イチケイのカラス(ドラマ)見逃し無料動画配信を1話から全話フル視聴する方法・感想まとめ

2021年春の月9ドラマ『イチケイのカラス』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

イチケイのカラス」は4月5日放送終了後より
FOD PREMIUMで配信!/

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「イチケイのカラス」とは?

2021年4月5日より毎週月曜21時~フジテレビ系列でドラマ「イチケイのカラス」が放送!
原作・浅見理都による人気コミックを実写ドラマ化!
主演は月9主演11年ぶりの竹野内豊!
東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の型破りな刑事裁判官・入間みちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走する刑事裁判官・坂間千鶴、書記官・石倉文太らイチケイメンバーの活躍を描く爽快リーガルエンターテインメント!

入間みちお(竹野内豊)は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部<通称:イチケイ>の刑事裁判官。元弁護士という異色の経歴を持つみちおは、ヒゲを生やし、服装はカジュアル、とぼけた発言もしばしばという、お堅い裁判官のイメージとはほど遠いゆるい空気をまとった男だが、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官の双方から恐れられているクセ者だ。
そんなみちおを見守っているのは、イチケイの部長で、有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官・駒沢義男(小日向文世)と、元傍聴マニアで、みちおのファンを公言している裁判所書記官の石倉文太(新田真剣佑)。また、お人よしの主任書記官・川添博司(中村梅雀)、3つ子の母でもある姉御肌の裁判所書記官・浜谷澪(桜井ユキ)、物おじしない新人の裁判所事務官・一ノ瀬糸子(水谷果穂)も、しばしばみちおに振り回されつつ、イチケイを支えているメンバーだ。
そのイチケイに、若くして特例判事補になったエリート・坂間千鶴(黒木華)が赴任することになった。東大法学部出身の坂間は、冗談が全く通じない堅物タイプで、裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている、と強烈に自負している。坂間がイチケイに異動してきた目的は、事件の処理件数が信じられないほど少なく、会社なら倒産レベルの“赤字”状態であるイチケイを立て直すためだった。
駒沢は、さっそく坂間にみちおと組むよう指示する。みちおを裁判長に、坂間と駒沢の3人で審議する合議制で取り組むことになった起訴案件は、大学生の長岡誠(萩原利久)が、代議士の江波和義(勝村政信)に全治1ヵ月のケガを負わせた傷害事件だった。実は誠は、江波の秘書だった洋一郎の息子。洋一郎は、2ヵ月前、不正献金疑惑で東京地検特捜部がマークし始めた矢先に、電車に飛び込んで自殺を図っていた。
検察側から、みちおのお目付け役として東京地検第3支部に異動してきた井出伊織(山崎育三郎)と、上司の主任検事・城島怜治(升毅)が出廷した第1回公判。誠は江波の方から先に殴ってきたと証言し、父は自殺ではないと主張した。するとみちおは、傷害事件のもとになった洋一郎の死の真相を確かめる必要があるとして、捜査権を発動し現場検証を行うと言い出して坂間や井出たちを驚かせる。

みちお(竹野内豊)たち地裁チームと、甲子園出場経験もある井出(山崎育三郎)を擁する地検チームによる、恒例の草野球試合が行われた。坂間(黒木華)は、2打席連続ランニングホームランの井出を迎えた投手のみちおに対し、敬遠すべきだと主張する。しかし、みちおは、0.1%でも可能性があるなら勝負がしたいと言い出し……。
その夜、坂間は、最高裁判所判事で、司法研修所時代の上席教官でもある日高(草刈民代)から呼び出され、あるパーティーに出席する。そこで坂間は、最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎を紹介される。健一郎は、坂間が東京地裁第3支部の立て直しを任されていることを承知しており、人事局でもみちおの存在が問題視されつつあることを彼女に告げる。それを受けて日高は、みちおの問題行動に対して処分が必要だと判断した場合は人事局にあげてほしい、と坂間に指示する。
そんな折、イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちおたちに告げる。それは、1審で有罪判決が下された、人気料理研究家・深瀬瑤子(前田敦子)による幼児虐待事件だった。瑤子は、当時1歳半の長女が泣き止まないことに苛立ち、激しく揺さぶるなどしてケガを負わせたことにより、傷害罪で2年6ヵ月の有罪判決を受けていた。だが瑤子は判決を不服として控訴。それを受けて高裁は、審理内容を精査し、地裁に差し戻したのだ。しかし、実はこの案件、第1審の裁判長を健一郎の息子・隆久が務めた“取り扱い要注意”案件で……。

