35歳の少女【ドラマ】公式見逃し配信を無料動画で全話フル視聴する方法/柴咲コウ主演

国内ドラマ

ドラマ「35歳の少女」は、毎週土曜22時より日本テレビ系列で放送中!
10歳の女の子が不慮の事故に合い眠り続け、25年後に目覚める。しかし心は10歳のままで体は35歳というすべてが変わってしまった世界に彼女は戸惑いながらもどのように生きていくのか…、といった成長物語。
主演は柴咲コウ。心は10歳といった難しい役に挑みます。

こちらでは、「35歳の少女」の動画を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャストをまとめています!

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!


「35歳の少女」

Hulu】で配信中!

Huluより

⇩ ⇩ ⇩

\初回登録2週間トライアルあり!/

こちらの作品もHuluで配信中です!
 ⇩  ⇩  ⇩

『35歳の少女』 を無料で視聴する方法は?

『35歳の少女』は、動画配信サービス【Hulu】で配信中です!

そこで【Hulu】がどういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

日テレ系番組が豊富なHulu!
初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみ
お楽しみいただくことも可能!
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうとお金は一切かかりません!

Hulu解約・退会方法や注意点は?


\初回登録2週間無料トライアルあり!/

 

本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。


ドラマ「35歳の少女」あらすじ

幸せの象徴のような新築の一軒家・今村家。お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた10歳の長女・望美のぞみはその日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていた。しかし次の瞬間、コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出され……。

病室で目を覚ました望美(柴咲コウ)の目の前に広がるのはなんと25年後の『現在』!実は事故の後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵たえ(鈴木保奈美)の必死の介護によって奇跡的に目を覚ましたのだった。しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次しんじ(田中哲司)はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美まなみ(橋本愛)は不機嫌で刺々しい大人に変わり果てていた。そして望美自身は、心は10歳、体は35歳の『35歳の少女』である自分を受け入れられず……。

現在に馴染めないまま退院を迎えた日。多恵はお祝いにすき焼きを用意していた。実はすき焼きは家族にとって因縁の料理。まだ声の出せない望美を囲み、ある“秘密”を抱えたぎこちない家族の食卓が始まる。そこに望美の初恋相手・広瀬結人ひろせゆうと(坂口健太郎)が訪ねてくるが……。

望美(柴咲コウ)は、元・初恋相手の結人ゆうと(坂口健太郎)の励ましを受け、25年の月日が流れた現実を受け入れようと決意したものの、変わり果てた世界にまだ馴染めない。眠っている間に生理が始まり大人の体になっていることにも改めてショックを受ける。多恵たえ(鈴木保奈美)は自分の体にも今の世界にも早く慣れるよう望美を急かし、子供っぽい言動を諌める。

一方、広告代理店で働く愛美まなみ(橋本愛)は元カレで上司の相沢あいざわ(細田善彦)が使えない後輩・藤子ふじこ(大友花恋)と付き合っていることにストレスを抱えていた。そして進次しんじ(田中哲司)は再婚相手・加奈かな(富田靖子)の連れ子・達也たつや(竜星涼)が仕事を辞め部屋に引きこもっていることに悩んでいた。別々の場所でそれぞれに人生の行き詰まりを感じている家族。望美は自分が原因で家族がバラバラになってしまったことに心を痛める。

そんな中、相沢の気を引きたい愛美は代行業をしている結人に恋人のふりをしてくれと頼む。愛美の歪んだ恋愛感情に呆れつつ依頼を受けた結人は、望美の様子が気になっていた。その頃、かつてアナウンサーになることを夢見ていた望美は、事故の直前まで録りためていた古いカセットテープを聞き、あることを思いつくと、結人に連絡する・・・。

のぞみ(柴咲コウ)は、家族に成長宣言したため、努力するが、うまくいかない。昔から教えることが得意だった元教師の結人ゆうと(坂口健太郎)に勉強を見て欲しいと思う望美。しかし、娘が結人と近づくことをよく思わない多恵たえ(鈴木保奈美)は、学習塾に通わせようとするが、望美はついていけない。

一方、進次しんじ(田中哲司)は部屋に引きこもる義理の息子・達也たつや(竜星涼)との関係を修復しようと、加奈かな(富田靖子)の制止を振り切って部屋のドアを叩く。しかし、達也は、いきなり100万円を要求する。
仕事での功績が評価されない愛美まなみ(橋本愛)は、相沢あいざわ(細田善彦)と藤子ふじこ(大友花恋)の順調な恋を前に公私ともに絶不調。結人に愚痴聞き代行を頼むが、酔った勢いで大失態をおかしてしまう!

