新聞記者(映画)無料動画配信やレンタル・見逃しをフル視聴する方法!感想まとめ

邦画

「新聞記者」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「新聞記者」は
\TSUTAYA TV/DISCASで配信中!/

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

「新聞記者」とは?

映画『新聞記者』は2019年に公開。
監督は藤井道人。
シム・ウンギョン、松坂桃李がW主演を務めました。
東京新聞記者・望月衣塑子の同盟ノンフィクションが原案で、国家権力の闇に迫る若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンス。
数々の映画賞を受賞し、第43回日本アカデミー賞では、最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞を受賞。

東都新聞記者・吉岡のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査を始める。

一方、内閣情報調査室官僚・杉原は葛藤していた。

「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、 現政権に不都合なニュースのコントロール。

愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。

真実に迫ろうともかく若き新聞記者。

「闇」の存在に気づき、選択を迫られるエリート官僚。

二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!

現在進行形の様々な問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にない新たな社会派エンターテインメント!

あなたは、この映画を、信じられるかー?

映画「新聞記者」より

吉岡エリカ:シム・ウンギョン

杉原拓海:松坂桃李

杉原奈津美:本田翼

倉持大輔:岡山天音

関戸保:郭智博

河合真人:長田成哉

神崎千佳:宮野陽名

都築亮一:高橋努

神崎伸子:西田尚美

神崎俊尚:高橋和也

陣野和正:北村有起哉

多田智也:田中哲司

「新聞記者」配信状況

「新聞記者」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
TSUTAYA TV/DISCAS30日間
Hulu×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
FOD PREMIUM2週間

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

TSUTAYA TV/DISCASとは?

TSUTAYA TV/DISCASは、月額2,659円(税込)で、動画配信&宅配レンタルが楽しめるサービスです!

★TSUTAYA TV(動画配信)&TSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)の両方を利用することができます!
★TSUTAYA TVでは、1万本以上の作品が配信!さらに独占配信の作品あり!
★地上波放送されない作品、ジブリ作品やCDは、TSUTAYA DISCASで!
※無料期間中は旧作のみ
初回登録30日間無料&1,100円分のポイントプレゼント!
※ポイントはレンタル作品に利用可

↓ TSUTAYA TV/DISCASで配信中の作品! ↓


【TSUTAYA TV】
・鬼滅の刃
・キングスマン
・死にたい夜にかぎって
・30歳まで童貞だと魔法使いに
なれるらしい
・トッケビ
・きみはペット
【TSUTAYA DISCAS】
・ジブリ作品全般
・アメトーーク
・プロポーズ大作戦
・やまとなでしこ
・未成年
・聖者の行進
・人間失格

感想

とても面白く、考えさせられる映画でした。メディアとは何なのだろうか、真実を報じるという名目であっても、記者や編集者による情報操作によって読者の目には入らないように仕向けられた現実もあるという報道の闇が描かれていました。実際に、小さな事を現実以上に誇張して報道しているものもあるので、リアル感があり、作品に入り込んでしまいました。
国にとって悪く働くものは、国のためという名目で容赦なく制裁する。記事を書く立場の者は何が正義なのかを考えさせられました。記憶に新しい事件をモチーフにしていて、新聞記者と国の陰謀を暴こうとするというような内容の作品でした。
ただ、家族や幸せを守ろうとしているだけなのに、なぜ情報操作をしたり、責任を取らされたりする必要があるのだろうかと思いました。
改めて、国による社会に向けての情報操作は怖いものだと感じました。
どこまで真実に近い内容なのかはわからないですが、巨大な闇に立ち向かう新聞記者がかっこよかったです。途中まではなんとなく予想通りかなーという感じでしたが、ラストの結末に驚かされました。実際にありそうな話で映画中はずっとドキドキでした。
日本のリアルな政治についてもっと知りたいと思わされるような映画です。

フィクションとは思えないほど現実味がある内容で、現日本の状況と重ね合わせて見ることで、若干寒気がしながらも楽しく見ることができた。
日本で話題になった事件が出てきたり、演出がおもしろいなと感じた。
本当にこういうことがあるのか、とドキドキしながら見ることができる映画。
主演の松坂桃李さんやシムウンギョンさんの演技もよく、リアルでドキュメンタリーを見ているかのように感じる。また、新聞記者やジャーナリストという仕事の難しさ、重みなど、普段か変わることの無い彼らの日常や仕事ぶりを見れるところもおもしろい。
普段関わらないとはいえ、常にニュースなどを目にしている私たちは、彼らが悩み、体をはり、身をこにして掴んだネタを日々テレビやネットで知ることができている。
それが当たり前のようになっているが、影で記者の努力や葛藤があってこそ色々と知ることができているんだ、と改めて思わされた。
実際にどこまで明らかになっているか、本当にそれが真実なのかは私たちには分からないが、彼らの仕事があるからこそ成り立っているものがたくさんあるのだなと思い知らされる映画だった。
映像や音楽もとても印象に残る。ミステリーのようなサスペンスのような見応えがある。

目にする、耳にする報道を、そのまま受け取れなくなった現代。正直、ここまで切り込んだ内容を邦画で観られるとは思ってみませんでした。この作品が劇場で観られるまで、どんなに長い時間を要したかを考えると、余韻は右往左往しました。日本でここまでよくぞ映像にしてくれた、という嬉しい気持ちと、現代の報道やマスコミなどを考え、落胆もしました。熱意の塊の新聞記者の吉岡と、内閣官房にある情報機関に勤める杉原。吉岡を演じた韓国女優のシム・ウンギョンが素晴らしかったです。真っ直ぐに事件と向き合う若手の新聞記者の彼女。何故、仕事を失うかもしれない危険を冒してまで、アウトサイダーになって事件を追っていく姿。韓国映画「怪しい彼女」で見せたコミカルな彼女は、完全に吉岡という1人の新聞記者でした。そして、「新聞記者」で今まで観たこともない演技を見せてくれた松阪桃李。何で自分は官僚に入ったのか?疲弊していく彼の目。そんな時に吉岡と出会い、精気が宿る目。彼の目を通して、苛立ちや悲しみ、喜びを感じ取れました。ストーリーは重厚かつ社会派で、心に残る日本映画です。特に、ラストシーンの力は凄かったです。観たことのない松坂桃李を、様々な作品で、観たいと思わせる作品です。また、日本の作品でのシム・ウンギョンにも注目したいです。

とても面白い作品でした。これは現実なんだろうか?と、、社会派サスペンスは深刻な顔のおじさん達しか登場しない、暗い映画というメージがあり、普段から進んで観るジャンルではないです。ですが昨今の政治不信やマスコミの権力への忖度などが叫ばれ、実際のところどうなっているのだろうか?官僚やマスコミの世界ってどんな感じなんだろうか?という一般人の好奇心からこの作品を鑑賞しました。鑑賞して、日本社会ってこうゆう風になっているのか、と見えない世界を見せていただきました。勿論、ここに描かれていることが全て現実のことだとは思いません。だた、いつも思うのは、自分に身近な題材の映画や小説を読んだ時に全てのパートがこれは全くのフィクションでは無いということが感覚でわかるように、この映画の世界も全くのフィクションで描かれているのではないのだろうなと思いました。ほとんどの人の日常生活がこの作品の登場品物達とは全く関係のない所にあると思います。ですが、日本社会の枠組みを作る政治とマスコミがどのような世界なのかを知っておくことはとても大切です。なので、全ての普通の人に観てほしいし、観るべきだと思います。この作品は普段関係ないと思われている私たちの生活の基盤や文化を作っている政治やマスコミを考えるきっかけになります。

見終わってすぐの感想は、フィクションとも思えないものに対するゾッとするような恐ろしさと、この国に対する不安です。キャストは松坂桃李と本田翼以外はそれほど有名ではない人たちですが、女性記者役のシム・ウンギョンに始まり、脇もしっかり固めた見事なキャスティングでした。レイプ事件については実際に起きたあの内容と酷似していて、裏で行われた工作もおそらくあの通りなのだろうと思いました。他の出来事についても何かを彷彿とさせるような内容で、見ていて引き込まれてしまいます。我々国民の知らぬところで、日夜あのような情報操作が行われていることを改めて見せつけられました。
公開前、この映画はほとんど話題にされませんでした。それはもう不自然なほどで、「国民は見るな」と政府からの圧力がかかっているのではと思ったくらいです。セリフにあったように「この国の民主主義は形だけでいいんだ」という考えがあの人たちの本心であることがハッキリと分かり、心底恐ろしくなりました。こんな内幕なら知らない方がいいのかもしれません。でも知ってしまった私たちに何が出来るのか?あまりに大きな権力を相手に、戦わずして無力感を抱いてしまう・・そんな感想も抱きました。
とにかく松坂桃李の演技が素晴らしく、全編で見応えのある面白い作品です。

この映画は、東京新聞の記者である望月衣塑子の著書を原案に藤井道人が監督を務めた、ヒューマンサスペンス映画。
東都新聞記者、吉岡の役を韓国人女優のシム・ウンギョが、内閣情報調査室のエリート若手官僚杉原の役を、人気俳優の松坂桃李が演じている。
 新聞記者の吉岡の元に大学新設計画の秘密の情報がFAXで届き、正義のため、その真相を突き止めていくという展開の中で、吉岡には自身や吉岡の務める東都新聞社へ掛けられる政府からの圧力、
 杉原も内閣の不正を知り、その正義感で不正を暴こうと吉岡に協力をしようとするが、自身の左遷や配置転換などの人事の圧力による恐怖、それによる家族への影響への葛藤などの心理描写が、非常に現実に表現されており、フィクション作品なのではあるが、過去に新聞やニュース番組などで話題になった事などを彷彿とさせる要素もとても多く、これはノンフィクション作品なのではないかと思ってしまう程だ。
 このような国家のダークな部分を突いた、日本映画の作品は今までなかったので、国家や政治に興味がないと言われる、特にこれからの我が国を担う世代である若年層の方に、見て何かを感じてもらい、政治に興味を持つきっかけになってもらいたいと感じた。

まとめ

初めて登録する方は、30日間無料&1,100円分のポイントがプレゼント
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「新聞記者」は
\TSUTAYA TV/DISCASで配信中!/

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況はTSUTAYA TV/DISCASへ!

タイトルとURLをコピーしました