「どうしたらなれるか、アインシュタインに」。ある日みちお(竹野内豊)は、坂間(黒木華)たちイチケイメンバーにそう質問する。ヒントは、裁判官にも大事なことだとみちおは言うが……。
そのとき、起訴状を読んでいた部長の駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件がある、とみちおたちに告げる。案件は重過失致死及び死体損壊の事件で、被告人はガラス工房で働く藤代省吾(岡田義徳)、被害者は市役所職員の野上哲司(成松修)だった。その教室には野上の14歳になる娘・碧(渡邉心結)が通っていたが、迎えに来た碧の母で、笹原警察署の警察官でもある奈緒(佐津川愛美)に一方的に好意を抱いた藤代は、「野上哲司は浮気している」「夫と別れなければ罰を与える」等の監視や人格非難にあたる内容の手紙を差し出し人不明で送りつけていた。それが藤代の仕業だと気づいた野上は、事件当夜、藤代と工房で会い、口論からつかみ合いになったという。藤代は工房にあった自転車に乗って逃げようとして野上と衝突。そのまま後ろに倒れた野上は、後頭部を強く打ち命を落としたらしい。犯行の露見を恐れた藤代は、野上の遺体を焼却炉で燃やしていた。
みちおが裁判長を務めた第1回公判、入廷してきた駒沢の姿を見た藤代は驚く。実は駒沢は、18年前に裁判長として藤代を裁いたことがあり……。

みちお(竹野内豊)は、坂間(黒木華)を訪ねて裁判官官舎にやってきた彼女の妹・絵真(馬場ふみか)と出会う。絵真から、姉はどんな裁判官なのかと尋ねられたみちおは、裁判を傍聴してみてはどうかと言い出す。
その後絵真は、みちおと一緒に、坂間が裁判官を務めたいくつかの公判を傍聴することに。そんな中、イチケイの部長・駒沢義男(小日向文世)は、家庭裁判所から逆送されてきたある少年事件を合議制で扱いたい、とみちおたちに告げる。被告人は17歳の望月博人(田中偉登)。半年前に高校を中退した博人は、レジャー施設でアルバイトスタッフとして働いていたが、あるとき売上金5000万円を盗んで逃亡。警察に逮捕されそうになった際には、繁華街のビルの非常階段から盗んだ現金をばらまいていた。みちおは裁判長は坂間がいいのではないかと提案し、坂間も決意を表明する。
そして始まった第1回公判。博人は完全黙秘を貫き……。

みちお(竹野内豊)たちの元へ、あるバレエ団で起きた傷害事件の起訴状が届く。被告人は、バレエ団代表で振付師の槇原楓(黒沢あすか)。被害者はそのバレエ団の元トレーナーの矢口雅也(松木研也)だった。2人は口論からつかみ合いになり、槇原は矢口を突き飛ばした。頭を強く打った矢口は一命を取り止めたものの、現在も意識不明の重体だった。その起訴状を見た石倉(新田真剣佑)は驚きを隠せなかった。このバレエ団には、海外からも注目されているバレリーナ・馬場恭子(生田絵梨花)が在籍していた。実は恭子は、石倉の中学・高校時代の同級生で、初恋の相手でもあった。
坂間(黒木華)が裁判長を務めた第1回公判。傍聴席には恭子だけでなく、何故か別の事件の公判を終えたばかりのみちおの姿もあった。冒頭陳述で、検察官の井出(山崎育三郎)は、トレーナーとしてバレエ団に在籍していた矢口が複数のダンサーに対してセクハラを行い、槇原に解雇されたことで一方的に恨みを抱いていたことなどを説明する。すると、『みちおを見守る会』の傍聴マニアから画用紙を借りたみちおが、「さっき、食い逃げの公判をやったんだよ。食い逃げとバレエ団、ふたつの裁判、ひとつにくっつけたいんだよ」と書いた紙を坂間に見せる。別々の事件であっても犯人が共通していたりする場合にまとめて審理する「併合審理」をしたいというのだ。坂間は、そんなみちおを退廷させるが……。

