ラプラスの魔女/無料動画配信やレンタル・見逃しをフル視聴する方法・感想まとめ

邦画

映画「ラプラスの魔女」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「ラプラスの魔女」は
\Paravi(パラビ)で配信中!/

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「ラプラスの魔女」とは?

ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を映画化した「ラプラスの魔女」
東野圭吾の作家デビュー30周年記念作品で、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の初共演作品です。
監督は「悪の教典」「風に立つライオン」「ジョジョの奇妙な冒険 ダイアモンドは砕けない」の三池崇史。

東野圭吾のベストセラー小説を三池崇史監督のメガホンで実写映画化し、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰が初共演を果たしたサスペンスミステリー。妻と温泉地を訪れた初老男性が硫化水素中毒で死亡する事件が発生した。捜査を担当する刑事・中岡は妻による遺産目当ての計画殺人を疑うが、事件現場の調査を行った地球化学専門家・青江修介は、気象条件の安定しない屋外で計画を実行するのは不可能として事件性を否定。しかし数日後、被害者男性の知人が別の地方都市で硫化水素中毒により死亡する事故が起きる。新たな事故現場の調査に当たる青江だったが、やはり事件性は見受けられない。もし2つの事故を連続殺人事件と仮定するのであれば、犯人はその場所で起こる自然現象を正確に予測していたことになる。行き詰まる青江の前に謎の女・羽原円華が現われ、これから起こる自然現象を見事に言い当てる。彼女は事件の秘密を知る青年・甘粕謙人を探しており、青江に協力を頼むが……。

映画.comより

青江修介/櫻井翔
羽原円華/広瀬すず
甘粕謙人/福士蒼汰
奥西哲/志田未来
水城千佐都/佐藤江梨子
桐宮玲/TAO
中岡祐二/玉木宏
武尾徹/高嶋政伸
羽原美奈/檀れい
羽原全太朗/リリー・フランキー
甘粕才生/豊川悦司

「ラプラスの魔女」配信状況

「ラプラスの魔女」の配信状況を調べてみました!

配信状況
Paravi
Hulu×
FOD PREMIUM×
U-NEXT×
ABEMA×
Amazonプライムビデオ×
TSUTAYA TV/DISCAS×

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

Paravi(パラビ)とは?

Paravi(パラビ)は月額1,017円(税込)で、主にTBS・テレビ東京・WOWOWのドラマやバラエティなどが視聴できる動画配信サービスです!

★90年2000年代の懐かしいドラマから最新ドラマ、バラエティ作品などが盛りだくさん!
★Paraviオリジナルストーリーあり!
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

↓ Paraviで配信中の作品! ↓

【ドラマ】
・オー!マイボス!恋は別冊で
・天国と地獄~サイコな2人~
・俺の家の話
・半沢直樹
・恋はつづくよどこまでも
・逃げるは恥だが役に立つ
・中学聖日記
・孤独のグルメ
・ブラッディマンデイ
・ドラゴン桜
【バラエティ】
・水曜日のダウンタウン
・クイズ!THE違和感
・モニタリング
・モヤモヤさまぁ~ず2
・マツコの知らない世界

【アニメ】
・鬼滅の刃
・銀魂

感想

東野圭吾さんの作品が好きで原作を読みました。原作はかなり理系の要素が入っているので、文系の私にはちんぷんかんぷんなところもありました。これをどんなふうに映像化するのだろうとワクワクしたことを覚えています。いざ、映画を観てみると想像していたよりも分かりやすい印象を受けました。映像化した方が理系分野の実験的な面は伝わりやすいのかもしれません。また、ミステリアスな女の子が出てくるのですが、これが私がイメージしていたとおりの人が配役されていてビックリしました。広瀬すずさんのハマり役だと思います。謎が謎を呼んで、どんなふうに解決するのかハラハラドキドキする展開になっていくのですが、そこが面白かったです。理系の人でも真相を当てるのはなかなか難しいのではないでしょうか。少しファンタジーも入っているように感じられました。実際にこういった現象が起こるのかどうか、ものすごく気になったものです。続編というかこの事件に繋がるような原作もあると聞いたのですが、まだ読んでいません。それもまた映画化されたらより一層楽しめるのではないかと思っているところです。櫻井翔さんの役どころもしっくりきていたので、シリーズ化してみるのもいいかもしれないと思いました。

この映画は人気作家である、東野圭吾の小説を映画化したもので、先に小説を読みました。小説の内容も素晴らしく一気に読み終えましたが、やはり活字の世界だけよりもビジュアルに再現した映画を見るとその感激はひとしおです。温泉街で映画プロデューサーが硫化水素で殺されてしまうという殺人事件が発生しました。屋外で硫化水素により死んでしまうというのは不可解なことなのですが、大学教授の青江は事件の謎を解き明かしていきます。この青江教授は櫻井翔が演じていて、有名大学を卒業し、見るからにインテリであることがわかる櫻井が教授を演じると妙に説得力があります。脳の手術によって未来のことが予測できるようになった若い男性の甘粕謙人の役は福士蒼汰が演じていますが、福士は難しい役柄を見事に演じきっているので、さすがだとしか言いようがありません。甘粕謙人をサポートする羽原円華は、たびたび青江を混乱させてしまう魔女のようなキャラですが、その役を広瀬すずが演じていて、広瀬は美しいながらも怪しい魔力が漂う円華の役にぴったりです。キャストは甘粕謙人の父にベテラン俳優の豊川悦司が演じていたり、他にも個性派の俳優が勢ぞろいしているので、見ごたえがある映画です。

おもしろい。
サイエンスミステリーとプロモーションしてるけど、この作品はミステリーよりももっと違う部分での話なんだと思う。
特殊な力で未来を知った少女と、未来を知らないが故に考え続ける大人のお話。
摩訶不思議な事件に少女が出てきてそれからの展開が凄かった。CGとは思えないリアルさでどう展開していくのか最後までドキドキでした。
なぜ教授を主人公に据えたのか。まずここがこの映画の楽しみ方の一つだと思います。
私達は殆どの人が命を落とすほどの竜巻に遭遇したことはなく、殺人事件を捜査する刑事さんに意見を求められることもなく、未来を予見する人に出会ったことがなく、それらをとりまくあらゆる色んな意味での超人、常軌を逸した人と関わることはありません。
そのなかで青江教授は一番一般人と感性が近く、知的好奇心とお人好しさでこの物語の中に無理矢理引きずり込まれていく。
教授の倫理観や人間っぽさはこの物語に巻き込まれていく観客目線と言ってもいいと思います、そうでないとただのファンタジーで終わる物語。
普通では考えられない能力や次元を現実世界とどう結びつけて、私達に物語の主軸となる問題提起に結ぶか。最後はなるほど、と唸りました。
映画を見ている時間はあっという間でした。

ラプラスの魔女は、サスペンスミステリー。原作の著者は東野圭吾です。登場人物の感情の揺れや不安感を表現し、少しずつ謎を解明していきます。ですが今回はそこにラプラスの論を加えることで世界観がぐんと広がりを見せます。
映画は三池崇史さんが監督を務めているのですが、見終わってから知りました。知って納得。爽やかな場面、真面目な場面、大胆な表現を駆使して後半に向かって徐々に盛り上がっていきます。
なんといっても注目は羽原円華(広瀬すず)と、甘粕謙人(福士蒼汰)、そして甘粕才生(豊川悦司)の役どころとその存在感です。
演技力はもちろんのこと、三人の背景や想いも読み取れてググっと画面に引き寄せられます。特に終盤の、様々な思いが込められた熱のこもったシーンは見逃せません。
青江修介(櫻井翔)が主人公となってますが、見終わって時間が経って頭に思い浮かぶシーンはやはりこの3人で、素直にすごい配役だったんだなと思わされます。
青江はストーリーを進めていくうえで最も重要なポジションで、今回は青江を通して円華と謙人、そして才生の謎を掘り起こしていき、青江視点に立ってその真相や結末を楽しめるといった作品に仕上げられていました。終わり方も好きでした。なかなかに考えさせられる作品です。

さすが東野圭吾作品だなとまた感心させられました。主演には広瀬すずが抜擢されていましたが、他のキャラクターにも豪華俳優・女優陣が使われていてそれぞれの演技力に惹きつけられました。脳みその回転が早く無い私だからこそ楽しんでみることができたのか、常に先の展開が読めなくて非常に面白かったです。ミステリー要素、サイエンス要素など不思議な世界観が広がっていて、映像技術によってまたその雰囲気がしっかりと出ていてとても良かったです。見どころとなるシーンはかなりたくさんありましたが、中でも私は特にオレンジジュースのシーンが好きでした。これからこの作品を初めて見るという人がいればここに注目して見てほしいです。ストーリー内容とは別に、主題歌で使われていたアラン・ウォーカーの曲が作品全体の雰囲気や内容に非常にマッチしていて選曲が素晴らしいなと感じました。この曲があってこそ、さらに作品にディープに入り込めた気がします。サイエンスチックな要素もありましたが、特にミステリー好きの人にはぜひ一度は見てみて欲しいなと思います。結構見ていてハマった映画だったので、原作となった小説もまた映画の内容と照らし合わせながら読んでみようと思います。

嵐ファンなのでこの映画を観ました。櫻井翔くんが化学の大学教授役で、温泉地で起きた不審死について謎を解き明かす内容です。ミステリー小説の中に引き込まれる感覚で最後まで見入ってしまっていました。櫻井翔くん演じた化学教授と広瀬すず演じる予知能力を持った少女が、ストーリーには欠かせない人物だったのが見所の一つです。中盤から犯人がわかったのかと錯覚してしまったほど、見事なまでの逆転劇。まさかの人物が真犯人。最後の演出がとても見事にストーリー転換へとピッタリと合い、とてもスッキリとした感じで終わりました。櫻井翔くんのイメージが理論を基づいてのセリフとマッチしていたし、玉木宏、豊川悦司など、俳優達の役も見事に合っていました。物語の途中で騙された感覚になったシーンが、豊川悦司演じる甘粕監督のブログ記事を読むシーンでした。玉木宏演じる刑事の仮設に視聴しながら納得をしていまい、犯人を間違えたのです。最後まで観ていると真犯人が誰なのかがわかりますが、見所が真犯人へとたどっていく所が最高です。甘粕監督の映画監督として現実世界を自分の思い通りにしようとしていた場面には、悲しみの感覚になっていました。最後まで犯人がわからなかったです。

まとめ

「ラプラスの魔女」は、Paraviで配信中です!
初めて登録する方は、2週間無料
無料期間のみ楽しみたい方も期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「ラプラスの魔女」は
\Paraviで配信中!/

※本ページは2021年4月時点の情報になります。
最新の配信状況はParaviへ!

タイトルとURLをコピーしました