スパイダーマン:ホームカミング(MCUシリーズ)見逃し動画配信やレンタルを無料でフル視聴する方法

洋画
2017年に劇場公開された『スパイダーマン:ホームカミング』
MCUシリーズでは第16作品目にあたります。
これまでにも「スパイダーマン」シリーズは映画化されてきましたが、ついにMCU初参戦!
主演のイギリス人俳優トム・ホランドは高校生のニューヒーローという難しい役どころに挑戦しています。
アイアンマンをはじめとする豪華共演者にも注目!
こちらでは「スパイダーマン:ホームカミング」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

映画「スパイダーマン:ホームカミング」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『スパイダーマン:ホームカミング』 を無料で視聴する方法は?

『スパイダーマン:ホームカミング』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『スパイダーマン:ホームカミング』あらすじ

ベルリンでのアベンジャーズの戦いに参加し、憧れのトニー・スタークから特製スーツをもらったスパイダーマンこと、ピーター・パーカー。ある日、スタークに恨みを抱くバルチャーがニューヨークを危機に陥れ、ピーターはたったひとりで戦いに挑むが…。

U-NEXTより引用

キャスト・吹き替え声優

ピーター・パーカー / スパイダーマン演 – トム・ホランド、日本語吹替 – 榎木淳弥

エイドリアン・トゥームス / バルチャー演 – マイケル・キートン、日本語吹替 – 大川透

トニー・スターク / アイアンマン演 – ロバート・ダウニー・Jr、日本語吹替 – 藤原啓治

ミシェル・ジョーンズ(MJ)演 – ゼンデイヤ、日本語吹替 – 真壁かずみ

ネッド・リーズ演 – ジェイコブ・バタロン、日本語吹替 – 吉田ウーロン太

リズ・トゥームス演 – ローラ・ハリアー、日本語吹替 – 美山加恋

ハーマン・シュルツ / ショッカー(二代目)演 – ボキーム・ウッドバイン、日本語吹替 – 諏訪部順一

MCUシリーズ一覧

『スパイダーマン:ホームカミング』を観る前に、こちらはご覧になりましたか?
(【】内は時系列順の番号)

  1. アイアンマン(2008年公開)【②】
  2. インクレディブル・ハルク(2008年公開)【④】
  3. アイアンマン2(2010年公開)【③】
  4. マイティ・ソー(2011年公開)【⑤】
  5. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年公開)【①】
  6. アベンジャーズ(2012年公開)【⑥】
  7. アイアンマン3(2013年公開)【⑦】
  8. マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2014年公開)【⑧】
  9. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年公開)【⑨】
  10. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年公開)【⑩】
  11. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年公開)【⑪】
  12. アントマン(2015年公開)【⑬】
  13. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)【⑭】
  14. ドクター・ストレンジ(2016年公開)【⑮】
  15. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年公開)【⑫】
  16. マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年公開)【⑱】
  17. スパイダーマン・ホームカミング(2017年公開)【⑯】
  18. ブラック・パンサー(2018年公開)【⑰】
  19. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開)【⑲】
  20. アントマン&ワスプ(2018年公開)【⑳】
  21. キャプテン・マーベル(2019年公開)【㉑】
  22. アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年公開)【㉒】
  23. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年公開)【㉓】

全23作品にも上るマーベルシリーズ、劇場での公開順に観るか時系列順に観るかでも違った楽しみ方ができますね。

U-NEXTではMCUシリーズ作も配信されているので、そちらもチェックしてみて下さい!

主題歌

『スパイダーマン:ホームカミング』内で流れた主題歌はこちら。

<字幕版>
ラモーンズ「Blitzkrieg Bop」

<吹き替え版>
関ジャニ∞「Never Say Never」

感想

数々のシリーズがある中で、このシリーズは3度目の原点回帰するシリーズとして放送されました。
正直、また原点回帰するのかと最初は懐疑的でしたか、この作品が笑いもあり内容も洗練されていて一番良かったと思います。
トム・ホランドが演じるスパイダーマンが個人的には、過去の作品の中で一番ハマっていると思いました。
また、映像も過去より進化しているので、よりリアルなスパイダーの世界に飛び込む事ができるのもよかったです。
そして、なにより今回の作品から ジェイコブ・バタロンが演じるクラスメイトがいい感じで笑いを入れてくれる事です。
スパイダーマンは若くて、突然力を手にいれるので、どこか頼りなかったりどこかふがいない所があります。
そんなところをクラスメイトが笑いを入れながら、実はこいつは優秀ではないのかと思わせてくれる所が素敵です。
そして、過去作とは違いアベンジャーズの伏線ともなるアイアンマンが登場して師匠の様に導いてくれる所がかっこいいです。
マーベルの他の作品とのつながりも感じながら、最後はきっちりアイアンマンが見守っているバランスも最高だったと思います。
過去のシリーズとは少し違うが良い意味で、洗練されている作品になっていたと思います。

サム・ライミ監督が成功させてから短期間での3回目のスパイダーマン。MCUはマーヴェルスタジオ、スパイダーマンはずっとソニー・ピクチャーズの配給だったが、本作はなんと会社の垣根を超えてMCUシリーズの一環として制作されているのが特徴といえましょう。トム・ホランドが演じる本作のピーター・パーカーは従来の性格が暗めのクラスのイケてないナードというよりは、頭が良い子チームの一員として陽気な親友やクラブの仲間たちと和気藹々としており、ジュブナイルの側面が強くなっており現代的にアップデートされており、楽しく見やすい作品となっています。また、両親を亡くしておばさんと住んでいるという父性の欠如の部分を、ロバート・ダウニー・Jr演じるアイアンマンとの擬似親子関係で埋め合わせており、アイアンマンことトニー・スタークの持つ子供っぽさがピーターとの交流で少し成長するなど、スパイダーマン単体の成長ではなく、関係性で親も成長させられるといった視点も持ち合わせているところが作品としての深みを増しているように思います。またアヴェンジャーズの面々が暴れすぎて観客が「市井の人々は困らないのか?」と薄々感じていた問題点に直視しており、MCUシリーズとして誠実な一作と言えるでしょう。

サム・ライミ版の三部作、アメスパの二作は鑑賞済みという状態でMCU版のスパイダーマンを見ましたがこれまでのスパイダーマンは大学生だった気がしますし過去二作で主演のトビー・マグワイアもアンドリューガーフィールドより今作のトム・ホランドが童顔なのもいい感じです。今回のピーター・パーカーはトニー・スタークと交流があり特注のスパイダーマンスーツなんかも出てきて無双するのかと思いきや、そこらへんはちゃんと制作陣もわかっていてそのスーツに頼らないようにして主人公の成長を促している点に好感が持てます。トニー・スタークが作ったスーツで敵をバンバンやっつけてもそれはトニー・スタークがすごくてパーカーすごくないじゃんってなっちゃいます。実際パーカーも超人的能力があるんですけど。精神的に未熟なパーカーとスタークのやり取りは親子のようで見ていてほっこりします。あとシリーズでおなじみのヒロインのMJのポジションが面白いです。ホームカミングでは別の女性にパーカーは惹かれています。ではMJは出てきていないのか?と言われればそうではなく近くにいるんです。なんかそこに違和感を感じると同時に新鮮味も感じます。ちなみにMJとパーカーは次作のファーフロムホームで急接近します。総括としては新時代スパイダーマンという感じです。

マーべルというアメリカのヒーローの映画をやってその中のシリーズmcuシリーズの中の作品です。
今作はかなり日本でも知っていたり、人気のある、スパイダーマンが主人公の映画です。
この作品に興味を持ち、mcuと言うシリーズも知った方が多いのではないのでしょうか?
今作品の感想としては、スパイダーマンが高校生で青春アクション物としてみれるのは良いものの、mcuの悪い所が出ており、個人的にはあまり楽しめない作品であいた。
この作品の魅力としては、mcuにスパイダーマンがでており、キャラクターにしっかり好感度の高いキャラになりました。
この作品の演じてるキャスト陣は主人公が高校生なので俳優さんの顔も可愛く、演技は上手かったが、初々しい演技も見れて良かったです。他のキャスト陣さんも頑張っていました。
この作品の欠点としてはあまり単独では楽しめなくシリーズの中でもキャラクターは良いのに単独では、あまり面白くないと思いました。
なので、この人気のあるキャラクターなのに、単独で楽しめないのは、いかがなものかなと思いました。そして、知っていても、あまり戦闘シーンはさすがmcuのこともあってか綺麗に見れたものの、内容は薄く感じたのが欠点だなと思いました。

今作の映画「スパイダーマン:ホームカミング」では予告編の段階では個人的にスパイダーマンシリーズ3回目かという若干の不安がありましたが、実際に映画館で観てみると
かなり素晴らしかったです。今までスパイダースーツは主人公のピーター・パーカーの自作でしたが今回はアイアンマンことトニー・スタークの製作なのでかなりハイテクな
スパイダーマンやスパイダーウェブが拝見出来て新しいスパイダーマン感覚を体感出来ました。しかしやはりスーツも完成品までも自作やピーターのアイデアがあっても良い
かなと思ってしまいました。やはりウェブもスーツも自作でのスパイダーマンだと思うのですが、ストーリー面ではメインヴィランでヴァルチャーがかなりカッコ良かったで
す。ファルコンとは違う空中系のデザインと武器や戦法で戦いその戦う意味も実は内情があるというのもかなり良かったですし脚本が造り込まれていると思いました。この映
画と次作の「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」でアイアンマンの後継という形をMCU製作陣は取っているのかなと思います。そしてピーターのまだまだ青年感や
スパイダーマン自身も本当に「親愛なる隣人」感があって「ホームカミング」という題名に合っているなと個人的に思います。

まとめ

今回は『スパイダーマン:ホームカミング』についてご紹介しました。

U-NEXTではその他にもMCU作品や洋画がたくさん配信されているので、気になる作品がある方は是非チェックしてみて下さい^^

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました