岸辺露伴は動かない(実写ドラマ)見逃し動画配信を無料で全話フル視聴する方法

『岸辺露伴は動かない』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「岸辺露伴は動かない」はU-NEXTでレンタル配信中!
\初回ポイントで視聴可能!

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「岸辺露伴は動かない」とは?

荒木飛呂彦原作の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」から派生したスピンオフ作品「岸辺露伴は動かない」が原作となり実写ドラマ化。
漫画家の岸辺露伴が、取材先で遭遇する奇妙なできごとの数々をホラー風に描いた作品です。
主演は高橋一生が務めたことでも話題となりました!

  • 岸辺露伴(高橋一生)
  • 泉京香(飯豊まりえ)
  • 一究(柴崎楓雅)
  • 志士十五(森山未來)
  • 片平真依(瀧内公美)
  • 平井太郎(中村倫也)

「岸辺露伴は動かない」配信状況

「岸辺露伴は動かない」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT31日間
Hulu×2週間
FOD PREMIUM×2週間
ABEMA×2週間
TSUTAYA TV/DISCAS×30日間

※本ページは2021年6月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

「岸辺露伴は動かない」各話あらすじ

周囲から隔絶された山奥に豪邸が立ち並ぶ「富豪村」。所有者はいずれも各界で成功した大富豪ばかりで、20代でこの村の土地を所有して成功しているという。ただし、ある条件をクリアしないと買うことが許されないらしい。真偽を確かめるべく露伴(高橋一生)は、編集者の泉京香(飯豊まりえ)と共に富豪村に赴く。そこで課されたのは奇妙な試験だった。それは「マナー」。マナーに寛容はない。「正しい」か「正しくない」か…

露伴(高橋一生)は同僚の漫画家・志士十五(森山未來)から奇妙な相談を受ける。担当の編集者から「くしゃがら」という言葉は使用禁止だと言われたのだ。しかしネットにもどんな辞書にも意味は載っていない。使うなと言われると使いたい。だが意味を知らないと使えない。何かにとりつかれたようになった十五を露伴がヘブンズ・ドアーで「本」にすると、そこにはうごめく何かが存在していた。

担当編集の京香(飯豊まりえ)から付き合っている写真家の平井太郎(中村倫也)の記憶喪失を“催眠術”で探って欲しいと頼まれた露伴(高橋一生)。写真家だった太郎は6年前に交通事故にあい、一命は取り留めたが、社会復帰できずにいた。京香に太郎を紹介され話しているところに娘を抱えた片平真依(瀧内公美)が通りかかる。すれ違い様、娘の手が太郎の袖をつかみ転倒させてしまう。露伴はその瞬間、娘に異変を感じていた。

感想

人によって好みがわかれるかもしれないが、私は、このドラマの世界が大好きだ。どこか浮世離れした登場人物たちの衣装やセット、発言や行動が、他のドラマにはない浮遊感をかもし出していて、ドラマを観ている間だけ、心地よい現実逃避が可能になる。私は原作を読んでいないので、高橋一生が演じる岸辺露伴と原作の違いはよくわからない。でも、この岸辺露伴は、とてもカッコいいし視聴者を惹きつける独特の魅力があり、私にとっては大好きなキャラクターの一人となった。第1話から第3話まで、それぞれ味わいがあり、どの作品も良かったが、個人的には、第3話の世界観が特に好きだ。片平真依(瀧内公美)の娘が暮らすピンク色の世界や、露伴の力で本となった真依とその娘、平井太郎 (中村倫也)の絆が上手く表現された、本が手をつないでいるような表現など、思わず、感嘆の声をもらさずにはいられなかった。平井太郎 がどんな風に物語にかかわってくるのか、かなり期待して観ていたのだが、期待通り、もしくはそれ以上の展開に、大変満足できた。さらに、泉京香 (飯豊まりえ)もいい味を出している。彼女がいることで、高橋一生の演技に弾みがつくし、ダークになりがちな雰囲気を明るいものに変えてくれると感じる。

大好き岸辺露伴のドラマ化!とても楽しみにしていました。動かないはアニメ化した事もありましたが、まさかジョジョの世界が実写化するなんて、そして3夜連続ドラマで見れるなんて、SNSもトレンドに入るくらい湧いていました。
動かないを読んでいる人は多いと思いますが、今回のくしゃがらは小説が元になっており、わたしも知らない内容だったので楽しめました。
動かないのメイキングをNHKで放送されていたのですが、スタッフさんたちもジョジョが好きな方が集まっていたとの事だったので、露伴先生の漫画の画材道具から部屋、ピアスやバンダナまでかなり拘った小道具が使われていました。ドラマを見る時に是非目を凝らして欲しいと思いました。高橋一生さんもジョジョ愛好家で読んでいたとの事で、作中でのジョジョ達や露伴の言い回し、おいおいおいおいおいおい、や、だが断るなどいい意味で気持ち悪さが最高でした。露伴先生が実写に出てきたらまさにこんな感じなんだろうなと思いました。脇を固める飯豊まりえさんや中村倫也さん、森山未來さんもジョジョの世界に合っていたと思います。わちにんこの女の子や富豪村の男の子など子役の子達も味のある演技をされていました。アニメで露伴先生を演じた櫻井孝宏さんが出られていたのも嬉しかったです。

