チェリまほ(ドラマ)無料動画配信や見逃しを全話フル視聴する方法/ドラマアカデミー賞助演男優賞・町田啓太

国内ドラマ

こちらでは、2020年10月8日より毎週木曜に放送されていたドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法やあやすじキャストをまとめています!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

木ドラ25『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』|テレビ東京

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」は
TSUTAYA TV/DISCASでのみ配信中!

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

「チェリまほ」とは?

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(通称:チェリまほ)は、豊田悠による人気BL漫画が原作となりドラマ化。
主人公が童貞のまま30歳を迎えたことで触れた人の心が読める魔法を手に入れてしまう。ある日、イケメン同期の心を読んでしまい…。
といったラブストーリーになっています!

30歳まで童貞だったことで、「触った人の心が読める」という魔法が使えるようになった主人公の安達清(あだち きよし)。

その魔法のせいで、会社の同期のイケメン・黒沢優一(くろさわ ゆういち)に触れたとき、自分を好きだということを知ってしまう。

全くその気がなかった安達だったが、同期の黒沢に関わっていくにつれ・・・気になり始める。

仕事ができて性格もいいイケメンな黒沢×30歳拗らせ童貞の安達への好意丸見えの純愛BL!!

そんな2人の関係を、「心の声」を通して時に繊細に、時にコミカルに描いていく。ドラマの後半では、原作にないオリジナルストーリーも待っており・・・果たして、胸キュン展開になるか!?

どうなる『チェリまほ』!?

童貞のまま30歳を迎えた安達清(赤楚衛二)は“触れた人の心が読める魔法”を手に入れてしまった。
魔法を持て余していた安達は、ひょんなことから社内随一のイケメンで営業部エースの同期・黒沢優一(町田啓太)の心を読んでしまう。
すると聞こえてきたのは自分への恋心だった…!
困惑する安達は、全部自分の妄想で幻聴なのではないかと疑い始めるが、 残業する安達のもとに黒沢が現れて…。
エリートイケメンのクールな顔の下に隠された、恋心と妄想が全開に!?

童貞のまま30歳を迎えた安達清(赤楚衛二)は“触れた人の心が読める魔法”を手に入れてしまった。
残業で終電を逃した安達は黒沢(町田啓太)の勢いに押し切られ黒沢の家に泊まることに。
次々と伝わってくる黒沢の妄想は恋愛経験ゼロの安達には刺激的なもので…。
一方、黒沢は好意がばれているとはつゆ知らず、各々に緊張の一晩を過ごす…。
黒沢との関係に悩んだ安達は、親友で恋愛小説家の柘植将人(浅香航大)に相談することに。ところが、悩み相談のはずが親友の意外な事実を知ってしまう…!

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第2話|テレビ東京

黒沢(町田啓太)の心の声を聞き、自分への好意が本気だと気付いた安達(赤楚衛二)。
そんな中六角(草川拓弥)の誘いで会社の皆で飲みに行くことになり、安達と黒沢の距離が急接近!?
その頃、柘植(浅香航大)の家に宅配便が届く。扉を開けると、宅配業者の湊(ゆうたろう)が不愛想に立っていて…。

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第3話|テレビ東京

黒沢(町田啓太)とキス寸前になった日から二週間が経ち、二人きりにならないよう必死に過ごす安達(赤楚衛二)。
関係が先に進むのが怖く、現実逃避をしていた。
そんな中、安達と藤崎(佐藤玲)が買い出し中に柄の悪い人に絡まれてしまう。
藤崎を守ろうとする安達が殴られそうになったその時、黒沢がやってきて…。
安達は黒沢の意外な本心を知るのだった…!

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第4話|テレビ東京

魔法の力でいろんな人の本心を知ってから、自分が変わるチャンスかもしれない、と思い始めた安達(赤楚衛二)。
そんな時、黒沢(町田啓太)は取引先の人と何やら険悪なムードになっていて…。
安達は黒沢を助けたい一心で、初めて誰かのために魔法を使う!
黒沢の役に立てて喜びに浸る安達だったが、帰り道に黒沢が元カノらしき女性といるのを発見し、なぜか動揺してしまう…。
そして、安達は自分の中に生まれたある感情に気づくのだった。

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第6話|テレビ東京

体調が優れない安達(赤楚衛二)を気遣い、黒沢(町田啓太)は泊まり込みで看病する。
さらに、成り行きで黒沢が安達の家に居候することに!舞い上がる黒沢だったが、なぜか六角(草川拓弥)と3人でたこ焼きパーティーをする展開になってしまう。
そしてその夜、黒沢は安達への思いに歯止めが利かなくなっていることに気づいて…。
その頃、柘植(浅香航大)は湊(ゆうたろう)に会いたいがために宅配を頼むも、急に湊が来なくなり、悶え苦しんでいた…。

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第5話|テレビ東京

安達(赤楚衛二)への思いに歯止めが利かなくなった黒沢(町田啓太)は、ついに告白!「気持ちを伝えたかっただけ」と去っていく黒沢に、気持ちの整理がつかない安達は、何も答えることも引き止めることも出来なかった…。黒沢は、告白前の関係に戻ろうと「好き」の気持ちを終わらせようとするも、恋に落ちた瞬間を思い出していた…。初めて明かされる、黒沢が安達に惹かれていった理由とは?一方で安達も、いままでの黒沢との出来事が頭から離れずに、ある決心をする…!

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第7話|テレビ東京

ついに交際がスタートした安達&黒沢。会社内では普通に振る舞う安達(赤楚衛二)だが黒沢(町田啓太)と話す度にドギマギが抑えられずにいた。
そんな時、黒沢からデートに誘われる!しかし、当日突然柘植(浅香航大)がやってきて…。記念すべき初デートのはずが、湊(ゆうたろう)のことで悩む柘植を放っておけない2人は、みんなで湊のダンス練習を見に行くことに。そこには、なんと六角(草川拓弥)もいて!?
湊の本音、深まる柘植と湊の絆、そして黒沢と過ごす中で、安達は心温まる初めての感覚を知る。

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第8話|テレビ東京

黒沢(町田啓太)と付き合い始めて9日。一緒にご飯を食べたり、リベンジデートの約束もした2人は幸せな日々を送っていた。
その頃、湊(ゆうたろう)と圭太(岩本晟夢)のキスを目撃して以来困惑する柘植(浅香航大)は、湊を避けてしまっていた。
そんな時、安達(赤楚衛二)から呼び出しを受け、待ち合わせ場所に行くと、六角(草川拓弥)からいきなり胸倉を掴まれて…!?
柘植はある決心をして湊の元へ向かう!

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第9話|テレビ東京

黒沢(町田啓太)の後押しを受け企画コンペへの参加を決心した安達(赤楚衛二)。ところが良い案が浮ばずコンペに集中するため、黒沢とのデートもお預け状態になっていた。
会社の皆からも応援される中、コンペの締め切りが近づくにつれ不安が募る安達。そんな安達をみた黒沢は、安達を元気づけるため「デートの練習」として遊園地に連れ出すことに。
そんな「デートの練習」を経て、安達にはある思いが生まれて…。恋人としての絆を深める二人だったが、安達はふとある不安に襲われる…。

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第10話|テレビ東京

順調に黒沢(町田啓太)と恋人としての絆を深めるものの、魔法のことを秘密にしたままでいいのか悩む安達(赤楚衛二)。
柘植(浅香航大)からの助言もあり、魔法は使わず心を読まないようにしようと、密かに決意する安達だったが、ある出来事をキッカケに安達の気持ちは大きく乱れ始める…。

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第11話|テレビ東京

魔法の力を黒沢(町田啓太)に告げた、あの一夜を境に距離が離れてしまった安達(赤楚衛二)と黒沢。
そんな中、どこか浮かない安達の元に突然、柘植(浅香航大)が押しかけてくる。親友からの言葉にある大切なことを気づかされた安達は――。黒沢と安達が選ぶ未来とは…!?

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」第12話|テレビ東京

安達清:赤楚衛二
童貞のまま30歳を迎えたことにより“触れた人の心が読める魔法”を手に入れた冴えない30歳のサラリーマン。

黒沢優一:町田啓太
安達へ密かに思いを寄せているイケメン有能社員。

柘植将人:浅香航大
安達の大学時代からの友人。
猫(うどん)を飼い始める恋愛小説家。湊が気になって仕方がない。

綿谷湊:ゆうたろう
柘植のエリア担当宅配員。

六角祐太:超特急の草川拓弥
安達と黒沢と同じ会社の新卒社員。
大学時代は、ダンスサークルに入っていた。お調子者。

藤崎 希:佐藤玲
安達と黒沢と同じ会社の同僚。事務。
生粋の腐女子。

浦部 健吾:鈴之助
安達と黒沢と同じ会社の先輩。
安達に仕事を押し付ける。

安達と黒沢、初めてのバレンタイン!
黒沢は、安達と仲良くなる前のかつてのバレンタインを思い出していた…。そして「今年はちゃんと渡すぞ」と意気込むのだが、なんと安達へ差出人不明の本命チョコを発見!?一体誰が安達に本命チョコを渡したのか…。
黒沢のモノローグ全開で送る、二人のバレンタインの1日!


名探偵・六角の推理劇場が開幕!
「最近、安達さんと黒沢さんが怪しい…」。二人を尊敬する六角は、最近の二人の関係を何やら怪しんでいた。自分と安達が話していると必ず割って入ってくる黒沢、安達の好きなものを全て把握している黒沢…、「この二人の親密さは一体!?」と気になった六角は“スペシャル大作戦”を行うことに。
そして誰も予想だにしなかった結末にたどり着く…!

新作が賞を受賞した柘植。そして、大手のダンスオーディションで最終審査まで残った湊。一見、順風満帆に見えていた二人だったが湊はある思いをくすぶらせていた。しかし、柘植はそのことに気づかず…。二人の思いがすれ違っていく―

「チェリまほ」配信状況

「チェリまほ」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
TSUTAYA TV/DISCAS30日間
Hulu×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
FOD PREMIUM×2週間

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

TSUTAYA TV/DISCASとは?

TSUTAYA TV/DISCASは、月額2,659円(税込)で、動画配信&宅配レンタルが楽しめるサービスです!

★TSUTAYA TV(動画配信)&TSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)の両方を利用することができます!
★TSUTAYA TVでは、1万本以上の作品が配信!さらに独占配信の作品あり!
★地上波放送されない作品、ジブリ作品やCDは、TSUTAYA DISCASで!
※無料期間中は旧作のみ
初回登録30日間無料&1,100円分のポイントプレゼント!
※ポイントはレンタル作品に利用可

↓ TSUTAYA TV/DISCASで配信中の作品! ↓


【TSUTAYA TV】
・鬼滅の刃
・キングスマン
・死にたい夜にかぎって
・30歳まで童貞だと魔法使いに
なれるらしい
・トッケビ
・きみはペット
【TSUTAYA DISCAS】
・ジブリ作品全般
・アメトーーク
・プロポーズ大作戦
・やまとなでしこ
・未成年
・聖者の行進
・人間失格


見どころ

人と向き合う大切さを感じる】

このドラマに出演される赤楚さんは、今回の作品を通して「人と向き合う大切さ」を感じたのだそうです。
その感じたことも含めて、安達という役柄を全力で演じているようです。

【「本音」で向き合う大切さ

町田啓太さんは、この作品を通して安達のように「心の声が聞こえる魔法」にかからなくても、大切に想う人が何を考えているのだろうか。と心の声に耳を澄ましてみると、本当に分かることもあるのではないかと感じたようです。
そのことから皆さんにも本音が分かってしまう面白味と、心と心が繋がろうとする温度を感じて欲しいと話されていました!

原作以上に膨らんでいる?

実写ドラマでは原作以上に、柘植と湊のラブストーリーが膨らんでいるのも注目のようです!!
是非原作以上のラブストーリーもお楽しみください!

【はじめての金髪】

この作品に出演するにあたって、ゆうたろうさんは、役に合わせてはじめて金髪にしたのだそうです。
初の金髪姿、さらにピュアで純愛な男性の恋物語にも目が離せませんよ!

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」の原作は?

出演者も夢中になったという原作について紹介します。

原作は、豊田悠さんによる漫画『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』。

Amazon

この漫画は、Twitterで話題になったことがきっかけで、pixivコミックにて連載スタートしました。

「チェリまほ」という略称で沢山の方の中で話題となり、多くのファンを集めています。

そして、この漫画は、「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2019」にて第1位を獲得する大人気漫画となっています。

感想

30歳まで童貞だと触れた相手の気持ちが読める魔法使いになる。
この設定はネタでよく見かけていました。
でも、題材にした漫画が連載され、映像化までいくとは思いませんでした。
原作も読んでいたので、どうやってこの設定を演出するのか気になっていましたが、見始めるとグイグイ引き込まれました。
主演二人の魅力はもちろんのこと、脚本から演出、全てが丁寧だからだろうと感じました。
最近はBLをテーマにした映像作品が多くありますが、この作品は丁寧さが本当に際立っていました、
胸キュンポイントがしっかりと描かれていることが良かったです。
主人公の安達は可愛らしく、そして安達を好きな黒沢はどこまでもかっこいい。
何でもできる黒沢の心の中が欲望まみれなのに、可愛く思えるのは安達が大好きな事が伝わってくるからです。
主人公以外のキャラクターも良くて、友人を始め会社の同僚や先輩も良い人なので見ていてほっこりとします。
オープニングもエンディングもどちらも映像が素敵で良いです。
本当にどこまでも丁寧な作品に仕上がっているので本当にお勧めです。
タイトルも言いにくく、またBLなので、抵抗を感じる方もいるかと思います。
ですが、恋愛話としては可愛くてキュンキュンしてしまうシーンがたくさんあります。
ぜひ、一度見てほしい作品です。

とても面白かったです。人の心が読める魔法を突然得た、30歳まで童貞だった凡庸な青年である主人公・安達の戸惑いと驚きに満ちた様々な体験、就中、彼に思いを寄せる同期入社の有能社員・黒沢との関係を軸にして、陰影と起伏に満ちたストーリーがポップかつナイーブなトーンで展開されましたが、単に彼が黒沢の思いを受け入れパートナーとなるまでの恋模様が綴られるだけでなく、同時に、彼が勤務する社内の人間関係の色々や、親友・柘植を始めとする彼を愛し温かく見守り続ける周囲の人々の姿もその深い思いと共に丁寧に描かれており、アラサー男子を主人公に据えた一般的なボーイズラブコメディーに留まらない、人と人との性別を超えた愛憎をコミカルかつハートウォーミングなテイストで表現する、大変上質なヒューマンストーリーに仕上がっていて、非常に見応えがありました。そうしたドラマ空間の中で、出演者全員が毎回、一見ライトな感覚ながらも味のある好演を見せてくれたと思いますが、中でも安達に扮した主演の赤楚衛二の、自己の存在に対する軽度の屈折感をセンシティブに表現する巧みで確かな演技力と、ピュアなムードを濃厚に醸しだす独特の存在感が大変魅力的で、強く印象に残りました。

そんな都市伝説あるよね…が、実際に起きたお付き合い経験ゼロのさえない主人公・安達。触れた人の心が読める魔法が身につき、イケメンで仕事もできる同期の黒沢が、まさか自分のことを好きであると知ってしまう所から展開していきます。事前情報なく見始めたので「え?これってBLだったの?」と気付き、正直言うとここで見るのを控えようかなとも思ったのですが…。安達のひたむきで真っすぐな人柄と、ほぼ完璧なのに嫌味が全くない黒沢の存在に、気付けば自然とその世界観に馴染んでいました。黒沢は意外とみんなと同じような妄想を描いているとか知れるのも親近感が持てます。男同士だからとかではなく、人間愛の物語と捉えると不思議と二人の恋を応援していました。なので寂しい展開があると胸が痛む瞬間もありました。安達と黒沢の人柄の良さは見ていて安心できますし、黒沢が何故安達を好きになったのかが明らかになると、非常に納得もいきます。個人的には、周りを囲む登場人物も人柄があったかくて、自然と二人の恋のアシストをしているという点も心が安らぎ、こちらまで幸せになれます。ギスギスした世の中に疲れてしまっている皆さんに癒しを与えてくれるような「純愛」に見ているこちらも純粋な気持ちになれるあったかいストーリーです。

30才まで童貞だったら…とインパクトの強いタイトルでしたが、物語は人と人とのかかわりを丁寧につづったものでした。“心の声が聞こえる”という魔法が使えるようになった安達清は、これまで誰かと付き合った経験のないまま30歳を迎えました。なぜ誰とも付き合えなかったのか、それは傷つくのも傷つけるのも嫌だという優しい心の持ち主だからだとだんだんと分かってきます。一見覇気がなく暗い人に見えますが、実は押し付けられた面倒な仕事もきちんとこなす真面目で手を抜かない人でした。そんな彼があろうことか、同期のエース的存在・黒沢優一から恋心を抱かれていると知って動揺しまくる様には笑いを誘われました。女性ならともかく超イケメンながら男性ですから、完全にキャパオーバーになるのもよく分かります。しかし触れた時に聞こえる黒沢の安達を思う声はあまりに純粋で、一人の人間への真っすぐな愛に性別など関係ないと感動しかありませんでした。こんなきれいで性格もいい人から愛されるなんてと安達が羨ましくてなりません。「ずっと一緒にいてください」という黒沢のプロポーズは、これから何があってもきっと変わらず愛し続けるという彼の覚悟と安達への信頼を感じました。ラストシーンの幸せそうな安達と黒沢の姿に拍手を送りたくなった素敵なドラマでした。

30歳まで童貞だった為、人の心が読める魔法が使えるようになってしまった主人公安達は、ある日満員のエレベーターで同僚のイケメンの黒沢の心の声を聞いてしまい、まさかの自分に好意を寄せていることを知ってしまう…という話です。安達はモサくて冴えないので、仕事もでき信頼もあつくモテる黒沢が何故自分のことを好きなのか分からず、しかもノンケであるので距離を取ろうとします。しかし黒沢は安達が自己評価が低いことを心配したり輩に絡まれたら助けてくれたり仕事をフォローしてくれたり、安達が丁寧に仕事をしている事を知ってくれていたり、いつでも安達のことを見ていてくれます。基本的には見守ってくれていましたが安達の周りを取り巻く環境に嫉妬したり安達への思いが募り、7年片思いをして大事にしてきた思いを安達にぶつけます。町田啓太さんの告白する時の演技がまた切なくて泣きそうになりました。
安達も初めは戸惑っていましたが黒沢の心の声を聞いているうちに好意を寄せ付き合うようになりますが、次は心の声のことを隠したまま付き合っていていいのか不安になります。ここからは少し切ない展開が続きますが甘いのと切なさの塩梅が見事すぎて毎週放送を待つのが長かったです。全員に勧めたいドラマです

最後、よかったねと思わず拍手してしまうドラマでした。なんと言っても主人公安達くんの冴えなさと安達くんに恋する黒沢くんの格好よさ。原作ではBLなので短絡的なシーンが多かったですが、脚本や演出が細かで漫画とは違うお話となっていてそれが見ていてしっくりくる内容でした。主人公以外のキャラクターがそれぞれ個性を成立していたことが人気を博したのだと思います。原作では腐女子だった藤崎さんが恋をしないで「なぜ結婚や恋愛しないといけないと言われるのか」と心の中で葛藤するところは、多くの働く女性にとって同感したでしょう。葛藤する彼女に偽の彼氏が必要だったら自分がなる、といった安達くんに感謝するモノローグ、今までのドラマでは見たことがないシーンでした。自信のない安達くんを正当に評価し幸せになってほしいと祈り、密かに黒沢くんとの恋を応援すころは彼女が腐女子というカテゴリーにはいないことを物語っていました。全12話で主人公の安達くんが自分に自信をつけ、黒沢くんという恋人を得て成長する過程はを見事で、彼の存在で周りがどんどん変わっていくところは見ていて楽しいものでした。この作品はキャストと監督と脚本が素晴らしく、人間模様が鮮やかに描かれ、恋の良さ、人との触れ合いの大切さを教えてくれたドラマに感謝です。

まとめ

初めて登録する方は、30日間無料&1,100円分のポイントがプレゼント
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」は
\TSUTAYA TV/DISCASで配信中!/

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況はTSUTAYA TV/DISCASへ!

タイトルとURLをコピーしました