そんな中、望美は自分のことを巡って多恵が愛美や進次と衝突を繰り返し、家族の溝が深まっていることを悲しく思っていた。結人に会って相談する望美は、世の中を知るために結人の代行業を手伝うことになる・・・。

望美(柴咲コウ)は、多恵たえ(鈴木保奈美)のことをなぜか鬱陶しく感じ始めていた。そんなこととはつゆ知らず、朝から望美の好物を用意して娘にベッタリする多恵だが……。

一方、愛美まなみ(橋本愛)は相沢あいざわ(細田善彦)の自宅前での泥酔熱唱動画が会社内で出回り、進めていたプロジェクトをおろされてしまう。藤子ふじこ(大友花恋)の仕業だと確信するが、さらなるトラブルに発展し……。会社で早期退職を勧められた進次しんじ(田中哲司)は加奈かな(富田靖子)に打ち明けられず、引きこもる達也たつや(竜星涼)の問題も解決の糸口を掴めずにいた。

そんな中、結人ゆうと(坂口健太郎)が家庭教師に来ることに心躍る望美は勉強が捗り、中学の学習内容に進むことに。本当は通うはずだった中学校を見に行くと、下校途中の生徒の会話に激しく共感!中学生たちとまるで同い年のように意気投合し、すっかり中学生のノリに染まる望美。結人はそんな姿に戸惑いつつも、多恵に成長を見守るよう提案するが……。自分の行動に口出ししてくる多恵や進次の情けない姿に、経験したことのない“反抗期”のイライラを感じる望美を、新たなトラブルが待ち構えていた……!

望美のぞみ(柴咲コウ)は子供時代の記憶を懐かしく感じ始めていた。多恵たえ(鈴木保奈美)は、急速に大人びて来た思春期のような望美と、家庭教師の結人ゆうと(坂口健太郎)の関係を不安げに見守るが……。
一方、愛美まなみ(橋本愛)は実力を認めてくれない職場に不満を抱えつつ、困った時だけ優しくしてくる相沢あいざわ(細田善彦)への思いを断ち切れずにいた。そして進次しんじ(田中哲司)の家では達也たつや(竜星涼)が荒れ、加奈かな(富田靖子)が怪我をする事態に。加奈は、2日後に迫った達也の誕生日に、要求された整形費用100万円を渡すつもりだと進次に告げる……。
そんな中、結人への気持ちがますます募る望美は、いちいち心配してくる多恵に“もう結人と付き合っている”とフライング交際宣言!結人は積極的に気持ちをぶつけてくる望美に戸惑いを隠せない。その一方で望美は、生徒が自殺した過去を持つ結人が、本当は教師に戻りたい気持ちを誤魔化していると感じていた。相変わらず代行業でその日暮らしを続ける結人が恋人代行の仕事に向かうと聞いた望美は、心配で後を尾ける。しかし結人に恋人役を頼んだ相手は愛美だった…。

望美のぞみ(柴咲コウ)は、初めて多恵たえ(鈴木保奈美)から離れることに不安を隠しながらも、結人ゆうと(坂口健太郎)との「幼い同棲」を始める。周囲に交際を認めてもらうために真面目に生きようと誓う結人と望美。代行業をやめて教師の職を探す結人は、望美がアナウンサーの夢を諦めていないことを知るが、現実の厳しさを伝えられずにいた。一方多恵は、望美のいない寂しさを紛らわせように仕事に没頭する……。
勢いで会社を辞めた愛美まなみ(橋本愛)は、夢だったグラフィックデザイナーを目指すも就活は難航。お酒のトラブルで会社をクビになった進次しんじ(田中哲司)は行き場をなくし、酔って時岡家を訪ねる。望美が出て行ったことを知り、つい多恵に勝ち誇ったような態度をとるが、一蹴される。
一方、理想の教師像を掲げる結人は、採用してくれる小学校が見つからず次第に追い込まれていく。そんな結人を励まし、自分もアナウンサーになる努力を続ける。そんな中、愛美が二人のアパートを訪れる。無邪気に夢を追う望美から“本当は多恵の元に帰りたいのでは?”と本質をつかれついカッとなる愛美。さらに家族の幸せを心から願う望美は、思いがけない行動に出る。

望美のぞみ(柴咲コウ)は喧嘩別れしてしまった家族のことが内心気になりつつも、これからは結人ゆうと(坂口健太郎)のために生きようと決める。しかし、両親に挨拶させてほしいと頼む望美に、結人は家族とは縁を切ったと濁す……。
一方、家庭内別居状態が続く進次しんじ(田中哲司)は、加奈かな(富田靖子)から離婚届を突きつけられる!さらに、謎の大金を手にした達也たつや(竜星涼)は本当の父親に会いに行ったと言い……。そしてデザイナーとして就職先の見つからない愛美まなみ(橋本愛)は、鉢合わせた相沢あいざわ(細田善彦)と藤子ふじこ(大友花恋)から結婚の報告を受け荒れていた。
教師としての理想を叶えられる小学校を見つけられない結人は人知れず追い詰められていた。そんな中、アナウンサーの夢を諦め洋食屋でアルバイトを始めた望美の元に多恵たえ(鈴木保奈美)が現れる。“普通の人生”を歩もうと焦る心の内を見すかされながらも、多恵の前で強がる望美。多恵は、“結人が望美の気持ちを受け止められなくなる”と、不吉なことを言い残す。
その日、再び両親に紹介してほしいと頼まれ根負けした結人は、望美を連れて実家へ。そこで望美は、今まで知らなかった結人の家族関係を目の当たりにする。

望美のぞみ(柴咲コウ)は家族と結人ゆうと(坂口健太郎)の前から姿を消し、連絡もつかない状態になっていた……。望美を探しながらも再び教師として働き始めた結人は、クラスで浮いている生徒の力になりたいものの、成績第一の教育方針に馴染めずにいた。そんな中、結人は望美の手がかりを求めて愛美まなみ(橋本愛)に連絡。デザイナーの夢に挫折した愛美は結人がかつていた代行業の会社に登録していた……。
その頃、売りに出された時岡家では内覧が始まる。心ここにあらずの多恵たえ(鈴木保奈美)は、見学に来た家族の娘を思わず望美と重ねてしまう……。一方、離婚危機の続く今村家では進次しんじ(田中哲司)が口をきいてくれない加奈かな(富田靖子)に手を焼く。さらに達也たつや(竜星涼)は加奈と実の父親から手に入れた大金を手に「でっかいことやってやる」と家を飛び出し、慌てて後を追う進次だが……。
ひょんなことからついに望美の居場所が判明する!25年間を奪われた望美は今、別人のような姿に豹変し意外な生活をしていた……。
そして、意外なところから、ついに望美の居場所が判明する!
25年の時間を奪われた望美の絶望と怒りは、彼女を別人のように変えてしまっていた。
何とか元の姿に戻ってもらいたい結人は、意を決して、ある人に会いに行く・・。

望美のぞみ(柴咲コウ)は多恵たえ(鈴木保奈美)が倒れたことに衝撃を受けつつも心を閉ざしたまま、愛美まなみ(橋本愛)と進次しんじ(田中哲司)に危険な状態の母を任せて病院を後にする。倒れる前に母が書いていた日記を読んだ愛美は、母が望美を説得できたら家族ですき焼きを食べようとしていたことを知り、望美に改心するようお願いするが、一蹴されてしまう。一方結人ゆうと(坂口健太郎)は、多恵が倒れた責任を感じつつも、今の自分では望美に何も伝えられないと感じていた。そんな中、学校では不登校の生徒が転校すると知り、実家では父親の容態が急変する!そして進次は自分の今の家族関係を清算しようと加奈かな(富田靖子)と達也たつや(竜星涼)に立ち向かう。多恵が倒れたことを機にそれぞれの歪んだ時計の針が動き始める。果たして凍り付いた望美の心に届く言葉はあるのか?