草野球の試合を終えたみちお(竹野内豊)たちは、相手の井出(山崎育三郎)ら地検チームと一緒に石倉(新田真剣佑)の実家『そば処いしくら』に集まって飲んでいた。そこに、坂間(黒木華)が日高(草刈民代)を連れてやってくる。坂間は、女性裁判官の会に出席し、日高の最高裁長官内定のお祝いをしていたという。 するとみちおは、志摩総一郎(羽場裕一)という男の名前を出し、彼が被害に遭った窃盗事件を担当することになったと日高に告げる。志摩は、弁護士時代のみちおが最後に担当したある事件に関係する人物だった。
みちおが裁判長を務める窃盗事件とは、前科6犯の窃盗犯・岸田(バカリズム)が、会計事務所所長の志摩の自宅に忍び込み、現金113万円を盗んだ事件だった。岸田は犯行後、盗んだ自転車で逃走を図ったが、その途中で新聞配達員と自転車同士の衝突事故を起こして顔を見られたため自首していた。 第1回公判で、岸田はエリート人生から転落して窃盗を繰り返したという井出の言葉に反発し、泥棒がいかに魅力的な仕事であるか、どんな金庫も開けられる優れた耳を持つ自分がその個性を生かすためにいかに努力をしているかを力説し始める。また岸田には、金が余っている家しか狙わず、人は絶対に傷つけない、というポリシーがあるらしい。
みちおは、理路整然と話す岸田が、逃走時のことなるとあいまいな話をし始めることや、今回初めて自首してきたことが気になり、逃走経路周辺の防犯カメラを確認することにするが……。

弁護士時代のみちお(竹野内豊)が最後に担当した12年前の東丸電機殺人事件。東丸電機の研究部主任だった被告人の仁科壮介(窪塚俊介)は、被害者である同社の経営戦略部部長・布施元治(中野剛)から研究部門の解体および製造部門への異動を命じられたことが原因で彼と度々トラブルを起こした挙句に撲殺した罪で、無期懲役を言い渡されていた。だが仁科は、判決後も無罪を主張し続け、獄中で命を絶ってしまう。仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していた。その男こそ、イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一)だった。この窃盗事件がきっかけで、志摩が所長を務めるオメガ会計事務所が、東丸電機を含む大手企業数社の脱税に関与していた疑いが浮上していた。
 坂間(黒木華)は、仁科の妹・由貴(臼田あさ美)を訪ね、再審請求をすれば12年前の事件の真相を明らかに出来ると説得するが、断られてしまう。そんな坂間と入れ違いで由貴を訪ねたのが、みちおの元同僚でもある弁護士・青山(板谷由夏)だった。ふたりの説得が功を奏し、再審請求を決意する由貴。弁護人を務めることになった青山は、ただちに会見を開き、今回の再審請求について公開での審理を求めた。
再審を認める判決を受け、次長検事の中森(矢島健一)と検察官の小宮山(テイ龍進)は、期限の3日以内に「即時抗告申立書」を出すよう、城島(升毅)と井出(山崎育三郎)に命じる。「開かずの扉」と言われる再審請求――その扉は今回も開かないものと思われたが……。

