 – 溝端淳平

ジェーン・フォスター演 – ナタリー・ポートマン、日本語吹替 – 坂本真綾

ガモーラ演 – ゾーイ・サルダナ、日本語吹替 – 朴璐美

シリーズ作品

『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観る前に、こちらはご覧になりましたか?
(【】内は時系列順の番号)

  1. アイアンマン(2008年公開)【②】
  2. インクレディブル・ハルク(2008年公開)【④】
  3. アイアンマン2(2010年公開)【③】
  4. マイティ・ソー(2011年公開)【⑤】
  5. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年公開)【①】
  6. アベンジャーズ(2012年公開)【⑥】
  7. アイアンマン3(2013年公開)【⑦】
  8. マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2014年公開)【⑧】
  9. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年公開)【⑨】
  10. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年公開)【⑩】
  11. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年公開)【⑪】
  12. アントマン(2015年公開)【⑬】
  13. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)【⑭】
  14. ドクター・ストレンジ(2016年公開)【⑮】
  15. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年公開)【⑫】
  16. マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年公開)【⑱】
  17. スパイダーマン・ホームカミング(2017年公開)【⑯】
  18. ブラック・パンサー(2018年公開)【⑰】
  19. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開)【⑲】
  20. アントマン&ワスプ(2018年公開)【⑳】
  21. キャプテン・マーベル(2019年公開)【㉑】
  22. アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年公開)【㉒】
  23. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年公開)【㉓】

全23作品にも上るMCUシリーズ、劇場での公開順に観るか時系列順に観るかでも違った楽しみ方ができますね。

U-NEXTではCUシリーズ作も配信されているので、そちらもチェックしてみて下さい!

みんなの感想

インフィニティ・ウォーの続編というか前後編の後編でありアベンジャーズシリーズ最高の盛り上がりを見せるのがこのエンドゲームです。序盤からして意外な展開が起こり、中盤でワクワクする展開になり最後で大盛りあがりという最初から最後まで面白いです。中盤のパートでは過去のMCU作品の場面に入り込むパートがあり過去作を見ている人はより楽しめることでしょう。クライマックスでは11年間の集大成、今まで積み上げられてきたインフィニティー・サーガ全体でのクライマックスということもあり心の底からマグマのような感情が湧き上がってくるというようなものすごい興奮を覚えました。メインのヒーローたちは勿論のこと脇役クラスの人達の人となりやどんな事があったのかも分かっているので1カット1カットがダイレクトに心にきます。どんな思いで最後の戦いに臨んでいるのかを思うと興奮とは別に胸にこみ上げてくるものも同時にあります。そんな様々な思いは画面の壮大なバトルシーンと相まって感動を呼び、最後はもう涙が止まりませんでした。もうこのヒーローたちは心のヒーローです。この映画はヒーロー映画として今後越えられるものはもう出ないんじゃないかというくらい唯一無二の感動を私に与えてくれました。本当に素晴らしい出来でした。

人類のそして宇宙の破壊を実行しようとするサノスは本当に強かったです。彼の野望を阻止するため立ち上がったアベンジャーズは、必死に戦うのですが、倒すことができません。このままサノスの勝利で映画が終わるような気さえしました。壮大なアベンジャーズシリーズを一体どうやって完了させるのか、興味を持ってこの作品を見ました。SFXを駆使しためくるめくような戦闘の末、一瞬の静寂の後クライマックスを迎えました。そのシーンに息を飲み、またその意外さに大変驚きました。しかし、このシリーズの中心人物だった人が、幕を引くのは当然だとも思い納得しました。いい結末でした。このシリーズは、個々のヒーローの物語を丁寧に描いていることも魅力でした。この作品では、特に、クリントとナターシャのエピソードが一番感動しました。大事なストーンを手に入れるためには、どちらかが犠牲にならなければならない場面は切なさで胸が一杯になりました。俯瞰で犠牲者を映した映像は忘れることができません。二人を演じた俳優に拍手を送りたい気持ちになりました。ラスト、生き残ったメンバーが亡くなった仲間に哀悼を表しつつも、それぞれの道を進む姿を見ることができて安堵しました。3時間超という長さを感じさせない、シリーズを締めくくるのにふさわしい傑作でした。