望美のぞみ(柴咲コウ)は多恵たえ(鈴木保奈美)を亡くした喪失感に沈みながらも、両親が残した家に愛美まなみ(橋本愛)と共に住むことを決める。一方で結人ゆうと(坂口健太郎)との再会を望むが、中途半端な自分のまま連絡する勇気が持てずにいた。
今村家では家族として再生を始めた3人が食卓を囲んでいた。進次しんじ(田中哲司)と達也たつや(竜星涼)はそれぞれある決意を胸に抱いているがまだ言い出せずにいた。
デザイナーとして就職先を見つけられない愛美は相沢あいざわ(細田善彦)と遭遇。藤子ふじこ(大友花恋)と破局したことを知った愛美は、新しい会社で一緒に営業をしないかという誘いに心揺れる……。そんな中家に帰ると、母を死なせてしまった罪悪感と虚無感から放心している望美を見て、愛美は姉を元気付けようと結人に電話するが、二人は頑なに会うことを拒む。
教え子がいじめを苦に転校を決めたことに悩む結人は自分にできることはないのかと無力感を感じていた。生徒の家に行き、助けになろうと必死に説得する結人であったが、生徒は部屋から出てくることはなかった……。翌日、結人は退職願を手に最後の授業に臨む……!
それぞれが自分の生き方を模索する中、望美の元にある結婚式の招待が舞い込み、そこで結人との再会を果たすことになる・・・壮絶な人間ドラマの最後の幕が上がる。

ドラマ「35歳の少女」キャスト

時岡望美:柴咲コウ
 明るく無邪気で能天気な小学4年生。 何かにつけてすぐに感情が爆発、とにかく“喜怒哀楽”が激しい。 将来の夢はアナウンサーで、現場リポートが日課。 クラスメイトの広瀬結人に思いを寄せている。 10歳の時、自転車で事故に遭い昏睡状態に。 25年後、心は10歳、体は35歳で目覚める。 

廣瀬結人:坂口健太郎
 望美の初恋の相手。 一度小学校の教師となったが、ある事件をきっかけに退職。 自信のなさを隠すために、他人を批判と上から目線でなんとか自分を守っていたが、望美との“再会”で、そんな自分を見直していく。 望美への想いもふたたび芽生え始める。 

今村進次:田中哲司 
望美の父。 大手ハウスメーカーの営業マン。 昔は愛する家族のため、お客様のため家を次々に売るほど、優秀で、何度も社長賞をもらっていた。 望美の事故から5年後、妻と離婚し、再婚するが、義理の息子が引きこもりになってしまい、仕事ももっぱら、アフターサービスが中心。 家庭も仕事も行き詰まっている。 

今村達也:竜星涼 
加奈の連れ子。 大学卒業後、企業に就職するもいじめに遭い、2年で退職。 その後、1年以上引きこもっている。 

今村加奈:富田靖子 
進次の再婚相手。 多恵とは対照的に控え目で穏やかな性格。 進次が前の家庭に未練があることに気付きながらも何も言えていないでいる。

 相沢秀男:細田善彦 
愛美の勤める大手広告会社の営業部課長。 愛美の重い愛にうんざりし別れたがストーカーまがいの行動で追い回される。

 林田藤子:大友花恋 
愛美の部下で相沢の恋人。 大手飲料メーカーの役員の父を持ち父親のコネで入社。 大切に甘やかされて育ったためチヤホヤしてくれるのは当然と思っている。

 時岡愛美:橋本愛 
望美の3歳違いの妹。 大手広告代理店の営業部門で働く。 美人で仕事もできるしっかり者だが、外見とは裏腹のメンヘラ“かまってちゃん”タイプ。恋愛には不器用で、付き合う男は決まって去っていく。 望美の事故後、環境の変化で自分の存在意義に苦しむようになり、望美の目覚めを素直に喜べないでいる。 

時岡多恵:鈴木保奈美 
望美の母。 望美の事故後、夫の進次と離婚し、二人の娘を女手ひとつで育ててきた。 25年間望美の介護をしながら保険の外交員として働く。 家族の中心で、みんなに降り注いでいた笑顔は消え、頼れるのは、自分だけになってしまった。 「いつか、娘が目覚める」ことだけを信じて生きてきたが、その夢が叶った時、彼女の時計は、別の方向に動き始める。

Huluオリジナルストーリー「25年前のあなたへ」

望美(柴咲コウ)がいなくなって1ヶ月。結人(坂口健太郎)は、望美を探していた。思い出の地の図書館に行くと、そこには10歳の結人(込江大牙)が望美(鎌田英怜奈)にかつて告白できなかった現場に遭遇…!望美がいなくなり悲しみに暮れる25年後の自分に、10歳の結人がかける言葉とは?

元妻・多恵(鈴木保奈美)が倒れる前、進次(田中哲司)は、かつての家族の家を訪れていた。するとそこには、25年前の若かりし進次が・・・!幸せで仕事もバリバリこなす過去の輝かしい姿を見て、現在、無職&家庭崩壊危機の進次は、過去の自分に「困ったときのとっておきの方法」を聞く。田中哲司の1人2役は必見!

母・多恵(鈴木保奈美)を失った愛美(橋本愛)はこれからのことを姉・望美(柴咲コウ)と話そうと実家を訪れた。するとそこには、7歳の愛美(阿部久令亜)と10歳の望美(鎌田英怜奈)が現れ、愛美に未来のことについてアレよコレよと質問攻めに!25年後、車は空を飛んでいますか?25年後、マナちゃんは何をしていますか?無邪気な子供たちと、ツッコミまくりの愛美が繰り出す、笑い満載ハートフルアナザーストーリー

北海道のローカル局で夢だったアナウンサーになるため単身働き始める望美。慣れない仕事に毎日ヘトヘトで自身もない中、取材で「とんぼのめがね」の歌が聞こえる。懐かしさから近づくと、そこには母・多恵の若かりし姿が!「ママは、今の私を見て褒めてくれるかな?」望美が聞きたかった母の言葉とは?

みんなの感想

25年間の眠りから覚めた35才の女性だが、心の中は未だに10代レベルに思われる、純粋さと、希望と正しさの中で生きようとする気持ち。社会の現実に触れていくことで、凄まじいスピードで心の成長が感じられるシーンが多々あり、実際にこのような奇跡が起きても近い状態になるかもしれないと思わせてくれる脚本が良く、見どころ。喫茶店でウエイトレスとして働きながら、仲間のスタッフを国籍を超えて、自分の意見をハッキリ言うシーンなどは今の何となく事勿れ主義的に、先に謝罪してやり過ごしてしまおうと言うような風潮を否定しているように感じられて、心地よい対応だった。理不尽な、余りにも相手を思わない金を払っているのだから!的な対応を時々見かける今だからこそ、このような気持ちを持って仕事に取り組む事が、お金を稼ぐ者達のプライドに感じられて魅力的だった。妥協してやり過ごして、生きて欲しくない!彼女の純心な気持ちが、家族に対しても、彼に対しても正直に想いをぶつけていける姿。みんな違う、違って当たり前の事実を理解していく前に、とことん考えて話し合ってお互いに違うことを知って尚、相手を思い相手の為に自分の出来る事を誠意を持って行動する、そんな彼女の心に魅力を感じます。

20数年も眠ったままというのはある意味神秘的。
眠っていた本人からしたら全てが別物のような世界に変わってしまい間違っていないけど正論だけではやっていけない世の中を目の当たりにし、どうしたらいいのか思い悩みながらも前に進もうとしている姿が印象的です。
柴咲コウさんの表情の変化が巧くて自分の意見なんかを叫んでいる場面が素敵でした。
そんな彼女を近くで見守りながらも自分の思いとも葛藤している結人もなんだかんだ初恋の相手でもある望美を大切にしているのでどうか最後まで一緒にいてほしいなと期待を込めながら観ています。
望美の家庭ではこの20数年の間でいろいろと壊れてしまったんでしょうが中でも父親が一番取り残されているようで過去の失敗をずっと後悔しているかのようで男性によくある女々しいところが随所に出ているのが目立つので、なんとか立ち直って娘達や息子に対して力になって大人としての見本を今からでも見せてほしいなと願いたいです。
最終的に家族としてどんな形になるのか、引きこもりの息子は大丈夫か、望美と結人は無事結ばれるのか様々な関係性がどこに落ち着くのかまだ見えないので期待を込めて引き続き注目したい作品です。

なんと言っても柴咲コウさんの子供の演技が一番の見どころだと思ってます。人目をはばからずあられもなく泣いてしまう姿は、さすが女優だなと感心してしまいます。そして35歳という実年齢なので、徐々に成長していく。ただそのまま少女というわけではく、少しずつ思春期や反抗期、そして少女から大人になっていく様を演じる大変さは想像以上に難しいと思います。でもその彼女の反応を受けて多恵がもう味わえないと思っていた反抗期に感動し、涙する。また無邪気でなんでも思った事を口にしてしまう望美にまわりのみんなは苛立つ。そしてそのまわりの大人たちは諦めや仕方ないという気持ちから、決して自分が一番望んでいるわけではない選択をしてきて後悔したり思い出して新たな再スタートを切ってみたり挑戦する。少しずつ成長していく望美の反応を見ながら、そんな周囲の人間模様も変化していく。そういった楽しみ方ができるドラマだと思ってます。いつも正しい顔をしている多恵は果たして何かを反省したり、正そうとしたりもう少し柔らかくなったりするのでしょうか。進次や愛美もそうですが、多恵が変わる事がこのドラマの一番の転換期だと思ってます。なかなか変わらない現実に疲れている結人にもこの先どうするか注目です。結末が楽しみです。

