劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン/無料動画配信やレンタル・見逃しをフル視聴する方法・感想まとめ

邦画

「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

現在、「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の配信はまだ未定となっております。

Blu-ray・DVDが2021年8月4日に発売が決定しています!

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は
\TSUTAYA DISCASでレンタル配信中!/

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」とは?

京都アニメーションの技術が集結した映画:劇場版ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン
2019年には「外伝-永遠と自動手記人形」も公開されています。

第5回京都アニメーション大賞の大賞受賞、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞。

――あいしてるってなんですか?

かつて自分に愛を教え、
与えようとしてくれた、大切な人。

会いたくても会えない。
永遠に。
手を離してしまった、大切な大切な人。

代筆業に従事する彼女の名は、〈ヴァイオレット・エヴァーガーデン〉。
幼い頃から兵士として戦い、心を育む機会が与えられなかった彼女は、
大切な上官〈ギルベルト・ブーゲンビリア〉が残した言葉が理解できなかった。
──心から、愛してる。

人々に深い傷を負わせた戦争が終結して数年。
新しい技術の開発によって生活は変わり、人々は前を向いて進んでいこうとしていた。
しかし、ヴァイオレットはどこかでギルベルトが生きていることを信じ、ただ彼を想う日々を過ごす。
──親愛なるギルベルト少佐。また今日も少佐のことを思い出してしまいました。
ヴァイオレットの強い願いは、静かに夜の闇に溶けていく。

ギルベルトの母親の月命日に、
ヴァイオレットは彼の代わりを担うかのように花を手向けていた。
ある日、彼の兄・ディートフリート大佐と鉢合わせる。
ディートフリートは、ギルベルトのことはもう忘れるべきだと訴えるが、
ヴァイオレットはまっすぐ答えるだけだった。「忘れることは、できません」と。

そんな折、ヴァイオレットへ依頼の電話がかかってくる。依頼人はユリスという少年。
一方、郵便社の倉庫で一通の宛先不明の手紙が見つかり……。

劇場版「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」公式サイトより

ヴァイオレット・エヴァーガーデン:石川由依
ギルベルト・ブーゲンビリア:浪川大輔


原作:暁佳奈
監督:石立太一
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督:高瀬亜貴子
世界観設定:鈴木貴昭
美術監督:渡邊美希子
3D美術:鵜ノ口穣二
色彩設計:米田侑加
小物設定:髙橋博行
撮影監督:船本孝平
3D監督:山本倫
音響監督:鶴岡陽太
音楽:Evan Call
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン製作委員会
配給:松竹

「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」配信状況

「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の配信状況を調べてみました!

「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の配信はBlu-ray・DVDが発売する2021年8月4日以降となります。

TVアニメシリーズと外伝-永遠と自動手記人形-は、TSUTAYA DISCASで宅配レンタル中です!

配信状況無料期間
TSUTAYA TV/DISCAS30日間
Hulu×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
FOD PREMIUM×2週間

※本ページは2021年5月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

TSUTAYA TV/DISCASとは?

TSUTAYA TV/DISCASは、月額2,659円(税込)で、動画配信&宅配レンタルが楽しめるサービスです!

★TSUTAYA TV(動画配信)&TSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)の両方を利用することができます!
★TSUTAYA TVでは、1万本以上の作品が配信!さらに独占配信の作品あり!
★地上波放送されない作品、ジブリ作品やCDは、TSUTAYA DISCASで!
※無料期間中は旧作のみ
初回登録30日間無料&1,100円分のポイントプレゼント!
※ポイントはレンタル作品に利用可

↓ TSUTAYA TV/DISCASで配信中の作品! ↓


【TSUTAYA TV】
・鬼滅の刃
・キングスマン
・死にたい夜にかぎって
・30歳まで童貞だと魔法使いに
なれるらしい
・トッケビ
・きみはペット
【TSUTAYA DISCAS】
・ジブリ作品全般
・アメトーーク
・プロポーズ大作戦
・やまとなでしこ
・未成年
・聖者の行進
・人間失格

感想

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を観て、「人間らしく生きようとするヴァイオレット」と「再会は叶うのか」が特に魅力的だと思いました。
まず、人間らしく生きようとするヴァイオレットについてです。このアニメでは、手紙を作成する職業をしているヴァイオレットの様子が描かれます。ヴァイオレットは、小さい頃から戦いに身を投じて来たことで他人との交流があまりできず、感情も理解できないまま過ごしていましたが、ひょんなことから幾つもの感情を知ることになります。ヴァイオレットが、感情を手にしていくことで辛い気持ちを味わうことが増えても、人間として感情豊かに生きようとするところに好感を持ちながら観ていました。
次に、再会は叶うのかについてです。ヴァイオレットは、戦場で出会った上官のギルベルトと魅かれ合い、告白もされましたが戦いによって離れ離れになりギルベルトは亡くなったという情報も聞いています。それでも、ヴァイオレットはギルベルトがどこかで生存している可能性に懸けて、ギルベルトとの平和な日々を夢見ています。ヴァイオレットがギルベルトへの恋心を募らせている中で、再会できる日は訪れるのか、切ない気持ちになりながら観ていました。

分裂が進行する世界で、隣の人とも簡単に会話できないような社会に変化してしまった国もある中、“言葉”により分かり合えない人と人とが分かり合えるようになっていくようなそんなストーリーでした。
これほどまでに純粋に感動して心が揺さぶられるようなアニメを見たのは久しぶりで、制作された京アニや関係者の方にお礼を言いたいくらいです。
やはり、テレビシリーズを見てから本作を鑑賞した方がより一層楽しめるので、ぜひ見てほしいと思います。
作画の美しさもさることながら、ストーリーの良さや140分という長時間なのにそれを感じさせないほどで素晴らしかったです。
そして、散りばめられていた伏線を回収していく脚本には驚きました。
声優さんの演技力にも驚かされ、中でも子安さんのあるシーンの演技が作画との相乗効果でとても印象深かったです。
結末には、それぞれ賛否があるように思いますが、ヴァイオレットの生涯を描ききるとしたらこの終わり方しかなかったように感じます。
そして、京アニのあの事件を思い返すと作中でのセリフ「生きている限り忘れられない」に深みがあり、テレビシリーズで少佐への思いを振り切っていたように見えた部分を再び取り上げることに深く共感しました。

分裂が進行する世界で、隣の人とも簡単に会話できないような社会に変化してしまった国もある中、“言葉”により分かり合えない人と人とが分かり合えるようになっていくようなそんなストーリーでした。
これほどまでに純粋に感動して心が揺さぶられるようなアニメを見たのは久しぶりで、制作された京アニや関係者の方にお礼を言いたいくらいです。
やはり、テレビシリーズを見てから本作を鑑賞した方がより一層楽しめるので、ぜひ見てほしいと思います。
作画の美しさもさることながら、ストーリーの良さや140分という長時間なのにそれを感じさせないほどで素晴らしかったです。
そして、散りばめられていた伏線を回収していく脚本には驚きました。
声優さんの演技力にも驚かされ、中でも子安さんのあるシーンの演技が作画との相乗効果でとても印象深かったです。
結末には、それぞれ賛否があるように思いますが、ヴァイオレットの生涯を描ききるとしたらこの終わり方しかなかったように感じます。
そして、京アニのあの事件を思い返すと作中でのセリフ「生きている限り忘れられない」に深みがあり、テレビシリーズで少佐への思いを振り切っていたように見えた部分を再び取り上げることに深く共感しました。

最後のシーンを忘れることができません。最後に一人だけ歩くエヴァーガーデンの姿を見ていたのにそれを追い越し終わりになった瞬間には私なりの解釈になってしまいますが、彼女の物語はここで終わりなんだと気付かされました。テレビで見ていたアニメの一話一話どれもが素敵で泣いてしまう内容でしたが映画ではその最終傑作を描かれていました。序盤から感動してしまうような始まり方には胸が打たれました。京アニは人の表情だけに拘っているわけではなく風景や物などの細部にも拘りぬいているので映画を見ていて美しさが際立ちそこを含めて泣ける要素になっています。素敵な作品を作り続けている京アニはすごいです。この映画のストーリーには映画のテーマにもなっている「愛してる」がどれだけぴったり当てはまっているかと思いました。エヴァーガーデンのだんだんと感情が出てくるところや今までの生い立ち、大切な人の結末、すべてに対する表情一つ一つが物語っていて本当に感動します。この映画では今の時代LINEなどで伝えることが多くあまり多くのものが伝わらない世界にたいして手紙で伝わることの大切さや多さについて物語っているところもあると感じ改め人が考えて書いた文字がどれだけ偉大かを感じることができました。

不幸な生い立ちと壮絶な過去を抱えながらも、前向きに生きていくヒロインを応援したくなりました。戦争によって両手を奪われたヴァイオレット・エヴァーガーデンが、手紙の代筆を任されたというのも運命的です。あっという間に人気者の自動手記人形「ドール」となり、3カ月待ちという状況にも納得ですね。ワンクリックのメール送信で何でも済む今の時代に、手書きにしかない人間的な温かさについて考えさせられます。全身サイボーグのような無表情でタイプライターを叩くだけだったヴァイオレットも、少しずつ本来の優しさを取り戻していくようで微笑ましいです。名前もなく捨てられた彼女に花の名前「ヴァイオレット」を与えた、ギルベルト少佐との再会が叶うのかもこの物語の大きな見どころです。他人の気持ちを代わりに伝え続けた彼女が、愛する人に自分の想いを届けることができるのか見届けてあげてください。水彩画のように繊細に描かれた背景は京都アニメーションならではで、終盤の舞台となる灯台と海に囲まれた孤島の美しさには目を奪われてしまうでしょう。本作品に携わったクリエイターの中には若くしてこの世を去ってしまった方も多く、エンディングに流れるスタッフロールは涙なしには観れません。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、戦争の為に兵士として育てられ「命令に従う」ことでしか自分の存在意義を見出せなかった少女でした。戦火の中、彼女の中で唯一絶対だったのは直属の上司である少佐ただ一人。しかしそんな少佐とも戦いの最中に別れが訪れます、「愛している」という言葉を残して。戦争は終わり、ヴァイオレットは新たな職に就くことになります。通称・自動手記人形(ドール)と呼ばれる手紙の代筆屋です。人間の感情の機微など知らずに育った彼女は、暖かく見守ってくれる社長のホッジンズや同僚の助けを借りながら、人の心や言葉に乗せた想いというものに触れていきます。いつか少佐が言った「愛している」の意味を知りたいと奮闘する物語です。時は流れ、一人前となったヴァイオレットは人気のドールとして活躍していました。そんな時、同僚のベネディクトが倉庫で一通の差出人不明の手紙を見つけます。その筆跡を見たヴァイオレットは生死の分からない少佐の文字ではないかと、期待と不安に胸を膨らませ、いてもたってもいられなくなります。そして意を決して手紙が投函された孤島へ、少佐の消息を確かめる為に出発します。今こそ少佐に自分の想いを伝えたい、少佐との再会を信じて旅立つ姿は儚くて強く、涙なくしては観られない映画です。

まとめ

初めて登録する方は、30日間無料&1,100円分のポイントがプレゼント
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は
\TSUTAYA DISCASでレンタル配信中!/

※本ページは2021年5月時点の情報になります。
最新の配信状況はTSUTAYA TV/DISCASへ!

タイトルとURLをコピーしました