THE MANZAI/無料動画配信や見逃しをフル視聴する方法!過去放送や出演芸人まとめ

お笑い番組『THE MANZAI』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「THE MANZAI」は
FOD PREMIUMで配信中!/

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「THE MANZAI」とは?

年末に放送される「THE MANZAI」。
今夜年の瀬の恒例の番組となりました。
コンテスト形式を廃止しており、現在では漫才師がたくさん集まり祭典的な番組となっています!
過去の放送分も合わせて、是非ご覧になってください!
たくさんの芸人がたくさん笑わせてくれますよ!

人気・実力を兼ね備えた漫才の名手(マスター)たちが一堂に会する“年に一度の漫才最高峰の祭典”『THE MANZAI』。昨年同様“コンテスト形式”ではなく“日本一豪華な漫才の祭典”としてお届けする。番組MCを務めるのは最高顧問のビートたけし、ナインティナインの岡村隆史、矢部浩之の3人。漫才の最高峰にふさわしい豪華MC陣が『THE MANZAI』を盛り上げる。
出場するのは“THE MANZAI実行委員会”によって選出された、誰もが認める漫才の名手“THE MANZAIマスター”。おぎやはぎ、サンドウィッチマン、千鳥、爆笑問題、さらには10年ぶりにコンビで新作漫才を披露するアンタッチャブルなど、超豪華な漫才師が集う!そして、事前番組『THE MANZAI 2019 プレマスターズ』で観客投票上位2組に選ばれた実力派若手漫才師の登場も予定している。一体どの漫才師が選ばれたのか、放送でお確かめいただきたい。
“THE MANZAIマスター”と“若手勝ち抜き枠”2組による“年に1度の漫才最高峰の祭典”。名手たちが放つ至極のネタの数々を乞うご期待!

アンタッチャブル
ウーマンラッシュアワー
おぎやはぎ
銀シャリ
サンドウィッチマン
霜降り明星
スピードワゴン
千鳥
テンダラー
とろサーモン
ナイツ
NON STYLE
博多華丸・大吉
爆笑問題
パンクブーブー
和牛
笑い飯
インデイアンス
プラスマイナス

人気・実力を兼ね備えた漫才師が一同に集う“年に一度の漫才最高峰の祭典”開宴!最高顧問はビートたけし、MCはナインティナイン。
「THE MANZAI実行委員会」が選出したサンドウィッチマン、タカアンドトシ、千鳥、博多華丸・大吉、爆笑問題など人気・実力を兼ね備えた漫才の名手(マスター)が顔をそろえます。さらに、事前番組『THE MANZAI 2018 プレマスターズ』に出場した若手漫才師の中から観覧投票で選ばれた上位2組が“若手勝ち抜き枠”として出場します!勝ち抜いた2組は一体どの漫才師なのか?名手たちが放つ至極のネタの数々にどうぞご期待ください!

ウーマンラッシュアワー
おぎやはぎ
銀シャリ
サンドウィッチマン
タカアンドトシ
千鳥
チュートリアル
テンダラー
トレンディエンジェル
とろサーモン
ナイツ
NON STYLE
博多華丸・大吉
爆笑問題
ハマカーン
パンクブーブー
矢野・兵頭
笑い飯
霜降り明星
ミキ
インディアンス

人気・実力を兼ね備えた漫才師のオールスターが一同に集う“日本で1番豪華な漫才の祭典”をお届け!番組MCは、最高顧問のビートたけしとナインティナイン!!
今回、人気・実力を兼ね備えた漫才の名手(マスター)たちの中から「THE MANZAI実行委員会」が選出したのは約20組。その漫才師たちを当番組では「THE MANZAIマスター」と呼ぶ。そして今大会も、誰もが認める超豪華漫才師が顔をそろえます。
さらに、2017年に注目を浴びた若手漫才師たちにも出場のチャンスが!「THE MANZAI実行委員会」によって選出された14組の若手漫才師が、事前番組『THE MANZAI 2017 プレマスターズ』で漫才を披露。その漫才を見た「THE MANZAI 実行委員会」が、最終的に“若手勝ち抜き枠”として3組を決定し『THE MANZAI 2017 プレミアマスターズ』へ招待。
そして、『M-1グランプリ2017』の王者・とろサーモンが『THE MANZAI 2017 プレミアマスターズ』に緊急参戦することも決定!
年の瀬にフジテレビがお送りする、人気・実力を兼ね備えた漫才師たちの日本で1番豪華な漫才の祭典。彼らが見せる至極のネタにご期待ください!

ウーマンラッシュアワー
おぎやはぎ
キャイ~ン
銀シャリ
サンドウィッチマン
タカアンドトシ
チュートリアル
テンダラー
トレンディエンジェル
ナイツ
中川家
NON STYLE
博多華丸・大吉
爆笑問題
ハマカーン
パンクブーブー
矢野・兵頭
笑い飯
とろサーモン
流れ星
ジャルジャル
和牛

2014年まで“日本一面白い漫才師を決める大会”として開催してきた『THE MANZAI』が、前回、『THE MANZAI 2015 プレミアマスターズ』として新装開店した。
今回の『THE MANZAI 2016 プレミアマスターズ』は、前回に引き続き、“コンテスト形式”ではなく、人気・実力を兼ね備えた漫才師のオールスターが一同に集う、“年に一度の漫才の祭典”としてお届け!番組MCは、“最高顧問”のビートたけしとナインティナインが引き続き務める。
『THE MANZAI 2016 プレミアマスターズ』へ出演する芸人は、“THE MANZAIマスター”と呼ばれる約20組の漫才師と、事前に放送される『THE MANZAI 2016 プレマスターズ』から選ばれた若手数組の漫才師たち。
『THE MANZAI 2016 プレミアマスターズ』に出演する面々は、“年に一度の漫才の祭典”にふさわしい、人気・実力を兼ね備えた漫才の名手(マスター)たちの中から、「THE MANZAI実行委員会」が約20組を選出。その漫才師たちを当番組では“THE MANZAI マスター”と呼ぶ。そして今大会も、誰もが認める超豪華漫才師が顔をそろえた。
さらに、“THE MANZAI マスター”たちを脅かす実力を秘めた、2016年注目を浴びた若手漫才師たちにも出場のチャンスを設ける。「THE MANZAI実行委員会」によって選出された15組の若手漫才師が、『THE MANZAI 2016 プレミアマスターズ』の事前番組、『THE MANZAI 2016 プレマスターズ』で漫才を披露。その漫才を見た「THE MANZAI実行委員会」が、最終的に“若手勝ち抜き枠”として2組を決定し、『THE MANZAI 2016 プレミアマスターズ』へ招待する。

ウーマンラッシュアワー
海原やすよ・ともこ
おぎやはぎ
キャイ~ン
銀シャリ
サンドウィッチマン
スピードワゴン
タイムマシーン3号
タカアンドトシ
千鳥
チュートリアル
トレンディエンジェル
ナイツ
中川家
博多華丸・大吉
爆笑問題
ハマカーン
パンクブーブー
フットボールアワー
ますだおかだ
ミキ
矢野・兵頭
笑い飯

2014年まで“日本一面白い漫才師を決める大会”としてコンテスト型式で開催してきた『THE MANZAI』が、人気・実力を兼ね備えた漫才師のオールスターが一同に集う“年に一度の漫才の祭典”として新装開店。最高顧問を務めるビートたけしとナインティナインの3人がMCを担当する。
“年に一度の漫才の祭典”にふさわしい、人気・実力を兼ね備えた漫才の名手を番組ではマスターと呼び、「THE MANZAI実行委員会」が選出した19組の“THE MANZAI マスター”と、先週12日(土)に放送された『THE MANZAI 2015 プレマスターズ大会』で勝ち抜いた三四郎、ジャルジャル、メイプル超合金の3組が登場!さらに、先日開催された『M-1グランプリ2015』王者に輝いたばかりのトレンディエンジェルも緊急出演する。
新たに、東京スカパラダイスオーケストラが番組テーマソングと漫才師登場音の出ばやしを演奏するなど、話題豊富な今年の『THE MANZAI』。年の瀬押し迫った時期にお贈りする、人気・実力を兼ね備えた漫才師達の“年に一度の祭典”で、彼らが魅せる至極のネタに抱腹絶倒せずにはいられない!?

ウーマンラッシュアワー
海原やすよ・ともこ
おぎやはぎ
キャイ~ン
三四郎
サンドウィッチマン
ジャルジャル
タカアンドトシ
チュートリアル
トレンディエンジェル
ナイツ
中川家
NON STYLE
博多華丸・大吉
爆笑問題
ハマカーン
パンクブーブー
フットボールアワー
ブラックマヨネーズ
ますだおかだ
メイプル超合金
矢野・兵頭
笑い飯

THE MANZAI 2015 プレミアマスターズの出場権を掛けて今年漫才シーンを騒がせた注目の若手漫才師20組が熱き戦いを繰り広げる!

アキナ
ウエストランド
エレファントジョン
オジンオズボーン
学天即
銀シャリ
三四郎
三拍子
磁石
ジャイアントジャイアン
ジャルジャル
笑撃戦隊
湘南デストラーデ
タイムマシーン3号
トレンディエンジェル
ニューヨーク
馬鹿よ貴方は
POISON GIRL BAND
メイプル超合金
和牛

2014年は、過去最多の応募総数となる1870組がエントリー。大激戦となった「1回戦・2回戦」、「本戦サーキット」を勝ち抜き、「決勝大会」に進出するのは、2回の「本戦サーキット」を共に1位で通過し勢いに乗る学天即、4年連続で「認定漫才師」に選出された囲碁将棋、磁石、トレンディエンジェル、圧倒的な人気、知名度を誇る博多華丸・大吉、さらに初の決勝進出となる馬鹿よ貴方は、ダイアン、アキナら実力派ぞろいの11組。
最後の1枠をかけ、決勝前日に争われる「ワイルドカード決定戦」には、2013年「ワイルドカード決定戦」を制し、決勝大会に駒を進め、存在感を示した流れ星、2013年決勝大会に進出したレイザーラモン、チーモンチョーチュウ、そして初の認定漫才師に選出された結成1年のムニムニヤエバら9組が出場。彼らが決勝進出の11組に残れなかったことが、今大会のレベルの高さを雄弁に物語る。
番組MCは、昨年同様にナインティナイン。そして、「THE MANZAI 2014最高顧問」には、ビートたけし。彼らは、果たして番組にどのような化学反応を起こすのか?そして、2014年最も面白い漫才師に贈られる「THE MANZAI 2014」の称号を手にするのは一体?

学天即
囲碁将棋
馬鹿よ貴方は
磁石
ダイアン
博多華丸・大吉
アキナ
和牛
エレファントジョン
2丁拳銃
トレンディエンジェル

三拍子
レイザーラモン
コマンダンテ
ムニムニヤエバ
流れ星
三四郎
POISON GIRL BAND
チーモンチョーチュウ
三日月マンハッタン

エントリーした1870組の中から大激戦を勝ち抜いた認定漫才師50組を初お披露目!なんと今年は20組が初の認定漫才師という大混戦!その中にコンビ歴42年関西の重鎮ザ・ぼんちも!若手に交じってスタジオで大暴れする!昨年の覇者ウーマンラッシュアワーはその後大ブレイク!今年もここから新たなスターが誕生する!

アキナ
阿佐ヶ谷姉妹
囲碁将棋
ウエストランド
S×L
LLR
エレファントジョン
学天即
かまいたち
クロスバー直撃
コマンダンテ
サカイスト
ザ・ぼんち
さらば青春の光
三四郎
三拍子
磁石
霜降り明星
ジャングルポケット
笑撃戦隊
湘南デストラーデ
スピードワゴン
ダイアン
ダイノジ
田畑藤本
チーモンチョーチュウ
トータルテンボス
トップリード
トレンディエンジェル
流れ星
なすなかにし
2丁拳銃
ニューヨーク
博多華丸・大吉
馬鹿よ貴方は
浜口浜村
ハライチ
藤崎マーケット
POISON GIRL BAND
マシンガンズ
三日月マンハッタン
見取り図
ムニムニヤエバ
モグライダー
ゆにばーす
吉田たち
レイザーラモン
ロシアンモンキー
ロングコートダディ
和牛

今年は、過去最多の応募総数となる1,855組がエントリー。大激戦となった「1回戦・2回戦」、「本戦サーキット」を勝ち抜き、「決勝大会」に進出するのは、予選1位通過を果たし勢いに乗るウーマンラッシュアワー、一昨年3位、昨年2位と安定感抜群の千鳥、2年連続で決勝に進んだオジンオズボーン、NON STYLE、さらに初の決勝進出となる東京ダイナマイト、風藤松原、チーモンチョーチュウら実力派ぞろいの11組。お互いピン芸人として活躍し、今回初の決勝に駒を進めたレイザーラモンがどのような漫才を見せるのか、注目が集まる。
最後の1枠をかけ、決勝当日に争われる「ワイルドカード決定戦」には、一昨年、昨年と2年連続で決勝に進出したテンダラー、磁石。3年連続で「認定漫才師」に選出されたジャルジャル、流れ星ら9組が出場。彼らが決勝進出の11組に残れなかったことが、今大会のレベルの高さを雄弁に物語る。
番組MCは、昨年同様にナインティナイン。そして、「THE MANZAI 2013最高顧問」には、ビートたけし。彼らは、果たして番組にどのような化学反応を起こすのか?そして、2013年最も面白い漫才師に贈られる「THE MANZAI 2013」の称号を手にするのは一体?

ウーマンラッシュアワー
千鳥
東京ダイナマイト
風藤松原
天竺鼠
オジンオズボーン
チーモンチョーチュウ
レイザーラモン
NON STYLE
銀シャリ
学天即

ジャルジャル
和牛
テンダラー
流れ星
磁石
どきどきキャンプ
相席スタート
スパナペンチ
囲碁将棋

2013年ザマンザイの優勝は一体誰なのか!?国民投票による優勝予想ランキングを大発表 見事1位を獲得するのは一体どの漫才師!?ナイナイ指原も驚きの結果が!
■国民投票ランキング
・優勝大予想1位~50位の認定漫才師を発表
■街角でも優勝大予想
■認定漫才師50組 激戦の本戦サーキット
本戦サーキット第1戦 東京ラウンド
1位:風藤松原
2位:スパナペンチ
本戦サーキット第2戦 大阪ラウンド
1位:ウーマンラッシュアワー
2位:千鳥
本戦サーキット第3戦 東京ラウンド
1位:天竺鼠
2位:チーモンチョーチュウ
本戦サーキット第4戦 京都ラウンド
1位:ウーマンラッシュアワー
2位:千鳥

日本一おもしろい漫才師を決める大会「THE MANZAI」の決勝が今年も12月に行われる!予選を勝ち抜いた50組が初お披露目&ネタ&ナイナイとトーク

アインシュタイン
アームストロング
相席スタート
アルコ&ピース
囲碁将棋
インディアンス
ウーマンラッシュアワー
ウエストランド
S×L
エルシャラカーニ
エレファントジョン
えんにち
オジンオズボーン
カーニバル
学天即
かまいたち
キングコング
銀シャリ
コマンダンテ
サカイスト
三四郎
三拍子
磁石
ジャルジャル
笑撃戦隊
スパナペンチ
スパローズ
超新塾
タモンズ
チーモンチョーチュウ
千鳥
どきどきキャンプ
天竺鼠
テンダラー
東京ダイナマイト
トレンディエンジェル
トンファー
流れ星
なすなかにし
2丁拳銃
NON STYLE
Hi-Hi
ハライチ
風藤松原
ブルーセレブ
三日月マンハッタン
モンスターエンジン
ゆにばーす
レイザーラモン
和牛

プラスマイナス

今年は、昨年の応募総数を大きく上回る1,740組がエントリー。大激戦となった「1回戦・2回戦」、「本戦サーキット」を勝ち抜き、「決勝大会」に進出するのは、予選1位通過を果たし勢いに乗る千鳥、今回初出場となる「M-1グランプリ」チャンピオンの笑い飯、NON STYLE、昨年大会に続き2年連続の決勝進出を果たす磁石、ハマカーン、ウーマンラッシュアワー、アルコ&ピース、テンダラーら実力派ぞろいの11組。初の決勝大会出場となるが、予選を2位で通過したオジンオズボーンにも注目が集まる。
決勝当日に行われ、最後の1枠をかけて争われる「ワイルドカード決定戦」には、昨年大会への出場により大ブレイクを果たしたHi-Hi、昨年の決勝大会に出場したエルシャラカーニ、囲碁将棋、さらに「M-1グランプリ」初代チャンピオンの中川家ら9組が出場。彼らが決勝進出の11組に残れなかったことが、今大会のレベルの高さを雄弁に物語る。
番組MCは、昨年同様にナインティナイン。そして、「THE MANZAI 2012最高顧問」には、ビートたけし。彼らは、果たして番組にどのような化学反応を起こすのか?そして、2012年最も面白い漫才師に贈られる「THE MANZAI 2012」の称号を手にするのは一体?

千鳥
オジンオズボーン
笑い飯
磁石
ハマカーン
ウーマンラッシュアワー
マルコ&ピース
スーパーマラドーナ
NON STYLE
トレンディエンジェル
テンダラー

チーモンチョーチュウ
エルシャラカーニ
囲碁将棋
エレファントジョン
ウエストランド
スパローズ
Hi-Hi
中川家
ロザン

かつて、漫才ブームを巻き起こした伝説の漫才番組『THE MANZAI』が、2011年最も面白い漫才師を決定する新たな大会『THE MANZAI 2011』として完全復活を果たし、『THE MANZAI 2011~年間最強漫才師決定トーナメント!~』として生放送!
プロの漫才師1,516組の中から「予選」、「本選サーキット」を勝ち抜き、「THE MANZAI 2011決勝大会」に進出する上位15組、および「ワイルドカード決定戦」に進出する10組が決定。「ワイルドカード決定戦」は、「THE MANZAI 2011決勝大会」当日に行われ、勝ち上がった1組が「決勝大会」に進出。計16組が、2011年最も面白い漫才師に贈られる称号「THE MANZAI 2011」を競い合う!
番組MCは、ナインティナイン。そして、「THE MANZAI 2011最高顧問」には、1980年代の『THE MANZAI』で一躍時代の寵児となったビートたけし。彼らは、果たして番組にどのような化学反応を起こすのか?
決勝に駒を進めたのは、芸歴20年超の博多華丸・大吉、「M‐1グランプリ2009」チャンピオンのパンクブーブー、もはや売れっ子芸人となったスリムクラブ、実力派のナイツといった面々から、芸歴3年のウーマンラッシュアワーまで多士済々な顔ぶれ。「THE MANZAI 2011」の称号を手にするのは一体?

アインシュタイン
赤い自転車(現・ダンシングヒーロー)
アルコ&ピース
囲碁将棋
ウーマンラッシュアワー
ウエストランド
S×L
エルシャラカーニ
エレファントジョン
オジンオズボーン
COWCOW
学天即
勝又
さらば青春の光
三拍子
磁石
シャイニングスターズ
ジャルジャル
ジャングルポケット
新宿カウボーイ
スーパーマラドーナ
スパローズ
スリムクラブ
ダイノジ
タイムマシーン3号
タモンズ
チーモンチョーチュウ
千鳥
天竺鼠
テンダラー
Dr.ハインリッヒ
トレンディエンジェル
中川家
流れ星
2丁拳銃
ニッチェ
NON STYLE
パープーズ(現・ヤーレンズ)
Hi-Hi
ハマカーン
風藤松原
ボーイフレンド
マヂカルラブリー
マシンガンズ
モンスターエンジン
ライセンス
レイザーラモン
ロザン
和牛
笑い飯

かつて、漫才ブームを巻き起こした伝説の漫才番組『THE MANZAI』が、2011年最も面白い漫才師を決定する新たな大会『THE MANZAI 2011』として完全復活を果たし、『THE MANZAI 2011~年間最強漫才師決定トーナメント!~』として生放送!
プロの漫才師1,516組の中から「予選」、「本選サーキット」を勝ち抜き、「THE MANZAI 2011決勝大会」に進出する上位15組、および「ワイルドカード決定戦」に進出する10組が決定。「ワイルドカード決定戦」は、「THE MANZAI 2011決勝大会」当日に行われ、勝ち上がった1組が「決勝大会」に進出。計16組が、2011年最も面白い漫才師に贈られる称号「THE MANZAI 2011」を競い合う!
番組MCは、ナインティナイン。そして、「THE MANZAI 2011最高顧問」には、1980年代の『THE MANZAI』で一躍時代の寵児となったビートたけし。彼らは、果たして番組にどのような化学反応を起こすのか?
決勝に駒を進めたのは、芸歴20年超の博多華丸・大吉、「M‐1グランプリ2009」チャンピオンのパンクブーブー、もはや売れっ子芸人となったスリムクラブ、実力派のナイツといった面々から、芸歴3年のウーマンラッシュアワーまで多士済々な顔ぶれ。「THE MANZAI 2011」の称号を手にするのは一体?

マルコ&ピース
囲碁将棋
ウーマンラッシュアワー
エルシャラカーニ
学天即
磁石
スリムクラブ
チキチキジョニー
千鳥
テンダラー
ナイツ
Hi-Hi
博多華丸・大吉
ハマカーン
パンクブーブー

銀シャリ
さらば青春の光
スーパーマラドーナ
スパローズ
東京ダイナマイト
トレンディーエンジェル
南海キャンディーズ
2700
マヂカルラブリ
夕瓜ロマネコンティ

かつて漫才ブームを巻き起こし、B&B、ツービートを輩出したあの伝説の漫才番組『THE MANZAI』が日本一の漫才師を決める大会として復活!
年齢芸歴制限なし!参加資格はプロのみの漫才日本一決定戦!
応募総数1516組!今回その中から厳しい予選を突破した50組の認定漫才師が一挙大集合!珠玉のネタ&爆笑で彩る!
日本一の漫才師はこの50組の中から決まる!

アメリカザリガニ
アルコ&ピース
囲碁将棋
ウーマンラッシュアワー
エルシャラカーニ
学天即
キングコング
銀シャリ
グランジ
ザ・パンチ
さらば青春の光
磁石
ジャルジャル
シャンプーハット
スーパーマラドーナ
スパローズ
スリムクラブ
ダイノジ
チキチキジョニー
千鳥
テンダラー
東京ダイナマイト
トータルテンボス
土佐駒(現・ロングロング)
ドレッドノート
トレンディエンジェル
ナイツ
流れ星
南海キャンディーズ
2700
ニレンジャー
Hi-Hi
博多華丸・大吉
バッドボーイズ
ハマカーン
ハライチ
はりけ〜んず
パンクブーブー
ビタミンS
風藤松原
プリマ旦那
平成ノブシコブシ
POISON GIRL BAND
ぽ〜くちょっぷ
マヂカルラブリー
メッセンジャー
U字工事
夕凪ロマネコンティ
吉田たち
我が家

「THE MANZAI」配信状況

「THE MANZAI」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
FOD PREMIUM2週間
Hulu×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
TSUTAYA TV/DISCAS×30日間

「THE MANZAI」は、FOD PREMIUMで配信中です!

現在2011年~2019年の放送分が配信されてます

※本ページは2021年6月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

FOD PREMIUMとは?

FOD PREMIUM(プレミアム)は月額976円(税込)で、主にフジテレビ系列の番組が視聴できる動画配信サービスです!

★80・90年代の懐かしいドラマから最新ドラマ、バラエティ、アニメ、映画作品が盛りだくさん!
★FODオリジナル作品あり!
★雑誌、漫画も配信中!
★毎月100ポイントと毎月8日・18日・28日に400ポイントがもらえる(毎月1300ポイントゲット!)
※ポイントはレンタル作品に利用可能
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

↓ FOD PREMIUM配信中の作品! ↓

【ドラマ】
・教場
・監察医 朝顔
・青のSP
・知ってるワイフ
・ラストシンデレラ
・姉ちゃんの恋人
・リッチマン、プアウーマン
・ストロベリーナイト
・のだめカンタービレ
・いつ恋
・昼顔


【バラエティ】
・突然ですが占っていいですか?
・TOKIOカケル
・THE MANZAI
・人志松本のすべらない話
・千鳥のクセがスゴいネタGP


【映画】
・コンフィデンスマンJP
・ヘルタースケルター
【ドキュメンタリー】
・RIDE ON TIME
・ボクらの時代


【アニメ】
・鬼滅の刃
・呪術廻戦
・ワンピース
・ゴールデンカムイ
・Re.ゼロから始める異世界生活

感想やみどころ

Q.出演している好きな芸人は誰ですか?

アンタッチャブル
去年10年ぶりのコンビでテレビ出演を果たした時はものすごく感動しました。オンエアバトルやM1で優勝した時のような勢いはそのままに、ネタ自体は洗練され、アドリブもバッチリで、やはり芸人さんはネタが良くてなんぼだ!と思わせる漫才でした。復活してからも個々のテレビ出演が多く、共演はあまり多くありませんが、このTHE MANZAIのような大舞台で相変わらずのクオリティで漫才をしてくれるので嬉しいです。アンタッチャブルの漫才は、テンポがとても心地よくザキヤマさんのアドリブがとても面白いです。無茶なアドリブでも瞬時に的確なツッコミができる柴田さんも素晴らしいです。過去に私生活では色々あったかもしれませんが、お笑いはお笑いでこれからも二人でネタをやりつづけてほしいです。

アンタッチャブル
ほんとに復活を待ちに待っていました。ザキヤマの適当さと柴田の楽しみながらやるネタはどのコンビにも出せないふたりだけの味です。アメトークで柴田がザキヤマとネタ合わせをしてもアドリブしかないと言っていましたがそのアドリブを全て全力で返せるのがとにかく凄いところです。2人オリジナルの雰囲気で誰も絶対に真似ができない唯一無二の存在だと思います。ネタのテンポもすごくいいし、ツッコミのキレが悪かったらボケがボケ倒し笑いに。ボケが怪しくてもツッコミのキレで笑いに。2人が補い合って笑いを作り出しているイメージです。面白かったね!というよりも流石だよね!あの二人にしか出来ないよね!すごかったよね!など面白いだけじゃ語れないそんなコンビです。

ウーマンラッシュアワー
今年も思いっきりやってくれました感のあるマンザイでした。去年、初めてウーマンラッシュアワーの漫才をきちんと観たのですが、あまりの勢いに引き込まれてしまいました。時事ネタもたくさん盛り込まれていて、個人が思っている政権への思いを代弁してくれているかのようでした。今年の1番笑ったのは、震災の支援物資の千羽鶴のくだりです。思わず、そりゃそうだ、と突っ込んでしまいました。賛否あるコンビですが、話術はピカイチではないでしょうか。相方のうん、はい、しか言えない間合いも、よくよく考えたら、計算つくされたものだと思います。そちらもあわせて見直すと最高のコンビだと気付かされます。来年も、再来年も切り込ん漫才で驚かせて欲しいです。

ウーマンラッシュアワー
村本さんの早口言葉が圧巻でした。何を話しているかちゃんと聞き取れるのがいつも感心させられます。さらにほとんど噛むと事無く一体何文字単語を発しているんだろう。おそらくすべての出演者一番あるいわ司会の岡村さんよりしゃべってるんじゃないのって思ってしまいます。
 内容も漫才とは思えないような政治を絡めた深い話です。いつものことですがこっちが思っていることをオブラートに包むことなくはっきりと話してくれるのでこっちもすっきりしますし、ちゃんとオチをつけて終わらせるところもさすがプロだと感じさせます。
 最後に中川パラダイスさんもいい味出してました。ほとんどしゃべってなくていなくてもいいじゃないかと思ってしまいそうですがしっかりとしたタイミングで相槌されていてより村本さんがいかされてるのだなと思いました。

海原やすよ・ともこ
気取らない、飾らない自然体の態度で見る側を惹きつけるので、こちらも変に力が入る事なくいつもリラックスして見られるコンビです。わかりやすく回りくどくない掴みから入る為、視聴者を置いていく事なく話に引き込み、終始見やすいのに気づいたら最後まで楽しんで見終わっていた、という自然な流れを作り出してくれるのが魅力。漫才の内容は、東京と大阪の違いを主体にしたものが多く、東京人ならこう言う、大阪人ならこう言う、といった視聴者にわかりやすい「あるある」を見事に体現しており、見ていて思わず頷かせる楽しさが潜んでいるのが見どころ。それも細かく再現しており、東京の少し上品な様相と大阪のずぼら且つ大らかで気さくな様相を、誰もがわかるよう漫才に落とし込んでいるのは彼女らの特徴であり、魅力です。

かまいたち
かまいたちは2004年結成のお笑いコンビです。結成当時から2009年までは鎌鼬と漢字表記でした。結成当初から実力があると言われ、2005年には結成2年目ながらM1グランプリの準決勝まで勝ち上がっています。M1グランプリでの最高順位は2位でキングオブコントでは2017年に優勝しています。そのため漫才とコントの両方に優れた二刀流とも言われています。大阪時代では早くからラジオでのレギュラー番組を持ち、東京進出直前にはレギュラー番組が関西圏だけでかなりの数に上っているほど人気と実力を持っていました。東京に来て最初はなかなかレギュラー番組を持てなかったものの、2019年のM1グランプリで2位になって以降は徐々にメディアでの出演も増えて現在では再びレギュラー番組を増やしています。

かまいたち
かまいたちの山内は面白いネタを作るので好きです。最近のネタでは行列の自分の最前列に割り込まれたというネタです。
ただただ自分の前に割り込まれたそのままの状態のネタで一話作りました。このネタはかつて、漫才の歴史の中で類を
見ない斬新なネタと言っても過言ではありません。というのは、普通の漫才のネタではあるところから次々と展開を見せるのが常套句です。
このネタは同じスタンスでそのままの状態で話を作り上げています。これには驚きです。山内は天才かもしれません。
一方、相方の濱家は手品の達人です。手品のネタを漫才、コントに取り入れて、プロ顔負けの手品の腕を見せてくれます。
かまいたちは近い将来漫才界のトップに立つことは間違いありません。

銀シャリ

関西での人気はかなりのものである銀シャリ。その漫才は老若男女問わず受ける良さがあり、最後まで観客を引き込む力があります。探偵ナイトスクープでも話術を発揮している橋本さんは、見た目の平凡さと秀でたアドリブ力にギャップがあり、好きなところです。バラエティー番組などでも、橋本さんに話をふられた時には、安心して見ていられます。ぼーっとして少しテンポをずらす相方の鰻さんとの相性も非常に良く、見ている人たちをほっこりさせてくれます。鰻さんが意外なことに絵がうまく、個性的なところも感じるので、今後その特技も見る機会が増えるでしょう。
ぼけ、ツッコミのしっかりした漫才をしてくれる銀シャリには、それぞれの活躍も期待していますが、もっと漫才を披露して欲しいですね。

サンドウィッチマン
サンドウィッチマンの2人は漫才をしていても、内容が分かりやすくて、それが面白いのが魅力です。彼らがネタや話題にするのは、たいていが身近にあることや普通の人でも共感しやすいことなので、漫才のネタとして見ると思わず笑ってしまいます。また、トークもコンビで普通に仲良く話をしている雰囲気なので、ボケたりツッコんだりしていても無理がなくて安定感があります。強引にうるさくしたり、意味が不明なことをして笑いを取ることがないので、ネタを見ていても嫌な印象を受けません。漫才のやり取りをしていても、良い意味で力が入り過ぎずに、自然体である所が彼ら2人の良さです。漫才を見ていても、こちらも無理せずに笑うことができます。

サンドウィッチマン
サンドウィッチマンの魅力はたくさんある。まず、圧倒的な面白さである。彼らのコントや漫才は勢いやノリだけで押し切ろうとしているところが全くなく、絶妙なボケやワードセンスで見る者を笑わせている。しかもそれらは誰にとっても分かりやすいため、とっつきやすい面も持つ。特に、富澤の「ちょっと何言ってるか分からない」は、タイミングがいつも絶妙であり、もはや名人芸と言える域にある。また、彼らの人柄の良さも魅力として十分に挙げられる。強面ではあるものの内面の優しさというものが、テレビから伝わってくる。それは共演者を傷つけるような笑いの取り方をあまりしないことに表れている。さらに、二人の仲が良く見るときは大体コンビで出演しているというのも、応援したくなる良さの一つだと考えられる。以上が、彼らの魅力である。

サンドウィッチマン
サンドウィッチマンを初めてみたのは、10何年前のM-1グランプリでした。その時は敗者復活戦から優勝したのは、すごいけどしだいに消えていくのではないかと思っていました。しかし、お昼の帯番組のバイキングなどで、ロケをやらせても上手に盛り上げますし、ピンで番組に呼ばれても大活躍です。なんやかんやで、富澤さんの「ちょっと何言ってるか分かんないです」のギャグや、伊達さんのカロリーゼロ理論などがとても面白くて、大人気芸人となりました。伊達さんが真顔で「カステラは圧縮すればこんなに小さくなる。だからカロリーゼロ」とか話すのが最初は面白かったのですが、最近は微笑ましく可愛らしいと思えてくるほど大好きになりました。

霜降り明星
2015年ごろにテレビで二人を見たときに、正直あんまりおもしろくないなと思っていたのだが、2016年のM-1敗者復活戦で見たときにめっちゃおもしろいと思ってからネタを見るために劇場に通うようになったということもあり、霜降り明星は思い入れのあるコンビだ。毎日テレビに出ているほど忙しいのに、11月から毎月単独ライブを行う予定らしく、漫才ではなく、コントの新ネタを作っているということで、二人の芸人としての熱い気持ちがあるというのが良さである。二人ともボケもツッコミもできるし、ネタはもちろんトークがとてもおもしろく、タレント性もあるので、バラエティ番組にも引っ張りだこになっているのだと思う。お互いのことをおもしろいと尊敬しあっているし、信頼しあっているからこそあの面白さがあるのだ。

中川家
M-1グランプリの初代チャンピオン「中川家」。そんな肩書がなくても2人が好きな題材で続けてきた漫才はまだまだ飽きることなく単純におもしろい。剛がボケて礼二がツッコむ形で、キャラ的には礼二の方が強いので最初はツッコみに期待が強いですが、おとなしそうな剛のたたみかけるボケにだんだん惹きこまれていく展開です。全体的にどちらかが強すぎるということがなくお互いのおもしろいポイントが一番生きていてバランスがとても良いです。M-1グランプリでチャンピオンを獲ったあとにライブに行って漫才を観ましたが、練習していない感じで全然笑えなかった…。自分達がおもしろいと思った一般人ネタをやり続けた今は経験を積んで余裕も出てきて安定のおもしろさです。