私は感動しすぎて二度映画館に行きました。残された唯一の希望とそこに至るまでの過程が、色々なキャラクター達の力が重なり合ってこそ成り立ったことが本当にワクワクしました。前作のインフィニティウォーにおいて、サノスとの激戦の中、ストレンジは地球が助かる道が1つだけあることに気付きました。それは1400万605分の1の確率というほぼ0に近い数字です。その残された唯一の方法が、アイアンマンであるトニースタークが「指ぱっちん」することでした。しかし、そこまでの道のりは困難を極めていました。ソー、アイアンマン、キャプテンがサノスと戦う中、やはりサノスは強敵で、3人に勝機はありませんでした。また、サノス率いる軍団が攻めてくるという絶望的な状況の中で、ストレンジや魔術師達がが作る時空の扉からスパイダーマン、ヴァルキリー、スターロード、ブラックパンサー率いるワガンダ王国の軍隊が助力に来てくれました。そこでキャプテンのセリフ「アベンジャーズ、アッセンブル」からの全員がサノス軍団に向かって走り出す所は本当にカッコ良かったです。また、アイアンマンは私がマーベル好きになったきっかけです。激闘の末のトニーの最後には涙せずにはいられませんでした。これまでの映画のシーンが一気にフラッシュバックしてきました。

もうここまで確立された分野であればチンケな感想なんて意味がないでしょう。『アイアンマン』から始まり11年間22作品にも及ぶマーベル・シネマティック・ユニバースの集大成に位置づけられる今作は最後に相応しい作品となっています。前作『インフィニティ・ウォー』で消された人類の半分を救うためにタイムマシーンによって過去のマーベルシリーズに飛んで行くシーンは昔を思い出し胸アツになります。若い頃のマイケル・ダグラスとかどうやって作ってるんだろう?CGなのでしょうがそのデキも素晴らしいです。映像・音響・シナリオどれを取ってもマーベルファンには笑顔と涙で受け入れられるものです。もちろんこれまでのマーベルシリーズを見ていないと分からない点も多々ありますが、それを吹き飛ばすくらいのエネルギーがあり、哀愁があり、やっぱりトニ-・スタークは最高!ってなります。現に私がそうでした。あとはサノス率いる軍団とアベンジャーズたちが戦うのですが、そこで登場するレディース軍団が恰好いいのなんのって。時代の流れを多少汲み取っているのでしょうが、それでも女は強し!それを感じさせるワンシーンでしたね。マーベル好きな人もそうでない人も一緒に一度は見ておくべきそんな作品と言えます。

長く続いたアベンジャーズシリーズの最終章です。前回の最後に敵であるサノスの野望を阻止できず衝撃的な終わり方をしていたのでどの様に物語が進んでいくのかとても気になっていました。アベンジャーズの人数も減ってしまいどう戦っていくのか、そもそも消えた人々を戻す事ができるのかなど、問題が山積みな中それでも諦めず世界のために大切な人たちのために覚悟を決めて再び危険な戦いに挑んでいくヒーロー達はより一層かっこよく見えました。世界を元に戻すための戦いの中で何度もうまくいきそうな所でトラブルが起こり映画のどの瞬間を切り取ってもハラハラ、ドキドキして1秒も見逃せませんでした。
一度サノスに敗れたことで世界も変わり果て普段強いヒーロー達も精神的に弱っていたりして、ヒーローにも心があっていつも様々な思いを抱えながら戦ってきたのだなと改めて感じました。
最後の戦いのシーンは最後にふさわしく、どのアベンジャーズシリーズにも負けない壮大でかっこよく、興奮の連続でした。おそらくこの先何度このシーンを見ても興奮して声を出さずにはいられないと思います。
結末もかなり衝撃的ではありましたが、最後にふさわしい納得の素晴らしいものでした。

アベンジャーズ全体が一致団結にやっと絆が見えてきたと思ったところにサノスの力による半分の人類がいなくなってしまったことが本当にショックでした。アイアンマンが意外とスパイダーマンのことを大事にしているとわかった時に本当に泣きました。たくさんの人が消えてしまったことでみんなの心の中に穴が開いてしまうのを見るのが本当に辛いです。それでも、友人の一言に助けられ前を向き解決への道にたどり着くところが彼らの素晴らしい所だと改めて分かりました。サノスをやっと見つけたと思ったらサノスの言っていることもある意味正しいと思ってしまった自分がいます。解決することのない問題に気持ちを切り替えて立ち向かっていくのが最高でした。サノスを倒すことだけでは終わらず人間の世界や地球にとっての良い結末を迎えることができて本当に素敵です。大事な人への気持ちや地球に対する考え方を改めて考えるようになりました。一番大好きなキャラクターが傷ついて悪の道に走っているのを見るのはつらかったですが、仲間がいてくれたおかげで立ち直っていくのが最高でした。大切な仲間を失ってし舞った時は本当に辛かったです。アクションとし手盛り上がるところもしっかりとあるので本当におもしろいです。マーベルの中でもトップレベルの作品になっていると感じます。

まとめ

今回はMCU・マーベル作品の集大成ともいえる『アベンジャーズ/エンドゲーム』についてご紹介しました。

U-NEXTでは「アベンジャーズ」シリーズをはじめ、たくさんの洋画・海外ドラマなどが配信されているので気になる作品がある方はぜひチェックしてみて下さいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました