おじさまと猫(おじ猫)無料動画配信や見逃しを1話から全話フル視聴する方法!感想まとめ【ドラマ】

国内ドラマ

ドラマ「おじさまと猫」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「おじさまと猫」は
\Paravi(パラビ)で配信中!/

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「おじさまと猫」とは?

みなさん、動物は好きですか?
犬や猫・・・とっても可愛いです。
しかし、世の中には動物虐待など、飼い主に愛されないペットはたくさんいます。
幸せに暮らしている動物だけではないのが現状。
そんな中、このドラマでは、そんな愛されなかった動物、猫と妻に先立たれた孤独なおじさんの温かい物語です。
癒しあり、涙ありのあったかストーリー!
是非ご覧ください!

「おじさまと猫」60秒PR/阿部真央バージョン

テレビ東京初主演:草刈正雄
累計170万部を誇るインターネットで話題沸騰の大人気コミックを連続ドラマ化!
誰かに愛されたかった、おじさまと猫のハートフルストーリー
平成29年の全国犬猫飼育実態調査で、ついに猫の飼育数が犬を上回りました。
現在も日本は空前の猫ブームを突き進み続けています。
しかし、愛される猫が増えたからといって、愛されない猫が消えるわけではありません…。これは、そんな愛されなかった猫と、おじさまの心温まる日々を描いた物語です。
妻に先立たれて以来、ふさぎこんだ日々を送っていた世界的有名ピアニスト・神田冬樹。そんな神田がある日、ペットショップで売れ残っていたブサ猫のふくまると出会う。動物が苦手にも関わらず、一目で惹かれてしまった神田は、思わず「この猫をください」と告げる。神田にとってふくまるとの生活は驚きの連続だったが、次第に笑顔を取り戻していく…。
愛されることを諦めていた猫と、孤独だったおじさまの心温まる日々を紡いだハートフルストーリー。言葉は通じなくともお互いを想い合う一人と一匹に時に癒され、時に涙すること間違いなしの作品です!

ペットショップで売れ残っていた一匹の成猫。日に日に値段が下げられ、お客さんに見向きもされなかった猫は、いつしか誰かに愛されることを諦めるようになっていた。
しかし、そんなある日、猫の前にひとりの男性・神田(草刈正雄)が現れる。妻に先立たれたショックから立ち直れずにいた神田は、亡き妻との会話を思い出し、たまたま通りがかったペットショップに立ち寄ったのだった。そしてその猫に一目惚れして…。

神田(草刈正雄)の家に初めてやってきた猫は、慣れない広い部屋への戸惑いと神田の家族に拒まれることを恐れ、キャリーケースから出られずにいた。そんな様子に、神田は自分一人しか住んでいないことを告げる。自分と同様、神田も孤独を感じていると知ったその猫は、寂しげな表情で話す神田にそっと擦り寄る…。
神田は、出会えたことが幸福だという理由から、その猫に“ふくまる”と名付けることにする。こうして、一人と一匹の温かな生活が始まる…!

新しい職場に初出勤する神田(草刈正雄)は、そわそわした様子で着替えている。家に置いていくふくまる(声:神木隆之介)のことが心配で仕方ないのだ。そんな神田を励ますように、一人で待てると意気込むふくまるだったが、いざ神田が出ていくと寂しさでいっぱいに…。一方、新しい職場・音楽教室で、同性の職員が来たと喜ぶ森山(小関裕太)から、歓迎会をしようと声をかけられるが、ふくまるのことが心配でたまらない神田は…!

もうすぐ1歳になるふくまる(声:神木隆之介)。神田(草刈正雄)はペットショップの店員・佐藤(武田玲奈)から早めの去勢手術を勧められていた。どの本を読んでも手術すべきだと書かれていたが、ふくまるに万が一のことがあったらと想像すると、不安でたまらない。周囲にも相談しながら、神田は意を決して去勢に踏み切る決断をする。 病院へ連れて行くと、診察台で怯えるふくまる。神田はふくまるを安心させるために言葉を重ね、獣医にふくまるを託すが…。

ふくまる(声:神木隆之介)のおかげもあって、音楽教室の子供達にも大人気の神田(草刈正雄)。レッスン後、森山(小関裕太)と話していると、神田の幼少期の思い出を垣間見ることになる…。
そして帰宅途中、小林(升毅)に遭遇し、猫グッズが並ぶ雑貨屋に入ると、すっかり猫好きになった神田は次々と猫グッズを購入する。ところが、ふと目に入ったマグカップから、かつて妻・鈴音(高橋ひとみ)とこの雑貨屋を訪れた時のことを思い出す…。

ふくまる(声:神木隆之介)と暮らすようになってから、妻が生きていた頃のように、少しずつピアノが楽しめるようになっていた神田(草刈正雄)。 そんなある日、音楽教室で神田の演奏のすばらしさに興奮した森山(小関裕太)は、神田をピアノのコンサートに一緒に行こうと誘う。神田は心の中では戸惑いを感じながらも、誘いに快諾する。今話題のピアニスト日比野奏(平山浩行)のコンサートだが、会場に行った神田は…

世界的ピアニストである神田(草刈正雄)との才能の差に打ちのめされて以来、神田を憎んでいる日比野(平山浩行)は、先日、自分のコンサートを神田が途中退出したことに、苛立っていた。そんな中、日比野は母親(朝加真由美)から猫・マリン(声:松本穂香)の飼育を押し付けられ、しぶしぶ猫グッズを揃えるためペットショップに向かうことに。店員の佐藤(武田玲奈)に勧められるがまま、大量の猫グッズを選んでいると、偶然にも神田と再会を果たすが…!?

神田(草刈正雄)は、ピアニストの日比野(平山浩行)が猫を飼い始めたばかりだと聞いて、日比野の家について行くことに。しかし、家に着くと、ケースの中にいるはずのマリン(声:松本穂香)がいなくなっていた。奥まった隙間に隠れていたマリンを見つけるが、その姿を見て神田は驚く。なんと自分の飼い猫のふくまる(声:神木隆之介)とそっくりなのだ!ふくまるとマリンは姉弟かもしれない、そう思った神田は、日比野とマリンを自宅に招待するが…。

神田(草刈正雄)は音楽教室の生徒の発表会が迫り悩んでいた。以前、日比野(平山浩行)のコンサートの会場で、まともに息をすることもできなかった自分が、生徒を支えることはできないと…。退職届を出すことを決意するが、それを知った親友の小林(升毅)は、もっと周りを頼れよ!と叱咤する。 逡巡したまま退職届を提出する神田だが、同僚の森山(小関裕太)は自分がコンサートに誘ったのが原因だと落ちこむ。神田の去就はどうなる!?

同僚の森山(小関裕太)のバンドライブに誘われた神田(草刈正雄)。しかし、コンサート会場での一連の出来事から不安を抱えていた。親友の小林(升毅)に相談すると、事前に別のライブに一緒に行ってみようと提案される。
ピアノのコンサートとは全く違った、ロックの激しくて騒がしい空間に、神田は圧倒されてしまう…。果たして、無事会場に居続けることはできるのか?さらにステージ上で意外な人物にも遭遇してしまい…!?

ライブに出かけた神田(草刈正雄)の帰りを待っている間に、家からいなくなってしまったふくまる(声:神木隆之介)。神田のために願い事をしようと、流れ星を追ったことから迷子になってしまっていた。 一方、神田はいなくなったふくまるを懸命に捜索する。ついに、ふくまるの姿を見つけ近寄ってみると、その子は、ふくまるにそっくりな別の猫だった。しかも激しく衰弱した様子で…。一刻も早くふくまるを見つけたい一方で、目の前の猫を見捨てることはできない。そんな神田が取った選択は…。

神田と再会し、無事におうちに帰ってきたふくまる(声:神木隆之介)。安心するも、ふと孤独に過ごした日々がこみ上げ、泣き出してしまう。そんなふくまるに神田(草刈正雄)はそっと寄り添うのだった…。
一方、森山(小関裕太)のライブが翌日に迫っていた。ふくまるの捜索に協力してくれた皆のためにも、神田はライブに行くことを決意する。しかし翌日、会場で神田が目にしたのは、仲間に見捨てられ、ステージで1人立ち尽くす森山の姿だった…。そんな彼のために神田ができること、それは…。

神田冬樹 – 草刈正雄
ふくまる – 神木隆之介(声)
森山良春 – 小関裕太
佐藤もみじ – 武田玲奈
日比野奏 – 平山浩行
神田鈴音 – 高橋ひとみ
小林夏人 – 升毅
ペットショップの店長 – 太田正一
蓮見 – 東根作寿英
山上 – 石橋けい
鈴原- 茉依
星野- 二宮芽生
獣医 – 諏訪太朗
日比野の母 – 朝加真由美
森山雅人- 森崎海來
マリン – 松本穂香(声)

「おじさまと猫」配信状況

「おじさまと猫」の配信状況を調べてみました!

配信状況
Paravi
Hulu×
FOD PREMIUM×
U-NEXT×
ABEMA×
Amazonプライムビデオ×
TSUTAYA TV/DISCAS×

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

Paravi(パラビ)とは?

Paravi(パラビ)は月額1,017円(税込)で、主にTBS・テレビ東京・WOWOWのドラマやバラエティなどが視聴できる動画配信サービスです!

★90年2000年代の懐かしいドラマから最新ドラマ、バラエティ作品などが盛りだくさん!
★Paraviオリジナルストーリーあり!
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

↓ Paraviで配信中の作品! ↓

【ドラマ】
・オー!マイボス!恋は別冊で
・天国と地獄~サイコな2人~
・俺の家の話
・半沢直樹
・恋はつづくよどこまでも
・逃げるは恥だが役に立つ
・中学聖日記
・孤独のグルメ
・ブラッディマンデイ
・ドラゴン桜
【バラエティ】
・水曜日のダウンタウン
・クイズ!THE違和感
・モニタリング
・モヤモヤさまぁ~ず2
・マツコの知らない世界

【アニメ】
・鬼滅の刃
・銀魂

感想

私自身、猫を飼っていて大の猫好きなので、毎週楽しく見ています。
妻に先立たれて悲しみからなかなか立ち直れない主人公の神田。生前、妻が「猫を飼いたい」と言ってた事を思い出し、ふとペットショップに立ち寄ります。そこで出会ったのが売れ残った猫、ふくまるでした。
このふくまる、本当の猫ではなくぬいぐるみなのがこのドラマの最大の特徴だと思います。初めは、えー、ぬいぐるみなんだ…と不安でしたが、これがまたかわいい!本当の猫じゃなくても、ぬいぐるみでもこんなに癒されて感動できるんだ!という嬉しい発見でした。これは、猫のふくまるの声を演じている神木隆之介のうまさでしょうか…ぬいぐるみなのに、表情豊かで愛らしい猫になっています。
ふくまるとの出会いによって、気持ちを閉ざしていた神田がどんどん変わっていく様子、外の世界に出ていく様子がとても丁寧に描かれています。
そして、ふくまるの去勢手術をする際に、万が一ふくまるに何かあったら…と悩んだり、自分が出かける時に、ふくまるを家に一人ぼっちにさせてしまうことを心配する神田の様子は、私自身も経験したのと同じ気持ちで、「分かる!」とますます感情移入してしまい、毎週楽しみで放送が待ち遠しくて仕方のないドラマです。

このドラマは見ていると穏やかな気持ちにさせてくれるんです。何故かとなるとそれは先ずは主人公の神田の落ち着いた喋り方、性格というのが絡んでいると思います。優しさというのが伝わってくるし猫のふくまるに対する接し方というのにも現れています。人間の赤ちゃんを扱うくらい大事に見守る姿というのが目につきました。それとふくまるの存在が大きいです。ふくまるといってもぬいぐるみの猫ではあるんですが最初はちょっとホンモノなのかと見間違えるほどです。そしてそのふくまるの声というのを神木隆之介がしていてその語り方というのもゆったりとして落ち着くんです。そんなふくまるが人によって対応を変えるというのが結構気に入っている場面でした。神田の親友・小林に関しては邪険な雰囲気を漂わせていたのに神田の同僚・森山にたいしての心の開き方というのが違いすぎて笑える場面でした。そんな森山が心の底から神田のことを好きすぎているのも見ていて面白い場面ではあるんです。その他では武田玲奈が演じるペットショップ店員の佐藤もみじです。売れていかないふくまるを心配して自分で飼いたいくらいだと発言したりと心優しい存在なんです。とにかく見たら癒されてしまうドラマです。

ドラマ「おじさまと猫」を観て、「お互いが大好きな神田とふくまる」と「明かされていく神田の過去」が特に魅力的だと思いました。
まず、お互いが大好きな神田とふくまるについてです。このドラマでは、ペットショップで運命の出会いを果たした神田とふくまるの様子が描かれます。神田は、ペットを飼ったことがなかったものの、妻が亡くなったことを機にペットショップを訪れ、ふくまるに一目ぼれし、一緒に暮らし始めます。神田はふくまるの可愛らしさに惹かれ普段は見せないようなデレデレした表情を見せ、ふくまるは不器用な部分はあるものの優しく自分を大切にしてくれる神田に心を許していきます。お互いの様子を気に掛け、些細な行動にも癒されていく神田とふくまるの姿に、ときめきながら観ていました。
次に、明かされていく神田の過去についてです。最初は、何者か分からず大人の色気がある紳士的な男性として登場する神田ですが、亡くなった妻との大切な思い出や幼少期の記憶、ピアニストとして名をはせていた時代など、想像もできないような背景が少しずつ明かされていきます。神田の抱える複雑な背景一つ一つに、驚いたり切なくなったりと心を動かされながら観ていました。

私は猫が好きなので、タイトルに惹かれて軽い気持ちでこのドラマを観始めました。すると、猫の可愛さはもちろんですが、ストーリーの面白さ、命を預かる責任、一緒に生きていく家族の大切さなど、本当にさまざまなことを感じ、学び、すぐに私の中でお気に入りのドラマ第1位になりました。猫とか犬とか、動物って本当に可愛いです。でも、一緒に生きていくということは覚悟がいるし、病気などとも向き合わなければなりません。可愛いからってご飯をあげすぎたり、しつけをせずに何でもかんでも許すというのも違います。ちゃんと向き合って、対等な家族として接することが大事です。私は昔、ハムスターを飼っていましたが今は何も飼っていません。でも、このドラマを観て、自分の帰りを待ってくれている家族の存在のありがたさ、温かさを感じ、改めてまた誰かと一緒に暮らしたいなぁと思い始めました。実は次は猫がいいなぁと思っていて、だからこのドラマを観始めたのですが、やっぱり猫は最高に可愛いです。このドラマのおかげで、また命と向き合う覚悟ができました。私のようにこのドラマから何かを学ぶ人、ただただ可愛いなぁと最高に癒される人など、いろいろな人がいると思います。1つ自信を持って言えるのは年齢関係なく、どんな人でも気軽に楽しめるドラマだということです。

私は原作からのファンなのですがドラマ化を告知された時から楽しみな気持ちと少し不安な気持ちがありました。それはふくまるの実写再現です。本物の猫ちゃんをキャスティングすると原作のふくまるの可愛さとは少し違うものになるのではないかと考えていました。しかし、今回のドラマ化ではその気持ちを払拭してくれるようにふくまるをぬいぐるみとしてキャスティングされていました。これには、私も驚きこういう手があったかと感心させられました。
原作の可愛さを落とし込むために悩みに悩んだ末のいいアイデアでした。この漫画をドラマにするにはただ本物の猫でドラマをするだけではあまり味気ないものになりかねないところをぬいぐるみという愛らしいものにすることでふくまるとして声を担当してらっしゃる神木さんの言葉にもあたたかさが本物の猫よりも乗ってきていました。また、神田さんの落ち着いた雰囲気を草刈さんがものの見事に再現されていて、見ていて心があったかくなる、ポカポカした癒し系漫画の世界観がバッチリ合うドラマでした。出演される方がベテラン俳優の方が多くなる分シリアスな部分とほんわかな部分の雰囲気の使い分けもしっかりされており漫画の再現度も高く、ドラマとしての満足感も高い作品です。

おじさまと同様、私も幼い頃からピアノを弾いており且つ猫と同居していることから、原作の大ファンだったので、 ドラマ化してくれた事は本当に嬉しいです。

初めてドラマ化と聞いたときは、ふくまるを一体どのように実写化するのか正直不安でしたが、ぬいぐるみのふくまるはとても表情豊かで動きも愛らしく、おじさま役の草刈正雄も本当の猫を可愛がるかのようにふくまるを愛する姿がとても自然で、何の違和感もなくストーリーに入り込むことができました。

おじさまの親友、職場の人々、ペットショップのお姉さん、おじさまをライバル視するピアニスト。
おじさまを取り巻く周囲の人々も皆いい人達ばかりで観ているだけで柔らかい気持ちになれます。

クラシックピアノ界ならではの苦悩や葛藤も描かれている一方で、ふくまるやその他の猫達の存在が物語を決して暗い印象にする事なくストーリーが進行していきます。

猫を飼っている身としては”猫あるある”も多く、共感するシーンも沢山あったり、自分もそれを試してみようと思うヒントもありました。
初めて猫が家に来た日のことを思い出して、ますます我が家の猫を愛おしく思うようになったので、猫好きな方は勿論、癒しを求める方にも見て欲しいドラマです。

まとめ

「おじさまと猫」は、Paraviで配信中です!
初めて登録する方は、2週間無料
無料期間のみ楽しみたい方も期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「おじさまと猫」は
\Paraviで配信中!/

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況はParaviへ!

タイトルとURLをコピーしました