博多華丸大吉
いつも安定した面白さを提供してくれるコンビだと思います。ベテランの漫才師さんたちはどうしても時代遅れ感を感じてしまったり、同じネタばかりで笑えないことが多いですが、博多華丸・大吉さんはいつも違うネタを見せてくれ、更に時事ネタも盛り込んでくれるので常に笑えます。特に面白いのが華丸さんの小ボケが連発されるネタです。周りにいるおじさんの物真似などを始め、歯止めがきかなくなる様子を見ているとなんだか可愛らしくて笑いが止まらなくなります。それをなだめるようにつっこむ大吉さんの優しいツッコミも大好きです。2人を見ているとネタを作って練習しているようには見えません。本当に自然に言葉が出てきていて、最強のコンビだなと毎回感じます。

博多華丸・大吉
博多華丸・大吉さんの魅力は、「本物の漫才師」だということです。ほかの漫才師との大きな違いですが、まず、落ちつきがあります。笑いをとるのに必要な話術が完璧です。2人の相性も本当に見ものです。言い換えれば、「品の良い漫才」です。いまの漫才師たちの多くは、怒鳴り、たたき、汚い暴言と余計なパフォーマンスばかりです。いつからでしょうか。このように相手を殴ったり、どついたり。みていて「品の悪さ」にムカムカしてきます。漫才にこのようなパフォーマンスは必要ありません。博多華丸・大吉さんは、話術で勝負しています。コンビにおける滑なか会話以外に余計なパフォーマンスは不必要だと思います。今後とも、2人の話の技術が生み出す「品の高い」漫才を楽しみたいです。

ミルクボーイ
もともとは全く知らない芸人さんでした。M1で初めて知り、メチャクチャ面白いと感じました。よくある一発屋かなと芸風から思いましたが、なんとなんと、1パターンの芸風から広がる世界観は凄いです。そして、わかっていても笑える。一度聞いた事があっても、ちょっとマイナーチェンジしてる部分があったり、出演先で少しアドリブ足してて、変えてたりと、変幻自在な芸風は見ても、聞いても楽しませてくれます。なので、お風呂に入りながら音だけ聞いて長湯したりします。風貌も面白い。駒場さんはマッチョ体型で現役フィジーク選手と聞いてますし、内海さんはベテラン漫才師の見た目で、本当にベテランの域に達したらどのような感じになるのでしょうね(笑)
今後も、ミルクボーイの出る番組は見れなくても、音で楽しみたいと思います。

ミルクボーイ
今回も鉄板の「オカンが忘れた」の新作ネタを見せてくれます。今回はつかみのネタもプッチンプリンをプッチンしたあとに残ったものということで、目の付け所が素晴らしいと思いました。肝心のメインのネタは、「間違い探し」で、間違い探しのあるあるを言ってくれて、とても共感できて笑わせてもらえました。内海崇さんのマシンガントークが炸裂していて、話しのテンポもとても良かったです。昨年のM-1グランプリで優勝してからは、数々のバラエティー番組にも出演していますが、どうしてもアドリブが下手なのか、彼らの面白さが引き出されていない気がしていたのですが、やはり漫才の舞台ではとてもイキイキしていて、彼らにはこの舞台が一番あっているのだろうと思いました。

笑い飯
漫才で見るのは久々な気がしました。やはりWボケという新しいスタイルを生み出した彼らにしかできない漫才があって面白いですね。今回はサンタウロスというネタで、そもそもシステムが鳥人と同じやんってところで、すでに面白かったです。ただ、鳥人で紳助に評価されたのは、やはり伊達じゃないですね。このタイプのネタはやっぱり面白いです。ウロスの方が~という表現は天才ですね。個人的には西田のボケの方がツボです。草食動物だから胸やけするというコアなボケができるのは、西田さんならではです。あと、地味に面白かったのが、メインボケに加えて、ちょいちょい歌の部分に笑いを足してくるところです。その辺りは、流石に芸歴長いなと感じました。

ミキ
ミキの魅力は2人のやり取りの可愛らしさです。仲の良さが伝わってきて、2人が戯れている姿についつい笑ってしまいます。特に亜生さんのボケに乗せられて、昴生さんがどんどんとドツボに入ってくるところが大好きです。亜生さんはバカなふりをしながらも、あざとくお兄ちゃんを困らせるのを楽しんでいます。また2人の漫才はテンポがとてもいいです。見ていて飽きることがありません。また兄弟だからこその息のあった様子を毎回見せてくれます。そして何よりも2人が漫才を楽しんでいる様子が伝わって来るのがいいです。こちらも気持ちよくなり、ミキの2人が舞台に立つだけで、明るい気持ちになれます。そして2人の面白い表情にも注目してもらいたいです。

まとめ

『THE MANZAI』はFOD PREMIUMで配信中です!
初めて登録する方は、2週間無料
無料期間のみ楽しみたい方は、2週間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「THE MANZAI」は
\FOD PREMIUMで配信中!/

※本ページは2021年6月時点の情報になります。
最新の配信状況はFOD PREMIUMへ!

タイトルとURLをコピーしました