ジョジョのファンの主人と息子、ジョジョは全く見たことがない私の3人で、3日連続で視聴しました。私は以前から、高橋一生さんのファンで彼の作品はだいたいみていますが、「ジョジョの奇妙な冒険」という作品のイメージから、漫画(しかもすごく独特な)の実写として高橋一生さんってどうなのかな?とおもっていました。しかさ、いざ、ドラマがはじまると、プライドが高く、変わり者で、偏屈な露伴は高橋一生さんの演技の真骨頂だなとすぐに思わせられました。声を高く出されていたのが最初は違和感だったのですが、三日間の放送を終えるとピタリと露伴にあっている気がします。特に2日目の「くしゃがら」はあらすじの出来の良さはさることながら、山本未来さんとの息を呑むような迫真迫る演技合戦が、とても素晴らしく、印象にのこり、ドラマではなく一本の映画を見ているような感覚に陥りました。原作は知らないですが、それでも問題なく理解出来ますし、大作の映画を見たような満足感も得られました。原作ファンの主人や息子も、醸し出す世界観がジョジョそのものだと感心し、高橋一生さんの岸辺露伴もイメージがぴったりだと思ったようです。年の瀬にとても質の良いドラマを見られて嬉しくなりました。

露伴役の高橋一生さんが、いつもとは声のトーンを変えて演じられていて新鮮味がありました。原作のマンガは読んだことがないのですが、服装やこだわりなどから見ても、露伴は少し変わった人物という設定なのでしょうが、最初のワンシーンで世界観が見えて入り込めました。3話とも最後が余韻を残して終わる感じで、そこもよかったと思います。ちょっと気持ち悪さが残るくらいの方が、このドラマにはあっていると思います。1話のマナーをどこまで追求するのかという回は、何でも他人の目を気にして誰もその空間を楽しめなくなっているような、今の社会を風刺しているのかも?と感じました。2話に出てきた森山未来さんの演技が凄みがあって、圧倒されました。身体能力の高い方なので、体もしなやかに動いて鬼気迫るものがありました。高橋さんと森山さんの共演を初めて見たので、そこも新鮮でした。「くしゃがら」という何でもない単語ですが、忘れられない言葉です。何かに取り付かれて、そこから動けない人間の業というものを現わしているのだろうと。その拘る人と対比する形で、編集担当役の飯豊まりえさんの突き抜ける明るさが、ドラマの中でいい緩衝材だったと思います。3話では、実は彼女が一番、達観していて何もかも分かっているのかも?と思わせられました。

ジョジョが好きな人にも全く見たことがないという人にもお勧めできる作品でした。キャストは違和感がないし、高橋一生さんもぴったりだと感じました。漫画特有の「ジョジョ立ち」と呼ばれるポーズも自然に取り入れられていました。衣装も毎回お洒落で今風なのに漫画の雰囲気も感じられる者でした。特に泉京香役の飯豊まりえさんの衣装はどの回も素晴らしかったです。話の内容も一話で無理なく収められているし、ジョジョ特有の不穏な雰囲気もバッチリ出ていました。特に「D.N.A」の回は原作ではそんなに目立った回ではないのに、ドラマでの作り込みが素晴らしくて原作の方ももう一度読み返すほどでした。個人的に好きなシーンは岸辺露伴の能力「ヘブンズ・ドア」によって本にされた人の形態が全く違う点です。泉京香は雑誌、子供は絵本などそれぞれにあった本が現れ、岸辺露伴がそれを読み解いていきます。この部分は見ていて想像が掻き立てられ、もし他の話が実写化されたらどんな本になるのかなど楽しみになりました。
今回は三夜連続での放送でしたが、いつかシリーズでちゃんと見てみたいと思わせてくれる、そんな非常に満足な出来でした。今後追加制作が決まってもっとたくさんのお話が見られることを期待しています。

露伴役の高橋一生さんが、いつもとは声のトーンを変えて演じられていて新鮮味がありました。原作のマンガは読んだことがないのですが、服装やこだわりなどから見ても、露伴は少し変わった人物という設定なのでしょうが、最初のワンシーンで世界観が見えて入り込めました。3話とも最後が余韻を残して終わる感じで、そこもよかったと思います。ちょっと気持ち悪さが残るくらいの方が、このドラマにはあっていると思います。1話のマナーをどこまで追求するのかという回は、何でも他人の目を気にして誰もその空間を楽しめなくなっているような、今の社会を風刺しているのかも?と感じました。2話に出てきた森山未来さんの演技が凄みがあって、圧倒されました。身体能力の高い方なので、体もしなやかに動いて鬼気迫るものがありました。高橋さんと森山さんの共演を初めて見たので、そこも新鮮でした。「くしゃがら」という何でもない単語ですが、忘れられない言葉です。何かに取り付かれて、そこから動けない人間の業というものを現わしているのだろうと。その拘る人と対比する形で、編集担当役の飯豊まりえさんの突き抜ける明るさが、ドラマの中でいい緩衝材だったと思います。3話では、実は彼女が一番、達観していて何もかも分かっているのかも?と思わせられました。

まとめ

『岸辺露伴は動かない』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「岸辺露伴は動かない」はU-NEXTでレンタル配信中!/

※本ページは2021年6月時点の情報になります。
最新の配信状況はU-NEXTへ!

タイトルとURLをコピーしました