このドラマで1番好きな登場人物が橋本愛が演じる愛美です。美人で仕事も出来る女性なんですが元彼の相沢のことが絡むとどうしようもなくなる所が見ていて面白いんです。酔っぱらって相沢の家の前で叫んだり吐いたりしているのを動画に撮られていた場面は見ものです。撮っていたのが相沢の恋人・藤子で社内に拡散させたことで愛美がブチギレるんです。藤子を思いきりビンタしてぶっ殺すと言って馬乗りにして殴るという光景はなかなか女性では見ないシーンで圧倒的に記憶に残りました。橋本愛は普段の演技も上手いんですがこういった暴力的だったりキレてる演技というのが抜群にリアルだなと評価しています。そして心は10歳身体は35歳という望美に対してはピュアさというのが魅力的です。真っ直ぐな考え方というのを見ていると世の中がどれだけ嘘ばかりなんだろうと気づかせてくれる存在なんです。望美が結人への愛情を言葉にするのも変化球がなく直球勝負を繰り広げるのが清々しいなと思いながら見ています。ただ個人的には結人と愛美がお似合いかなとは思っているんです。しかし流石にドラマの雰囲気上結ばれることはないのかなと見ています。最終的には望美と結人が結ばれるんだろうなと想定しながらドラマを楽しんでいます。

このドラマは望美が少しずつ大人へと、成長していくところが見どころです。眠りから覚めて現実世界というものを、日々新鮮に感じていく望美が印象的です。いままで知らなかったことがたくさんあることに、気づいていくのがリアルです。
そして望美の母は、なんとか望美を大人にしようと必死なのが伝わってきます。望美が辛い思いをしないように、いろんなことを教えていく姿が見どころです。母は望美への思いがとても強くて、どこか焦っているような気がします。
また広瀬は望美をやさしくサポートするのが見どころです。望美のことをちゃんと理解してあげて、望美の思うようにさせてあげるのが良かったです。でも時に怒ったり間違っていると指摘するのも心にグッときます。
望美が一つ一つ出来ることが増えて、何かに挑戦したいと思うようになるのがエネルギーを感じます。自分にはできないと思うのではなくて、あれもこれもしたいと純粋に思えるのが素敵です。怖いものなんてないとまっすぐ突き進めるメンタルは、見ていて羨ましいです。
家族が望美をきっかけに変わっていくのも見どころです。望美の存在が周りに、大きな影響を与えていくところがとても強く感じられる作品です。

35歳の役柄としての柴咲コウさん、でも中身は小学生のままっていう役柄を上手く演じていると思えました。大人と小学生のときの自分との入れ代わりの激しいストーリーでしたが、徐々に大人の女性としてのストーリー展開になるのだけど、中身が追いついておらず、喋り方もぎこちない、大人といるより子どもたちといるほうが楽しい、そうした感情表現も見事に演じている作品だと思いました。家族がいるけれど、それぞれに離婚してからの状況にもフォーカスされていて、個人的にこの家族の状況が気になる内容です。お母さんも娘を溺愛しているのは理解できるけれど、命がけでっていうシリアスな部分も表現されていて、ホストに殴られてるシチュエーションはちょっと怖いくらいでした。それだけ、親なら子どもを想うものなのだろうけど、ミステリアスな何かを隠しているのにも期待が膨らみました。お父さんも、離婚してからは、新しい家庭があって、そこでも困難な状況があって、主人公には妹もいるけど、妹にもそれなりに生きづらさがあって、時間の経過がこんなにも起承転結な結果になるのかと、考えさせれます。もちろん、35歳の中身を手に入れたらどうなるのか、そこも気になる点です。

まとめ

ドラマ「35歳の少女」は、Huluで配信中です!

見逃してしまった方やまとめて見たい方は是非チェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました