青のSP(スクールポリス)見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!あらすじ・感想まとめ

国内ドラマ

ドラマ『青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐」は
FOD PREMIUMで配信中!/

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐」とは?

2021年1月より毎週火曜21時よりスタートした藤原竜也主演ドラマ「青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐」!
佐々木充郭による小説を原作にドラマ化!
試験的に導入された学校内警察(スクールポリス)制度。
赤嶺中学校に配属することになった嶋田隆平が学校で起こる様々な問題に立ち向かう警察官×学園エンターテインメント!

2021年1月12日(火)よる9時スタート!『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』<60秒>

学校内に警察官が常駐し、トラブル対応や予防活動を行う「学校内警察(スクールポリス)」制度。
表向きは何の変哲もない公立校に見える赤嶺中学だが、自ら志願して配属されたスクールポリス・嶋田隆平により様々なトラブルがあぶり出されていくことに・・・。法に触れれば、教師であろうが生徒であろうが容赦無く逮捕!?
警視庁捜査一課の敏腕刑事だった嶋田の目的、そして赤嶺中学が抱える本当の闇が明らかになる!

赤嶺中学3年1組の担任・浅村涼子(真木よう子)は夜の繁華街の見回り中に、同級生から集団で金を奪った中学生を注意するが、反対にナイフを突きつけられ窮地に。そこへ警察官が現れ、生徒たちを恐喝と暴行の罪で現行犯逮捕し、少年係刑事・三枝弘樹(山田裕貴)に引き渡す。
翌日、学校では文科省の承認を得た学校内警察官、通称スクールポリスが試験導入されようとしていた。校長の木島敏文(高橋克実)に紹介されて姿を見せたのは、昨晩中学生を逮捕した男・嶋田隆平(藤原竜也)。警視庁捜査一課の刑事でありながら、スクールポリスに志願した理由を尋ねる涼子に、隆平は「確かめたかったからだ、この学校の生徒に守る価値があるのか・・・」と意味深な言葉を告げる。

妊娠3カ月の英語教師・楓(山口紗弥加)の机の引き出しからネズミの死骸が発見される。楓を母親のように慕う3年1組の成田千佳(田畑志真)は、犯人捜しに躍起になる。やがて千佳は、楓の悪口を言っていたという大林優也(荒木飛羽)を犯人だと決めつけ食ってかかる。しかし、これがある騒動を巻き起こし、責任を感じた楓は産休も育休もそこそこに、生徒のために働くと宣言するが・・・。
その頃、隆平(藤原竜也)は理科教師の青木祐志(渋谷謙人)から、亡霊の謎について聞かされ・・・。

校内の高価な備品が何者かに盗まれ、フリマアプリに出品されている事実が発覚。学校関係者による犯行だと考えた隆平(藤原竜也)は、盗難品に残された指紋と教師、生徒全員の指紋を照合して窃盗犯を暴き出そうとする。
各クラスで指紋採取が進められるなか、サッカー部の仲村紀明(藤本哉汰)が突然大声で笑い出し、服を脱ぎ捨てて廊下の窓から飛び降りようとする。間一髪のところで隆平が阻止するが、仲村はそのまま失神。隆平は仲村がドラッグを使った可能性を示唆し、それにより、ドラッグを買う金欲しさに仲村が盗難を働いたのではないかと疑いの目が向けられる。

女子更衣室で盗撮カメラが発見され、撮影された映像が動画サイトに投稿されていたことが分かる。昼休み、校内に他の盗撮カメラがないかを探す柴田(泉澤祐希)と涼子(真木よう子)は、男子バレー部の更衣室から、部員の菊池京介(鈴木悠仁)が出てくるところに出くわす。京介の表情はどこかぎこちなく、やがて盗撮カメラ事件は予想もしない事態に発展する。
一方、一年前に亡くなった音楽教師の小川香里(明日海りお)の事件について調べる隆平(藤原竜也)は、岡部昌浩(遠藤雄弥)という美術教師のことを耳にし、岡部が学校をやめた原因となった生徒に接触する。

男子バスケ部で、アレン徳永(川村ジーモン凜一朗)が同じ3年生部員の市原健太(奧智哉)と西田雄一(池田優斗)からいじめを受けていることが分かる。柴田(泉澤祐希)から報告を受けた顧問の涼子(真木よう子)は、西田に代わってアレンをスタメンにした自分のせいだと責任を感じるが、心配する涼子や柴田を前に、アレンは余計なことはしないでほしいと笑顔を向ける。
そんなある日、市原が帰宅途中に何者かに襲われる事件が発生。市原は相手の顔こそ見えなかったものの、犯人はアレンだと主張。西田も次の標的は自分に違いないとアレンを激しくけん制するが、それでもなぜか、アレンはかたくなに西田をかばう。隆平(藤原竜也)の聞き取り調査でアレンは自らの犯行を否定するも、何か心当たりがある様子。とある場所へ一人で向かうと、そこにいたのは…。
はたして隆平は、容赦なしの荒治療で、いじめの加害者と被害者、どちらも救うことができるのか!?さらに、隆平が香里(明日海りお)の死の真相を追う理由も明らかになる!

香里(明日海りお)の死に関わっていると疑う岡部(遠藤雄弥)の居場所を突き止めた隆平(藤原竜也)。しかし、香里と自分が恋人関係だったことを涼子(真木よう子)に明かすと、なぜか岡部の足取りは再び分からなくなり、隆平は涼子に疑惑の目を向ける。
職員室では新津清(須賀健太)が、同じ1年の教師・荒井英子(たくませいこ)と古賀一成(兒玉宣勝)に仕事を押しつけられ、連日の残業で心身ともに限界を迎えていた。新津と同期で、学生時代の同級生でもある柴田(泉澤祐希)は、そんな新津を何とかして助けたいと立ち上がるが、そこには、“他学年のことに口を出さない”という教師間の暗黙のルールが。柴田に泣きつかれた隆平もまた、教師自身が解決すべき問題だと冷たく突き放すが、柴田の悲痛な叫びに、生前、教師に対する学校の態度を「やりがいの搾取」だと嘆いていた香里の姿を重ねる。さらに、香里がかつて新任の新津を荒井や古賀から守っていてことも知る。そんななか、新津が夜道でひったくりに遭い、生徒の個人情報が流出する騒ぎが起きて…。
隆平の胸に去来する香里との思い出…。2人の知られざる恋人エピソードが明らかに!
愛する人の身に起きた突然の悲劇。それを知った隆平は…!?

何者かの告発により、香里(明日海りお)と涼子(真木よう子)が美月(米倉れいあ)の暴行事件をめぐって口論していた事実をつかんだ隆平(藤原竜也)。当時、臨時教員だった涼子が香里の死と同時に本採用になったことや、以前に勤めていた学校での不可解な行動が気になる隆平は、自ら調査に乗り出す。一方、三枝(山田裕貴)はそんな隆平をサポートするために、スクールポリスに就任する。
その涼子は、近ごろ欠席や遅刻が増え、体が痩せてきた深山敏春(田中奏生)のことが気になっていた。ネグレクトを疑う涼子に対し、深山は笑って言葉を濁すが、クラブで働く母親と祖母と3人で暮らす深山の生活状況は、思った以上に深刻だった。とある事情で深山の過去を知る三枝もまた、涼子と同じく深山を気にかけていたことから、2人は何とか深山を助けようと立ち上がるが、その矢先、金に困った深山が思わぬ行動に出て…!?
一方、涼子の過去を調べていた隆平は、涼子が前の学校を退職した衝撃の理由を知る。香里を死に追いやった犯人は涼子なのか!?明かされる新事実から隆平が導き出した答えは!?

野球部のピッチャー・矢島裕(長島令玖)が、試合中に頭部にボールを受けて脳しんとうを起こす。矢島によると、マウンドから投球する際、目にレーザーが飛び込んできたという。矢島は友達からの信頼も厚く、恨みを買うようなタイプではない。そのことから隆平(藤原竜也)は、学校へ報告なしで部員たちに休みなく厳しい練習を課す“闇部活”を常態化させたり、いきすぎた指導で部員の鼓膜を破裂させたこともあるという顧問の阿部(音尾琢真)に対する嫌がらせではないかと考える。
さらに、亡くなった香里(明日海りお)が、熱中症で部活帰りに誤って道路に出て、事故にあった野球部員がいると話していたことを思い出した隆平は、事故以来、学校に来られなくなった坂木司(山時聡真)の家を訪ねる。
その一方で、自らの携帯電話に送られてきた香里と涼子(真木よう子)が口論する音声データの送信元をたどると、野球部の一件と意外なつながりが見えてきて…。恋人の死の真相へ近づく隆平。香里を死に追いやったのは誰なのか…学校が隠し続けてきた秘密がついに明らかとなる!そして、隆平が追い続けていた黒幕の正体も明らかに!?

岡部(遠藤雄弥)による暴行未遂事件を公表しようとした香里(明日海りお)を阻むべく、生徒を脅迫して香里を死に追いやったのは、校長の木島(高橋克実)だった。木島の逮捕で一年前の事件はすべて明らかになったかに思えたが、隆平(藤原竜也)は、事件の裏にまだ何か秘密があると考えていた——。
3年生のクラスでは高校受験の進路指導が始まり、涼子(真木よう子)は志望先が親の意向と異なる相良恭子(石井薫子)のことで頭を悩ませていた。自分と同じ帰国子女が多い学校へ進学し、語学に磨きをかけたい恭子に対し、母親は家の病院を継がせるために、何としても医学部付属の高校を受験させるというのだ。一方的な母親の言動にいら立ちを隠せない恭子は、次第に授業態度も悪くなり、見かねた涼子は恭子にある提案をする。
一方、暴行未遂事件の被害者でもある美月(米倉れいあ)の進路相談には父親が現れる。その態度から、家庭内に問題があると考えた隆平は、美月を尾行。すると、向かった先には思わぬ人物が待っていた。さらに、木島の逮捕で岡部の身にも異変が…!?
一年前、香里は何を調べ、何をしようとしていたのか——。亡き恋人の思いを胸に、隆平が事件の核心へと迫る!

木島(高橋克実)が岡部(遠藤雄弥)に撃たれた。1年前の事件が表沙汰になったことですべてを失った岡部が、木島を逆恨みして犯行に及んだものと思われたが、隆平(藤原竜也)は、本来なら事件の真相を暴いた自分こそが狙われるはずなのに、何かおかしいと違和感を覚える。一方で、普段はまったく接点がない美月(米倉れいあ)と香澄(鈴木梨央)が、そろって同じ高校への進学を希望していることを知った隆平は、1年前の事件について、ある仮説にたどり着く。もしそれが正しければ、逃亡中の岡部が次に狂気の矛先を向けるのは…!?
スクールポリスとして、校内にはびこる“悪”を次々とあぶり出し、成敗してきた隆平。志半ばで亡くなった最愛の恋人・香里(明日海りお)の思いを受け継ぎ、1年前の事件の裏に隠された真実を明らかにして生徒と学校を救うことができるのか!?この学校の生徒に守る価値があるのか——、隆平が最後に出した答えとは!?

嶋田隆平:藤原竜也
浅村涼子:真木よう子
三枝弘樹:山田裕貴
柴田透:泉澤祐希
阿部裕亮:音尾琢真
一ノ瀬悟:石井正則
新津清:須賀健太
阿部昌浩:遠藤雄弥
小川香里:明日海りお
福島美津子:峯村リエ
尾崎賢治:升毅
水野楓:山口紗弥加
木島敏文:高橋克実

「青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐」配信状況

「青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
FOD PREMIUM2週間
Hulu×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
TSUTAYA TV/DISCAS×30日間

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

FOD PREMIUMとは?

FOD PREMIUM(プレミアム)は月額976円(税込)で、主にフジテレビ系列の番組が視聴できる動画配信サービスです!

★80・90年代の懐かしいドラマから最新ドラマ、バラエティ、アニメ、映画作品が盛りだくさん!
★FODオリジナル作品あり!
★雑誌、漫画も配信中!
★毎月100ポイントと毎月8日・18日・28日に400ポイントがもらえる(毎月1300ポイントゲット!)
※ポイントはレンタル作品に利用可能
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

↓ FOD PREMIUM配信中の作品! ↓

【ドラマ】
・教場
・監察医 朝顔
・青のSP
・知ってるワイフ
・ラストシンデレラ
・姉ちゃんの恋人
・リッチマン、プアウーマン
・ストロベリーナイト
・のだめカンタービレ
・いつ恋
・昼顔


【バラエティ】
・突然ですが占っていいですか?
・TOKIOカケル
・THE MANZAI
・人志松本のすべらない話
・千鳥のクセがスゴいネタGP


【映画】
・コンフィデンスマンJP
・ヘルタースケルター
【ドキュメンタリー】
・RIDE ON TIME
・ボクらの時代


【アニメ】
・鬼滅の刃
・呪術廻戦
・ワンピース
・ゴールデンカムイ
・Re.ゼロから始める異世界生活

感想

このドラマは、佐々木充郭さんの小説をドラマ化したもので、主人公のスクールポリスの嶋田隆平を藤原竜也さんが演じています。公立中学に警官が常駐するというスクールポリス制度を試験導入した、赤嶺中学校で起きるさまざまな事件を、嶋田が教師などと協力しながらビシバシと解決していくストーリーですが、中学生相手に手錠を掛けて逮捕するなど、少しやりすぎの印象を受けましたが、実はちゃんと生徒のことを考えた行動をしていて、好感が持てます。中学校内で起きる事件は、SNSを使ったイジメ、マタハラ、セクハラ等々、ことかかず、こんな学校があってよいのかと思うぐらい事件が起きます。事件を起こすのも生徒だけでなく、教師も起こしていて、毎回生徒か教師が逮捕されてしまうと言う展開がすごいです。またこの学校には過去に女性教師が死亡した事件があり、この事件の真相解明が今後のストーリー展開のキモになっていて、どのように展開していくのか楽しみです。高橋克実さん演じる校長が、この事件について何らか関わっているようで、楽しみです。また、真木よう子さんが演じる教師の浅村涼子は生徒思いで事件解決のために奔走する姿は教師の鏡のようです。これからも嶋田隆平とともに生徒たちを守ってあげてほしいです。

ドラマを見て感じたのは藤原竜也が演じるスクールポリスの嶋田というのが独特過ぎる存在ということです。中学生であろうと手錠をかけたり厳しい言葉をぶつけたりと容赦ない言動というのが目につきました。一番、強烈だったのが女子生徒に恨みがあり刃物を持って学校に乗りこんできた男のシーンでした。逃げまどう生徒たちという危険な状況で嶋田が取った行動は目を疑いました。その男が狙っている女子生徒をわざわざ男に差し出したんです。一瞬、むちゃくちゃだなとは感じましたが個人的見解では関係ない周りの生徒が被害にあうならばお前が行けという意図もあったのかなと推測しました。そして責任をとれという嶋田の意思からも怖さというのも味わえという気持ちもあったのかなと理解しました。嶋田流の奥が深く荒療治的やり方が目につきました。とにかく嶋田のリスキーすぎる生き様というのはこのドラマの最大の売りだなと評価しています。そしてストーリー的には学校内での事件の犯人が誰なのかという推理的要素というのが予想以上に大きい割合を占めているんです。毎回、驚かされる展開というのが多いし嶋田の捜査と犯人が誰なのかというのを楽しみにドラマを見ています。

警視庁捜査一課の敏腕刑事として働いていた嶋田隆平役を藤原竜也さんが演じており、突然刑事を辞めてスクールポリスをする事にした理由が今後の見どころです。この中学校で起きる盗難事件、盗撮事件、教師のマタハラ、教師の生徒へのセクハラ、生徒の薬物使用事件など、様々な事件が起きるたびに、スクールポリスの嶋田が、罪を犯した生徒、教師を逮捕していく様子がスッキリする所です。しかし、一年前に階段から転落し、亡くなった女性教師の件で、何かを隠していると思っている嶋田。彼女が亡くなった理由が、階段から転落したという事故ではなく、何者かに殺されたかもしれないという事実を確認する嶋田。彼がこの学校にスクールポリスとして入ったのには、どんな理由があるのか?私は、彼女が嶋田の彼女だった人なのかと想像しました。又、彼女は、何故殺されてしまったのか?殺した犯人は?嶋田が調べたい彼女の事件を隠す理由とは?一年前の事件の真相と、それを隠すこの学校の闇を知りたいと思います。又、教師役では、真木よう子さん、山口沙弥加さん、峯村リエさん、高橋克実さんなどのベテラン俳優さん達や、警官役で山田裕貴さんも出演しており、その演技も見どころです。