 みちお(竹野内豊)たちが所属する『イチケイ』に、事務官から書記官になるための研修生として、前橋幸則(渡辺佑太朗)と磯崎由衣(夏目愛海)がやってくる。部長の駒沢(小日向文世)は、合議制で扱う案件があるから立ち会うよう、ふたりにも指示する。
案件は傷害事件だったが、その起訴状を見た坂間(黒木華)と浜谷(桜井ユキは驚く。被告人の潮川恵子(真凛)は、坂間が裁判長、浜谷が書記官を務めている窃盗事件の被告人だった。
万引きの前科があった恵子は、再びスーパーマーケットで万引きをして保安員に捕まっていた。恵子の万引きを目撃し、店側に伝えたのは、山寺史絵(朝加真由美)という女性だった。恵子には6歳になる娘がおり、商社マンの夫は海外単身赴任中。恵子は、育児と義母の介護の疲れから軽いうつ状態で服薬していた。そんな恵子と話した浜谷は、子どもを預ける当てがない彼女は罪を認めて逃亡の恐れもないことから、在宅からの審理がいいのではないかと坂間に進言したという。ところが恵子は、その間に史絵に暴行を加え、加療約1年のケガをさせていた。
窃盗事件と傷害事件が併合されて開かれた第2回公判。恵子は、被害者の史絵が小学校時代の恩師だったことに触れ、4ヵ月前に万引きで逮捕されたときのことは恨んでいないと証言する。史絵にケガをさせてしまったのは、実は彼女が万引きをしたところを目撃し、それを止めようとした際に襲われて抵抗したからだと言うのだ。恵子は取り調べの段階からそう主張していたが、虚偽の発言として取り上げてもらえずにいた。一方、検察の井出(山崎育三郎)は、史絵が万引きをしたという証拠がないこと、そして恵子から暴行を受けた後、市会議員をしている夫の信吾(大谷亮介)に電話し、逆恨みで元教え子に襲われたと助けを求めていることを指摘するが……。

みちお(竹野内豊)や坂間(黒木華)たち“イチケイ”が扱うことになった「世田谷家政婦殺人事件」が、裁判員裁判で審理されることになった。書記官の川添(中村梅雀)を中心にさっそく裁判員の選任手続きが行われ、その結果、塾講師の大前正一(山崎銀之丞)、結婚相談所勤務の落合清美(池津祥子)、土木作業員の田部公平(山口森広)、主婦の立原理沙子(太田順子)、証券マンの西園寺勝則(永田崇人)、大学生の小中渚(羽瀬川なぎ)の6名が選ばれる。補充裁判員として選ばれたのは、派遣社員の新村早苗(行平あい佳)、「みちおを見守る会」メンバーでもある自由業の富樫浩二(明樂哲典)だった。
事件の被告人は高見梓(春木みさよ)、被害者は桐島優香(八木さおり)。梓は家政婦として桐島家で働いていたが、ある時、柵が破損していることを知りながら3階のバルコニーで優香と争い、突き飛ばして転落させたという。梓は、転落後もまだ息があった優香をそのまま放置。たまたまやってきて異変に気づいた配達員が救急車を呼んだが、優香は命を落としていた。また優香は、梓に多額の遺産を残すことを1年前に弁護士に書面で伝えていたという。
優香の娘・希美(松風理咲)も見守る中で行われた第1回公判で、梓は、自分は殺していない、あれは事故だと主張。遺産の件も知らないと証言する。実は梓は、5年前に火災事故で夫と娘を亡くし、譲り受けた夫の会社を売却して多額の資産を得ており……。

みちお(竹野内豊)は、弁護士時代の同僚でもある青山(板谷由夏)と、彼女の母親の多恵(銀粉蝶)に会いに行く。愛犬みちこの弟妹が生まれたからだった。帰り道、青山は、独立して事務所を立ち上げるにあたって、得意の企業法務だけでなく国選弁護もやっていくつもりだとみちおに告げる。青山は、その国選弁護である案件を担当するため、またイチケイに通うことになる、と続けた。

あくる日、駒沢(小日向文世)は、レアケースの案件が上がってきたので合議制で審理する、とみちおや坂間(黒木華)たちに伝える。それは傷害事件だったが、被告人が『名無しの権兵衛』なのだという。青山が弁護人を引き受けた案件だった。

 第1回公判。どこか飄々とした雰囲気を持つ被告人(板尾創路)は、名前はもちろん、自らの素性を明かすことを拒む。事件は、当時17歳だった被害者の朝倉純(小野寺晃良)の胸部を工具で殴打し、ケガをさせたというものだ。この事件の背景にあるのは、路上生活者に対する少年たちの投石事件だった。河川敷で路上生活者仲間とバーベキューをしていた被告人は、被害者の純を含む5名の少年たちから石を投げつけられた。少年たちを追いかけた被告人は、純を捕まえて注意をした。すると、そのことに腹を立てた少年たちは再び投石行為に及び、路上生活者のひとりにケガをさせてしまう。純を探し出した被告人は、もみ合いになった際に彼が持っていたスパナを奪って殴りつけたという。純は肋骨が折れるほどの大ケガだった。だが、みちおから、起訴事実について間違いはないか、と問われた被告人は、間違っている、嘘だと答えた。そして、自分は嘘が嫌いだ、と言い放ち……。

裁判官であるみちお(竹野内豊)が、元同僚の弁護士・青山(板谷由夏)と癒着し、無罪判決を出しているという告発記事が週刊誌に掲載された。そんな折、みちおを呼び出した日高(草刈民代)は、「地裁の裁判官の任期は10年。任期満了後にはほとんどが再任される。問題のある裁判官以外は――」と告げて……。
 坂間(黒木華)は、日高がみちおを呼び出した理由を知ろうとした。しかしみちおは、カレー店を開くという話だけだったと嘘をつく。みちおの任期終了まであと3週間。再任は、最高裁裁判官会議の指名により内閣が任命するが、実質的にはみちおと因縁のある相手、香田健一郎(石丸謙二郎)が事務総長を務める最高裁事務総局の決定によるものだった。坂間や駒沢(小日向文世)は、ゴシップ記事の裏で何か大きな力が働いていると考え、みちおが職権発動している重過失致傷事件を検証し直すことに。
事件の被告人は大学生の笹岡庸介(菅原健)。自転車競技部に所属する笹岡は、大会に向けて深夜に自主練習をしていた際に、かなりのスピードを出していた上、左側通行を守らず、旅行から自宅へ帰ろうとしていた家族連れと衝突事故を起こす。その事故で、7歳の向井愛が意識不明の重体となっていた。笹岡は、左側通行を守っていたが、角を曲がる際にライトで視界を遮られ、さらに工事用のガードフェンスがあったために右側を走るしかなかったと主張していた。だが、検察の調べによれば、深夜に工事を行っていた記録は一切ないという。坂間は、大きな力で真実を捻じ曲げるなら司法はそれを許さない、と言ってみちおへの協力を申し出る。みちおは、そんな坂間に「この案件が最後になろうとも、僕はいつも通りやるよ」と返すが……。

入間みちお:竹野内豊
坂間千鶴:黒木華
石倉文太:新田真剣佑
井出伊織:山崎育三郎
浜谷澪:桜井ユキ
一ノ瀬糸子:水谷果穂
川添博司:中村梅雀
城島怜治:升 毅
日高亜紀:草刈民代
駒沢義男:小日向文世

「イチケイのカラス」配信状況

「イチケイのカラス」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
FOD PREMIUM2週間
Hulu×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
TSUTAYA TV/DISCAS×30日間

※本ページは2021年6月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

FOD PREMIUMとは?

FOD PREMIUM(プレミアム)は月額976円(税込)で、主にフジテレビ系列の番組が視聴できる動画配信サービスです!

★80・90年代の懐かしいドラマから最新ドラマ、バラエティ、アニメ、映画作品が盛りだくさん!
★FODオリジナル作品あり!
★雑誌、漫画も配信中!
★毎月100ポイントと毎月8日・18日・28日に400ポイントがもらえる(毎月1300ポイントゲット!)
※ポイントはレンタル作品に利用可能
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

↓ FOD PREMIUM配信中の作品! ↓

【2021年4月ドラマ】
イチケイのカラス
大豆田とわ子と三人の元夫
最高のオバハン中島ハルコ
【ドラマ】
・教場
・監察医 朝顔
・青のSP
・知ってるワイフ
・ラストシンデレラ
・姉ちゃんの恋人
・リッチマン、プアウーマン
・ストロベリーナイト
・のだめカンタービレ
・いつ恋
・昼顔


【バラエティ】
・突然ですが占っていいですか?
・TOKIOカケル
・THE MANZAI
・人志松本のすべらない話
・千鳥のクセがスゴいネタGP


【映画】
・コンフィデンスマンJP
・ヘルタースケルター
【ドキュメンタリー】
・RIDE ON TIME
・ボクらの時代


【アニメ】
・鬼滅の刃
・呪術廻戦
・ワンピース
・ゴールデンカムイ
・Re.ゼロから始める異世界生活

感想

みる前はどんなストーリーなんだろうと思っていました。裁判所が舞台のドラマと知って難しそうだなと思っていましたが、意外と見やすいドラマです。
裁判所で働いている人のイメージは真面目、堅物、無表情と言ったイメージでしたが、このドラマのキャラクターはそれぞれ個性的で、ちゃんと人間味もあり、こんな裁判官いたらいいなと思うキャラクターばかりです。
普段裁判所に行くこともほとんどの人がないと思うのでとても新鮮なドラマだと思います。
まず裁判官が主人公になるドラマはあまり見た事がないので、裁判官が来ている法服もなんとなくでしか見た事がなかったので、裁判官はこう言う服を着ているんだと始めてしりました。法服が意外と短いのも新鮮な発見です。
また裁判のひとつひとつに対してもキャラクターが親身になって向き合っているので、こんな裁判官がいたらいいなと思います。
実際裁判所に行く機会はありませんが、見ていてすごく勉強になります。
ストーリーの中でとりあつかっている事件や裁判内容も実際ありそうなので、そこも見やすい要素のひとつだなと感じます。
意外と泣けるシーンもあり、考えさせられる部分もあります。
裁判以外のシーンもそれぞれのキャラクターの人間性や個性があって裁判官も人間なんだよなと感じます。

元弁護士でマイペースな裁判官の入間みちおは、法廷で少しでも気になる証言があると事件自体を再捜査してしまいます。そもそも裁判官が主導で現場検証などを行えること自体、初めて知りました。検察側や弁護側に再度証拠や証拠人の出廷を要請することはあっても裁判官自身が捜査することに驚きです。ほとんどの話の場合、事件の真相が知りたいとかの理由ですが、入間みちおを演じる竹野内豊は、冷静な表情と落ち着いたトーンの声で、「誰もが納得のする判決を出したい」というところがかっこいいです。タイプは異なりますが、まるでHEROの久利生検事のようです。しかも入間は弁護士時代に、草刈民代が演じる日高という裁判官との因縁があり、その裁判で弁護士を辞めており、その後、今の上司の小日向文世の演じる駒沢裁判官に裁判官を勧められて、現在に至っています。そのため、駒沢は事あるごとに入間を庇いますが、そのタイミングが絶妙です。そして、黒木華の演じる坂間千鶴は、最高裁判所の裁判官になることを夢見ており、ここでの勤務は山積みになっている公判を機械的にこなすことを使命として赴任しているため、いちいち職権を発動する入間のやり方にイライラします。そのときの黒木華の早口やキツイ表情が、このドラマに爽快感を与えてくれています。

奥が深くて人情味のあるストーリーになっていてレベルの高いドラマだなと評価しています。先ずは竹野内豊が演じる主人公の入間みちおの異端さというのが魅力的なんです。裁判官では多分いないであろうヒゲを伸ばしていることから始まり自らの足で現場検証を行うという珍しい男です。正義のために真実の為に不当な裁かれかたがないようにと全力を尽くすみちおという存在は好感が持てます。そんなみちおに振り回される周りの人間の反応というのがなかなか面白いんです。特に黒木華が演じる坂間千鶴がみちおにガンガン反発していくのが見どころ満載なんです。みちおのやることなすことが想定を越えていくことから怒りをぶつけまくる千鶴に対してまったく気にしない感じで飄々と交わしていくみちおとのやりとりがこのドラマの一番見ものだと思っています。個人的には書記官・石倉文太が千鶴に恋をしていてそれなりにアピールしているのが面白いんです。それに対して千鶴が一つも気づいていない感じで対応している温度差というのが見ていて楽しいんです。裁判内容というのも二転三転するストーリー展開がよく出来ているし登場人物も個性的だしかなりクオリティが高いドラマになっています。

弁護士でもなく、検事でもなく裁判官をメインとして取り扱うこのドラマは珍しいと思います。普通私のイメージではもう凝り固まった考えをした人が六法全書と判例に則って決まった発言をして判決をくだすというもう一つの事件を扱う最終的なところだと思ってます。だからここに来るまでのところで物語が巻き起こり色んなドラマが生まれると思ってました。でもまさか最終的なジャッジをするここで捜査をして自ら最初の判決や不利な状況を覆すなんて思ってもみませんでした。もう大勢が決まっている事が多いだけにひっくり返した後の爽快感は凄いありますね。ありそうでなかった切り口から紡ぎ出される物語は毎週見応えが満載です。弁護士から裁判官にわざわざなるというみちおの強固な信念は誰にも曲げられないでしょう。千鶴も徐々に影響を受けてきてイチケイ自体が一つの抵抗勢力みたいになってきてますね。草野球なんか見てもチームワークも抜群ですし、力を合わせたみんなの結束は凄いと思います。だから本部の悪意や利己的な事は全て跳ね返してあくまで正しく裁く。人の心を持って。そう信じています。気持ちいいから毎週観たいと思います!どんな次難しい判例が来るか楽しみです!

このドラマでは、竹野内豊、黒木華さんの活躍があり、演技がとても面白いと思いました。

みちおの自由過ぎる行動やマイペースで事件を深掘りしていくシーンは、竹野内豊さんだからできる演技だと考えられました。
みちおの自由過ぎるところとマイペースな性格には、坂間が中々ついていけていない様子が伝わってきました。
2人は馬が合わずに口論になることもあったが、お互いに一生懸命に考えて案件に取り組んでいるシーンが見どころだと思いました。
みちおが坂間の心を読み取ることで、言い合いになっている場面に面白さがありました。
みちおと坂間がお互いに違うタイプである中で、どのように協力して裁判で正しい判決を下していくのか観ておきたいところです。

坂間がみちおの裁判で判決を出すまでの考え方を学んでいる場面は見どころだと感じました。
今後の坂間とみちおがどんな関係に発展していくのかが気になりました。
坂間が徐々にみちおに惹かれていくのではないかと考えられました。
ドラマでは、様々な事案を取り扱っており、考えながら楽しんで観ることができると思いました。
裁判官という業務を、普段考える機会がない中で、どんな業務をしているのか具体的に知る機会を得られたことが良かったです。

以上の内容にて、「イチケイのカラス」感想をまとめてみました。

竹野内豊、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎、小日向文世など超豪華な実力派俳優が大勢揃っていて、キャストも豪華なので見る前からかなり期待していました。裁判官が本来の仕事である「ジャッジ」をしながらも、自ら「捜査」のようなことをして事件解決に向けて奮闘すると言う現実世界ではギリギリありえない部分をテーマとしたストーリーで、見ていてかなり現実逃避をさせてくれています。審議にかけられても実はその人が無罪で、でもそれをわざと有罪にさせようとする人もいて、そんなねじ曲がった真実に対して真相を暴こうとしている竹野内豊の姿はとても勇敢に見えました。現実世界において裁判官である彼が現場検証などを行うことはありえないですが、これほど真実に向き合って事実を知ろうとする人が実際に裁判官だったらこの日本において行われる裁判の中で裁きを受ける人がもっと公平に接されるのではないかと考えてしまいました。また、事件の内容についても脚本がとても凝っていて、元AKBの前田敦子が出演していた回の真実を知った時には衝撃が大きすぎて口が開きっぱなしになるほどでした。これからが裁判や事件などだけではなく、もう少しメインの登場人物の人間性や人間関係に踏み込んだ内容が出てきそうな予感がするので楽しみです。

まとめ

『イチケイのカラス』は、4月5日放送終了後よりFOD PREMIUMで配信です!
初めて登録する方は、2週間無料
無料期間のみ楽しみたい方は、2週間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「イチケイのカラス」は
\FOD PREMIUMで配信!/

※本ページは2021年6月時点の情報になります。
最新の配信状況はFOD PREMIUMへ!

タイトルとURLをコピーしました