天国と地獄/無料動画配信や見逃しを1話から全話フル視聴する方法!感想まとめ【ドラマ】

国内ドラマ

ドラマ「天国と地獄」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「天国と地獄」は
\Paravi(パラビ)で配信中!/

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「天国と地獄」とは?

毎週日曜日夜9時から放送中の「天国と地獄」。
「刑事と殺人鬼」、2人が入れ替わってしまう・・・。
「月と太陽の伝説」のように・・・。
綾瀬はるかと高橋一生の入れ替わってからの演技も大絶賛されています!!
入れ替わった2人は元に戻れるのだろうか?
殺人鬼を逮捕出来るのだろうか?
2人の演技にも注目です!

『天国と地獄 〜サイコな2人〜』放送開始直前! スペシャルダイジェスト【過去回はパラビで配信中】

TBSでは、2021年1月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)にて、綾瀬はるかが主演を務める『天 国と地獄 〜サイコな2人〜』を放送することが決定した。本作で綾瀬が演じるのは、警視庁捜査一課の刑事・ 望月彩子(もちづき・あやこ)。これまでさまざまな役を演じてきた綾瀬が今回、初となる刑事役に挑戦、またTBS日曜劇場での主演も本作が初となる。
彩子は、努力家で正義感が強く、気が強く、それに加えて上昇志向も強い、慌てん坊な35歳。物事を「〜 すべき」「〜であるべき」と考える“べき論”タイプ。故に、その物言いや性格は上司や周囲の人たちには煙たがられている。とにかく融通が利かず一直線で、頑張りすぎて失敗も多い存在。
自分を馬鹿にする周囲に一矢報いるためには、大手柄をあげ、目にものを見せるしかない!「必ず、絶対、 100%、手柄立ててやる」そう意気込んでいたある日、独自の捜査でかき集めた証拠を手に、ある殺人事 件の容疑者となる男を、自らの手で逮捕する大チャンスが到来! しかし、そんな矢先に彩子は・・・なんと不 運にもその男と魂が入れ替わってしまう──。
そんな彩子と幸運にも魂が入れ替わるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(ひだか・はると)を演じるのは高橋一生。『凪のお暇』(2019年)以来のTBSドラマ出演、そして本作が日曜劇場初出演となる。高橋 が演じる日高は、表向きは化学畑の研究者であり、若くしてベンチャーを立ち上げた、やり手の経営者。頭の良い人間にありがちな「上から目線」などまったくない超スマートな好人物だ。しかしそんな日高の本当 の姿は、その類いまれなる頭脳と知識を駆使したサイコパスな殺人鬼──。「善と悪」そして「女と男」。ま ったく正反対の2人が入れ替わった姿を、綾瀬と高橋がどのように演じるのか、注目していただきたい。
そして、彩子の家に居候中の、のんびり屋なフリーター・渡辺陸(わたなべ・りく)を演じるのは、『天皇 の料理番』(2015年)以来の日曜劇場出演となる柄本佑。陸は家賃、光熱費、食費などは一切払わず、 家事だけを担当する、彩子の完全なヒモ状態の男。それでも普段から敵の多い彩子にとっては、唯一の心の 拠り所にもなっている。彩子の生活の一番近くにいるものの、自然体すぎて正直まったく頼りにはできない 存在の彼だが、果たして、中身が男性になってしまった彩子の変化に気づくことができるのか、それとも──。
さらに、彩子の先輩であり天敵とも言える刑事・河原三雄(かわはら・みつお)を演じるのは、『ATARU』(2012年)以来の日曜劇場出演となる北村一輝。河原は刑事としての能力は高く、結果も出すが、 そのためのやり方は何でもありという危険な匂いの漂う人物。しかしその裏では上の人間の弱みを握っているとも、便宜を図っているとも囁かれており、正義感の強い彩子はそのやり口を認めることができない。彩 子にとってはまさに目の敵だ。そんな河原は、日高と入れ替わり、外見が殺人事件の容疑者となってしまった彩子を、その独特な嗅覚で幾度となく追い詰めていく──。
知っていますか?
本当は月は太陽に、
太陽は月になるはずだったんですよ。
でも、シヤカナローの花を盗んだから──。
月は太陽に、太陽は月になった。
運命が入れ替わってしまったんですよ。
鹿児島の奄美大島に伝わる「月と太陽の伝説」かのごとく、「刑事と殺人鬼」という相反する2人の魂が入 れ替わることを皮切りに、「善と悪」「女と男」が複雑に交錯する物語はエキサイティングな展開へ──。
今日からは、あなたは殺人事件の容疑者、
私は刑事ですから──
脚本は『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『白夜行』(2006年)、『JIN-仁-』(2009 年、2011年)、『天皇の料理番』(2015年)、『義母と娘のブルース』(2018年)など、数々のヒッ トドラマを手掛けてきた森下佳子によるオリジナルストーリー。 立場や性別はもちろん、言葉づかい、立ち振る舞いはおろか、24時間365日その生活様式全てが逆転 し、一瞬の判断ミスも許されない緊張感あふれる日々が、入れ替わった2人を待ち受ける。そして、2人の 魂が入れ替わった先には、互いの価値観を根底から揺るがす、予想もしない真実と“究極の愛”が待っていた ──。
2021年1月スタート、日曜劇場『天国と地獄 〜サイコな2人〜』。究極の“入れ替わりエンターテインメント”に、どうぞご期待ください!

望月彩子(綾瀬はるか)は、努力家で正義感が強く、上昇志向も強いが慌てん坊な刑事。思い込んだら一直線で失敗も多いため、周囲の刑事たちからは煙たがられている。そんな彩子はある朝、出勤時間ギリギリに起床。朝からバタバタと急ぐあまり、電車内でうっかり自分だけマスクをしていないことに気付く。すると、偶然乗り合わせた男性(高橋一生)から自社製品のサンプルだというマスクを譲り受ける。
そんな中、とある殺人事件が発生。管理官が刑事たちに現場へ急行するよう指示するが、なんとその時、捜査第一課に居合わせたのは、過去の失敗で謹慎中の身であった彩子のみ。彩子は、刑事として挽回する願ってもないチャンスの到来に、「絶対に手柄を立ててやる!」と息を巻いて現場へ急ぐ。向かった先には、遺体の口内にパチンコ玉が詰められた、猟奇的殺人現場が広がっていた。しかしその猟奇的惨状の反面、掃除されたばかりのような清涼感を感じる現場に違和感を覚える彩子──。
そんな彩子の違和感を解消したのは、彩子の能天気な同居人・渡辺陸(柄本佑)。清掃現場でアルバイトをしている陸によると、匂いのない業務用の特殊洗浄剤がこの世に存在することが分かる。その洗浄剤の製造元は創薬ベンチャー企業のコ・アース社。あろうことか、そのコ・アース社、社長の日高陽斗は、なんと数日前彩子に電車内でマスクをくれたあの男だった──。
自分だけが知る重要参考人に、何か運命めいた物を感じた彩子は早速日高のもとへと会いに行く。しかし、その時はまだ、表向きは若くしてベンチャーを立ち上げた敏腕経営者・日高が、裏の顔は類まれな頭脳と知識を駆使したサイコパスな殺人鬼であることは知る由もなかった──。

捜査一課の刑事・彩子(綾瀬はるか)と殺人事件の容疑者・日高(高橋一生)は、階段から転げ落ちた拍子に魂が入れ替わってしまった…。
彩子<日高>は日高<彩子>に「出頭して一生を塀の中で過ごすか、それとも自分と協力して容疑を晴らすか」と二者択一を迫る。仕方なく後者を選択した日高<彩子>は、彩子<日高>の指示通り、家宅捜索が入る前に日高のマンションからダンボール箱をこっそり持ち出す。中に入っていたのは連続殺人の証拠となり得る品々だった。身体が入れ替わってさえいなければ大手柄なのだが…。
なんとか家宅捜索を乗り切った日高<彩子>は、そのまま河原(北村一輝)の事情聴取を受ける。そして、その様子を別室で見つめる彩子<日高>と八巻(溝端淳平)。八巻は彩子の雰囲気がいつもと違うことを変に思って尋ねるが、「路線変更です」と煙に巻かれてしまう。
警察は日高が犯人である確たる証拠を見つけられないまま、秘書・樹里(中村ゆり)の素早い根回しで日高<彩子>を釈放。マンションに戻った日高<彩子>は、居候の陸(柄本佑)のことを考えた。一緒に暮らしている陸なら、きっと本物の彩子ではないことに気づいてくれるはずだ。
ところがその頃、陸は彩子<日高>と仲良く食卓を囲んでいて…。

彩子(綾瀬はるか)と日高(高橋一生)の魂が入れ替わったことに八巻(溝端淳平)が気づいた。味方ができた日高<彩子>は、藁にもすがる思いで今後どうするかを八巻に相談する。
まず急がなければいけないのは、日高が捨てた革の手袋を河原(北村一輝)ら警察よりも先に手に入れることだ。もしも手袋から日高の指紋と被害者のDNAが検出されれば、自分が捕まってしまう。
そこで、警察が手袋を見つけた段階で、八巻がこっそり別の手袋とすり替える作戦を立てる。入れ替わってもなお日高を捕まえることを諦めない彩子。しかし、彩子<日高>はそんな日高<彩子>の考えなど見抜いていたようで…。
警察では、河原が拾得物の中から革手袋を集めていた。そして、集まった大量の手袋を鑑識部屋に持ち込むと、そこにはなぜか彩子<日高>の姿が。鑑識の新田(林泰文)を手伝いに来たというが、はたして真の狙いは…。
そんな中、「太陽と月の入れ替わり伝説」に出てくるシヤカナローという花を見つければ、自分も元に戻れるかもしれないと考えた日高<彩子>は、その伝説が言い伝えられている奄美大島へと渡る。そして、その奄美で日高に纏わる意外な足跡をつかむ。

日高(高橋一生)がまた猟奇殺人を犯した。人の命が無残に奪われ、その行為に自分の体を使われたことに彩子(綾瀬はるか)は言葉を失う。
翌朝、日高<彩子>は河原(北村一輝)の事情聴取を受けるが、その様子を冷静に見つめる彩子<日高>。聴取後、彩子<日高>と日高<彩子>がやり取りする様子を目撃した河原は、その光景に違和感を覚え、疑惑の目を向ける。
後日、彩子<日高>が捜査本部専用の情報のデータベース化を買って出てきた。一体その目的は?
一方、陸(柄本佑)もまた、彩子の家で発見した“血の付いた防護服”のことで頭を悩ませていた。
証拠不十分で解放された日高<彩子>だったが、コ・アース社では、会社の信頼が失墜しかかっていることを案じた秘書の樹里(中村ゆり)に詰め寄られ、おまけに、頼みの綱だった八巻(溝端淳平)は殺人鬼の彩子<日高>を恐れ、これ以上協力できないと言い出す。
今のままでは自分が殺人犯になってしまうことに絶望的な気分になる彩子。
そんな中、2人に疑いを向けた河原が、事件の目撃者情報をつかんだ様子で…。

彩子(綾瀬はるか)は周囲から話を聞くうちに、日高(高橋一生)という人間がわからなくなっていた。彼の評判はサイコ・キラーとは程遠いものばかりなのだ。もしかして彼は誰かを守るために殺人を犯しているのか? それとも、そもそも犯人ではないのか──。
そんな日高<彩子>を訪ねて、陸(柄本佑)が突然やって来た。陸は同居人である彩子<日高>の最近の行動を不審に思い、偶然見てしまった彼女が利用しているコインロッカーが気になり、中を勝手に調べたところ、日高宛の手紙を見つけたため会いに来たという。
同じ頃、コ・アース社は大騒ぎになっていた。日高社長が連続殺人の容疑者であることや事件に関する詳細など、警察が公表していない情報がSNS上に拡散され、ネガティブキャンペーンが巻き起こっていたのだ。捜査情報を漏洩したのは一体誰なのか?
一方、強引かつ不当な捜査が上司にバレて第一線からはずされていた河原(北村一輝)は、相変わらず彩子と日高のつながりを疑っていた。そのつながりを調べる過程で、ある漫画のキャラクターに行きつき…。

彩子<日高>(綾瀬はるか)が持ち続けているラブレターのような手紙。
その手紙の差出人が今回の事件の手がかりになると読んだ日高<彩子>(高橋一生)は、秘書の樹里(中村ゆり)や妹の優菜(岸井ゆきの)に日高の過去に何か心当たりがないか探りを入れる。
その頃河原(北村一輝)は、連続殺人事件の発端となった3年前の事件で証言をした目撃者を問い詰めた結果、一人の怪しい人物に行きつく。
一方、八巻(溝端淳平)は賭博罪で逮捕した九十九(中尾明慶)から司法取引を持ち掛けられていた。九十九によると、日高が人を殺す日には共通点があるという。
次のターゲットは誰なのか?手掛かりになりそうなことを思いついた日高<彩子>は、陸(柄本佑)に協力を依頼するが…。

彩子<日高>(綾瀬はるか)は身元不明の遺体の中から「東朔也」という人物を探していた。日高<彩子>(高橋一生)と河原(北村一輝)もその名前にたどり着くが、事件とのつながりは見えてこない。一体何者なのか──。
陸(柄本佑)からの情報を手掛かりに、殺人の共犯かもしれない「クウシュウゴウ」が現れるのを待って、歩道橋で張り込む日高<彩子>。しかし、やって来たのは彩子<日高>で・・・。
ある日、日高<彩子>のもとに、息子が記憶喪失になったと聞いて心配した父・満(木場勝己)から連絡が入る。妹の優菜(岸井ゆきの)と実家へ行った日高<彩子>は、満から日高に関する意外な過去を聞かされるのだった。
そしてその頃、誰にも発見されていない新たな犠牲者が──。

新たな猟奇殺人が発生─。現場検証が行われる中、彩子<日高>(綾瀬はるか)は東朔也が担ぎ込まれた病院へと再び向かう。
事件に日高の生き別れの兄が関わっているのではと考える日高<彩子>(高橋一生)。同じく、現場への返り咲きを狙う河原(北村一輝)も、日高と東朔也の関係、また彩子に対し推理の的を絞り始めていた。
一方、陸(柄本佑)は、病気で倒れた師匠・湯浅(迫田孝也)を放っておくことができないでいた。そんな陸に、湯浅はある頼みごとを持ち掛ける…。
その後、八巻(溝端淳平)とコ・アース社に訪れた彩子<日高>は、日高<彩子>から思わぬことを告げられる。

歩道橋から転がり落ちた彩子<日高>(綾瀬はるか)と日高<彩子>(高橋一生)。警察は、連続殺人事件への関与が濃厚な日高陽斗と東朔也に緊急配備をかける。その東朔也=師匠は日高の双子の兄で、陸(柄本佑)ととある場所に向かっていた。一方、河原(北村一輝)は捜査一課とは別に単独行動に出て…。

日高(高橋一生)が逮捕された。「絶対に助ける」と日高に告げた彩子(綾瀬はるか)だったが、何もできないまま河原(北村一輝)によって彼の取調べが始まる。東(迫田孝也)と行動を共にしていた陸(柄本佑)も事情を聞かれるが、彩子のことを心配しながらも複雑な心境でいた。
連続殺人事件の主犯は誰なのか、真相にたどりつけない警察。彩子は真実を明らかにするため、行動に出るが…。

望月彩子:綾瀬はるか
日高陽斗:高橋一生
渡辺陸:柄本 佑
八巻英雄:溝端淳平
五木樹里:中村ゆり
湯浅和男:迫田孝也
新田将吾:林 泰文
五十嵐公平:野間口 徹
十久河広明:吉見一豊
富樫義貴:馬場 徹
幅健太郎:谷 恭輔
日高優菜:岸井ゆきの
日高満:木場勝己
河原三雄:北村一輝

「天国と地獄」配信状況

「天国と地獄」の配信状況を調べてみました!

配信状況
Paravi
Hulu×
FOD PREMIUM×
U-NEXT×
ABEMA×
Amazonプライムビデオ×
TSUTAYA TV/DISCAS×

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

Paravi(パラビ)とは?

Paravi(パラビ)は月額1,017円(税込)で、主にTBS・テレビ東京・WOWOWのドラマやバラエティなどが視聴できる動画配信サービスです!

★90年2000年代の懐かしいドラマから最新ドラマ、バラエティ作品などが盛りだくさん!
★Paraviオリジナルストーリーあり!
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

↓ Paraviで配信中の作品! ↓

【ドラマ】
・オー!マイボス!恋は別冊で
・天国と地獄~サイコな2人~
・俺の家の話
・半沢直樹
・恋はつづくよどこまでも
・逃げるは恥だが役に立つ
・中学聖日記
・孤独のグルメ
・ブラッディマンデイ
・ドラゴン桜
【バラエティ】
・水曜日のダウンタウン
・クイズ!THE違和感
・モニタリング
・モヤモヤさまぁ~ず2
・マツコの知らない世界

【アニメ】
・鬼滅の刃
・銀魂

感想

このドラマの主演の二人に、望月彩子役を綾瀬はるかさん、日高陽斗役を高橋一生さんが演じています。この二人が出演しているというだけでも見る価値があるのですが、殺人犯と、刑事の二人が入れ替わってしまうというストーリーにドキドキハラハラです。そして彩子は、警察官で日高は、表向きは有能な社長ですが、凶悪な殺人犯なのです。殺人犯の身体に入れ替わってしまった彩子が、その男の身体を受け入れるのも、困難な話です。又、彩子の身体にれ替わった日高が、殺人犯の恐ろしい顔を表し、彩子の姿で、殺人を犯すシーンは、凄く恐ろしかったです。日高になりきっている綾瀬はるかさんの演技が素晴らしかったですね。又、日高の姿になった女性っぽい演技をしている高橋一生さんの演技も素晴らしく、彩子になりきっての演技が素晴らしかったです。日高と彩子が入れ替わったのには、何か理由がありそうで、ヒントが奄美大島にありそうなのですが、それに関しても今後判明していきそうですが、早く入れ替わって、日高を逮捕してほしいですね。社長としては、皆んなに信頼されている日高ですが、過去に何があったのか?何の為にいつから殺人をするようになってしまったのか、日高の闇も知りたいところです。

果たして、日高陽斗はいったい何を思って数々の犯行に手を染めたのかが回を重ねるごとに分からなくなっていくのが従来のドラマとは一味違っていて大変好ましいと感じました。日高が務める会社の社員からの絶大な人気や支持を得ていることからしても彼が極めて有能な人物であることが窺え、そうなると今までの猟奇的な犯行には何か裏があるのではないかと視聴者に疑問を抱かせる巧みな脚本の手腕に感心しました。近づいたようで全くもってその実態が掴めない、なんとももどかしい思いをしながら自分なりに真相を突き止めようと考察をする時間が個人的にはたまらなく好きです。そして、なんと言ってもこのドラマがここまで面白いのはひとえに主演の綾瀬はるかさんと高橋一生さんの圧巻の演技力にあると確信しました。入れ替わる前と後でそれこそ真逆のような人格であるにもかかわらず、完全に切り替えて演じ分けているのが見事でした。常に落ち着き払って冷酷極まりない日高の語り口調を引き継いだ見た目望月さんの恐ろしさは尋常ではなくて鳥肌が立ちました。一方で、男性の体に戸惑いその都度狼狽する見た目日高は最高に滑稽で、この両者の対比こそがこのドラマを楽しむ上で必要不可欠になっている要素だと思いました。また、普段は滅多に観られない高橋一生さんを拝めて幸せでした。

主演の綾瀬はるかさんと高橋一生さんの演技力、そして謎が謎を呼ぶ、目の離せないストーリー展開で、このクールでは一番のドラマだと思います。まず、魂が入れ替わって日高役を演じている綾瀬はるかさんですが、殺人鬼としての狂気をまとった演技は見ているほうにも恐怖心を与え、素晴らしいです。また、彩子を演じる高橋一生さんも女性らしい仕草や表情は違和感ない自然体の演技で、さすがだと思います。男性の身体になって下半身を見ようとしなかったり、彩子が間違って女性トイレに入ってしまうシーンなどは、シリアスなストーリー展開のなかでコミカルなシーンで良かったです。ストーリー展開は、日高は証拠品の手袋や目撃者などが現れ、劣勢な状況になりますが、機転の効いた対応で切り抜けていくところは見応えがあります。彩子のほうは、同僚の八巻が魂が入れ替わったことに気づいてくれたのは何よりも心強かったと思います。味方としては少し頼りないですが、何とか八巻の活躍にも期待したいです。あとは彩子と同居している陸も、彩子の異変に気付いているので、何とか彩子を助ける存在になってほしいです。そして、奄美大島の「太陽と月の入れ替わり伝説」の謎解きも気になります。

綾瀬はるかが演じる彩子が高橋一生が演じる日高と入れ替わったことで彩子と河原との関係というのが様変わりしていくのが印象的に感じています。これまでの彩子というのは手柄をあげようと必死で凶悪事件が起こってほしいなど不謹慎な発想を平気でしていました。それにより前のめりになってしまい先輩刑事の河原から煙たがられたり嫌がらせをされたりといいようにあしらわれていました。それが日高と入れ替わったことで彩子に翻弄されていく河原というのが見ていて何故かスカッとする場面なんです。河原が今までとは一味違う彩子に手こずっているのを見てやはり日高というのは一枚上の存在なんだなと納得しながらドラマを見ています。個人的には綾瀬はるかの演技力というのはこれほどまでに凄いのかと思わされています。何かに取り憑かれているかのような迫力あるフンイキというのを見てこんな演技まで綾瀬はるかは出来るんだなと感嘆しました。ストーリー的にも犯人が誰か予想も出来ない展開になっているし一瞬たりとも目が離せない仕上がりになっているなという評価をしています。どんな結末になっていくのか推理を楽しみながらも見れるし素晴らしい作品だなと感じています。

最初このドラマの宣伝を見て、入れ替わりの内容になっているのでファンタジー要素が多い内容のドラマになるのだと感じていました。刑事ドラマは好きなので数々のドラマを見てきたのですが最初の宣伝では見るか少し迷っていました。最初の1話目を見て今までの刑事者とは違う観点で犯人を特定していくところが面白く見入ってしまいました。ドラマの回数を重ねるたびに真実が気になってしまい、妻と一緒にドラマ終わりに考察をして楽しんでいます。謎が多くて、色々な観点から考察ができるので考えながら見れるドラマになっています。今までのドラマにはない展開だからこそ、最終回がどのようになるのかとても気になってしまいます。どのように犯人を追い詰めていくのか、どのように犯人を逮捕まで持っていくのか気になります。俳優、女優さんの演技も上手く、入れ替わっているからこそ分かる苦悩であったり生活のずれなど、ものの見事に演技をしています。見ていても混乱することなくスムーズに内容が入るようになっています。出て来るキャストも数が多くなく、個性だったキャラクターになっているので誰がどの役なのか一目で覚えられるのも見ていてストレスなく内容を考えることができます。

このドラマの凄さは何といっても、綾瀬はるかさんと高橋一生さんの演技力が凄いという事だと思います。
人格が入れ替わるというドラマや映画はありますが、男女が入れ替わるというのは少ないと思いますが、見事に入れ替わった演技が流石です。
他の共演者も豪華で、人間関係が上手く表現されている所が楽しいです。
それも、高橋一生さんの頭がよく、警察の捜査を見事にかいくぐっていくのが見ていて爽快ですが、サイコパスな所もあり本年がわかりません。
そして、綾瀬はるかさんの全力で体当たりな感じも良い感じで、先の展開が読めないミステリー要素があるのが素敵だと思います。
謎の数字が出てきたり、一見無関係に思われる殺人も全ては何かに繋がっているがなんなのかまったく読めない所が面白い所だと思います。
しかし、話し方を変えただけではなく、仕草も帰る事のできる演技力は何度見ても本当に人格が入れ替わっているのかと思わせてくれます。
まだまだ、真相が読めない展開ですが高橋一生さんが本当に殺人をしているのか、実は別の人間をかばっているだけなのかもしれないので謎が深いです。
ミステリー要素と、本物の演技力を見る事ができるドラマとして見ごたえ十分だと思いました。

まとめ

「天国と地獄」は、Paraviで配信中です!
初めて登録する方は、2週間無料
無料期間のみ楽しみたい方も期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「天国と地獄」は
\Paraviで配信中!/

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況はParaviへ!

タイトルとURLをコピーしました