スクールポリス制度ってどうなんだろうと思って見始めましたが、容赦ない嶋田隆平の逮捕劇にスカッとします。
実際、こんな学校ありえないと思うレベルの問題ばかり起こるので、スクールポリス制度を導入していなければ、大変なことになっているところです。
しかし、この学校で起こっていることは、学校、会社、どんなコミュニティでも一歩間違えれば起こり得ることです。
そんな社会問題をテーマにしているからこそ、ありえない設定だけでは終わらずに見ることができます。
また、犯人が意外な人物だったりと、こちらの想像を超えるストーリーがおもしろく、なにより藤原竜也さんの演技に引き込まれます。
先生側の言動・行動より、正論を叩きつけてくるのできついように見えますが、その言葉の中に優しさが見えたりと、まさにこんな先生がいたらいいのにと感じます。
導くことができていないから問題が起こってしまい、本当はみんな素直で善悪がわかっていないだけ、、導くって難しいと感じさせられます。
嶋田隆平がなぜスクールポリスに志願したのか、学校側が隠していることとは何なのか、今後の展開がますます気になります。
毎回1話でスッキリ完結するので、次週も楽しみです。

今までの警察ドラマと違い学校内の警察という設定が斬新でみたいと思いました。藤原竜也演じる主人公がなぜこの学校に来たのかが今後明らかにされていくのが楽しみであるし、普通に学校に見えた学校がどんどん色んな事件や闇を抱えていてそれを主人公が容赦なく暴いていくストーリーが毎回ハラハラしながらも楽しみです。山田裕貴さんや真木よう子さん、山口紗弥加さんといった演技派俳優も共演しているので自然な演技でストーリーに集中することができます。藤原竜也さんと山田裕貴さんも警察官の制服姿もかっこよくこんな警察がいたらと思ってしまいます。主題歌のSHE’Sの追い風の流れてくるタイミングがいつも良く、作中の余韻を引き立てていると思います。何度も聞いているうちに自然と覚えてしまうメロディでつ口ずさんでしまいます。実際の学校でこんなに頻回に事件が起こったら大変だと思いますが、ドラマなので楽しむことができますし捜査の内容もそこまでしなくてもと思うこともありますが、最終的に犯罪の加害者、被害者ともに納得いく結末になっているのでスッキリします。ミステリーの要素もあるためいつも犯人や伏線がないかを考えながら見るためワクワクします。毎回とても楽しみなドラマです。

学生の安全を守るスクール・ポリス制度の検査導入という名目で中学校に派遣された敏腕刑事・嶋田隆平が、普通の中学校の不正や闇を暴いてゆくストーリーです。現在放送されている第4話までは、SNSでの誹謗中傷・女性教師へのマタハラ(マタニティーハラスメント)・盗難・薬物・盗撮・女性教師から男子生徒へのセクハラなど、実際に身近な場所でもありそうな題材が用いられています。このドラマを見ていると、「今の中学校ってこんなに荒れているのかな」と思ってしまうほど、リアリティーがある描写で、とてもハラハラさせてれます。そのような事件を、成敗していく嶋田見ていると、スッキリすること間違いなしです。現在の社会問題を取り扱っており、学園ドラマだからと言って若い人向けという訳ではなく、大人が見てもとても考えさせられます。
また、1話1件の事件を嶋田が解決していくだけではなく、嶋田がこの赤嶺中学校に来た明確な理由があるようにほのめかされています。敏腕刑事がなぜスクール・ポリスに立候補したのか?なぜ彼は1年前に起きた女性教師の死亡事故を調査しているのか?彼がこの学校に来た本当の目的は何なのか?各話で伏線が張られており、最終話まで目が離せない展開です。

まとめ

『青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐』はFOD PREMIUMで配信中です!
初めて登録する方は、2週間無料
無料期間のみ楽しみたい方は、2週間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「青のSP‐学校内警察・嶋田隆平‐」は
\FOD PREMIUMで配信中!/

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況はFOD PREMIUMへ!

タイトルとURLをコピーしました