ヘルタースケルター動画配信レンタルや見逃しを無料でフル視聴する方法!沢尻エリカ×蜷川実花作品!【映画】

邦画

沢尻エリカ×蜷川実花のコラボで実写化された映画『ヘルタースケルター』。
完璧な美貌で芸能界の頂点に君臨するトップモデルのりりこ、しかしその美しさは全身美容整形によるものだった。
沢尻エリカが体当たりで挑んだ衝撃作、世間の評価は?

こちらでは映画『ヘルタースケルター』を無料で視聴する方法をまとめています。

映画『ヘルタースケルター』予告編

映画「ヘルタースケルター」のフル動画は
U-NEXT』で見放題配信中です!

 初回登録は31日間無料
\600ポイントプレゼント!/

 ⇩ ⇩

※無料期間内に解約すればお金はかかりません

映画『ヘルタースケルター』 を無料で視聴する方法は?

『ヘルタースケルター』は、動画配信サービス【U-NEXT】【ABEMAプレミアム】で配信中です!

そこで【U-NEXT】【ABEMAプレミアム】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ABEMAプレミアムでも
配信中です!

\初回登録14日間無料!/

オリジナルコンテンツが豊富な【ABEMAプレミアム】

【ABEMAプレミアム】は、月額960円(税込)で映画・ドラマ・アニメなどに加え、国内唯一の緊急・速報をはじめとした24時間編成のニュース専門チャンネル編成や、オリジナルドラマや恋愛リアリティーショー、スポーツなど多彩な番組をお楽しみいただけます!

ABEMAプレミアムの特徴

①オリジナルエピソード数は国内No.1

②映画・ドラマ・バラエティ・恋愛リアリティーショー
アニメ・スポーツ・ニュースなど幅広い番組が全て見放題

③話題の有名人・芸能人・アーティスト・声優が出演

④アニメの地上波同時放送や独占先行あり

⑤放送中でも最初からみられる「追っかけ再生」機能

⑥「動画ダウンロード」機能で通信量を気にせず楽しめる

⑦放送後の番組でもコメントが楽しめる
※一部対象外の番組あり

初回登録14日間無料トライアルあり

会員登録はメールアドレスと決済登録のみで完了!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
メニューにある視聴プランの画面からすぐに解約できます!



本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はABEMAプレミアムサイトにてご確認ください。

250×250

あらすじ

トップモデルとして芸能界の頂点に君臨し、人々の羨望(せんぼう)と嫉妬(しっと)を一身に集めるりりこ(沢尻エリカ)。だが、その人並み外れた美ぼうとスタイルは全身整形によってもたらされたものだった。そんな秘密を抱えながら弱肉強食を地でいくショウビズの世界をパワフルに渡り歩く彼女だったが、芸能界だけでなく、世間をひっくり返すような事件を引き起こし……。

キャスト

りりこ(本名:比留駒 春子):沢尻エリカ

麻田誠:大森南朋

羽田美知子:寺島しのぶ

奥村伸一:綾野剛

吉川こずえ:水原希子

沢鍋錦二:新井浩文

保須田久美:鈴木杏

塚原慶太:寺島進

浜口幹男:哀川翔

南部貴男:窪塚洋介

和智久子:原田美枝子

多田寛子:桃井かおり


監督:蜷川実花

脚本:金子ありさ

原作:岡崎京子『ヘルタースケルター』(祥伝社フィールコミックス)

沢尻エリカ 映画「ヘルタースケルター」の世界 衝撃の豪華キャスト篇

原作

「ヘルタースケルター」といえば、沢尻エリカさんの「別に・・・」騒動で一時期表舞台から姿を消されていましたが、そんな沢尻エリカさんの復帰作!!として大変注目を浴びた作品ですよね。

実際に映画が公開されてからも沢尻エリカさんの美貌や演技力もあって、たくさんの方が視聴されていましたね。

そんな「ヘルタースケルター」の原作を紹介していきます。

「ヘルタースケルター」という作品は、岡崎京子さんの漫画が原作となっています。

1996年まで、「FEEL YOUNG」で連載されていましたが、ストーリーは未完のままとなっています。

未完のまま連載が終了してしまった直後、岡崎京子さんは交通事故にあって意識不明の重体となってしまいました。

その後療養生活を行っています。

そんな岡崎京子さんの「ヘルタースケルター」という漫画は、第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞しています。

この時岡崎京子さんは既に交通事故にあった後で療養生活を行っていたため、岡崎京子さんの弟さんが受賞コメントを発表されていました。

そんな岡崎京子さんの漫画は、蜷川実花さんが監督を務め、沢尻エリカさん主演で2012年に実写映画化されており7月14日より全国で公開スタートしました。

主題歌

私もこちらの作品は何度か視聴していますが、そういえば主題歌は浜崎あゆみさんだったな!!と思い出しました。

楽曲名:evolution

浜崎あゆみ / evolution

浜崎あゆみさんのこちらの楽曲は、2001年にリリースされました。

2012年に公開された作品で、なぜ2001年にリリースされた浜崎あゆみさんの楽曲が主題歌になったのでしょうか?

まず浜崎あゆみさんの「evolution」が起用されたのはこの作品の監督を務めた蜷川実花さんの強い希望があったからなのだそうです。

映画のテーマが「東京という街に消費されながらもしなやかに立ち続ける女性を描くこと」ということもあり、このテーマにぴったりな日本のアーティストは「浜崎あゆみさんしかいない」と思ったのだそうです。

確かに、浜崎あゆみさんは日本を代表する歌姫で、熱烈なファンも大勢いますが、特にファンではないという方も、一度は浜崎あゆみさんの楽曲を耳にしたことがあると思います。

また、歌詞などを覚えていなくても、少し聴いただけで「これは浜崎あゆみの曲だ!!」とわかってしまうものですよね!

そんな浜崎あゆみさんについて蜷川実花さんは「素晴らしいオリジナリティと消費されなかった力強さの証明。モノを造る人間として尊敬している」とおっしゃっていました。

みんなの感想

岡崎京子氏のコミックが原作です。
人気モデルのりりこが主人公。
彼女は実は全身整形していて、その整形後の副作用に悩まされているのが観ていて辛いです。
原作もかなり狂気に満ちた作品で、この映画でもそれが色濃く反映されています。
蜷川実花監督特有の赤色の使い方で狂気の世界がうまく描かれていてよかったです。
沢尻エリカさんが演じる、りりこの姿もイメージにぴったりでした。
りりこが持つ、孤独感、絶望感。そしてドラッグ。そこからくる狂気の世界をうまく演じておられます。
まさにハマり役、といったところでしょうか。
原作でも出てくる刑事とのやり取りも再現されていて、原作からはいっても違和感なく楽しめます。
この刑事とのやりとりは、映像化するとクサくなるシーンかもしれませんが、その「クサさ」が却ってよかったです。
ちょっと残念なのはりりこのマネージャーの羽田。地味な大人しい女性、といった感じで描かれています。
彼女は原作ではもっと健康的でかわいらしい女性なんですよね。
それだからこそ、りりこがもつ狂気に巻き込まれるのが恐ろしいのですが、描かれていたらもっとよかったかと思います。
全体的に毒々しい色合いで描かれており、原作で感じた「狂気の色」が映像化されていてとてもよかったです。

こちらの映画を見たきっかけは、主演女優の沢尻エリカさんが好きだったというだけでした。沢尻さん演じる女性の栄光と闇が取り巻く人間関係とともに描かれていきます。描写は性を取り巻いている映画ではありますが、そこまで過激ではなく、劇中の衣装やメイクはとても綺麗です。また色使いも煌びやかな世界を表したり暗い世界を表したりとうまく使い分けもされており、場面の切り替わりにも違和感なく入ることができます。話の流れですが、沢尻さんの体当たりの演技がともかく魅力的です。主人公の女性のひとや医療に頼らなければ自分を保てない脆さや、ステージへ出た時に、人の注目を浴びた時の強く凛とした姿は素早く使い分けられており、沢尻さんの俳優魂みたいなものを感じました。主人公のドキュメントを見ているような臨場感が劇中ずっとあり、話の構成も現代で実際に起こりうるお話であったので、実話を元にしたお話なのかと思ってしまうほど面白くリアリティがありました。そして何かに依存してしまう人の弱さについては考えてしまうメッセージ性もありました。性的な描写が少しでも嫌な方は無理に見ることは勧められませんが、そうでない方は一度見てみることをお勧めします。

最初から最後までとにかく沢尻エリカの綺麗さにビビります。原作も読んでいるんですが、本当に主人公そのままの綺麗さ(原作は作り物なのですが…)顔のパーツ、足の長さ、体の華奢さ、全てが整ったお人形さんのようでずっと見てられると思います。また、「スターは奇形だ」という言葉が出てくるのですが、本当にその通りだな、とてもいい表現だな、と思いました。あんなに整った人なんてそんなに居ないし、だからこそ、こんなに沢山いる人間の中で美形が目を引くのだし、そういった人間の頂点に立つスターこそ稀なのだと思いました。普通は奇形と聞けば欠損があるだとかどこか不具があるとかを想像しますし、あまりいい言葉として受け入れられませんが、ここではそれを奇形、数としては少ない方に入れて表現しているのが素晴らしいし、なるほど、と思いました。美しさのあまり色々なことを自由にしてきた主人公がその美を手に入れた代償に苦しみ始めるのもまた見ていてとても複雑ですがお話としてはとても興味深いものがありました。(フィクションですので人の不幸も楽しめます)最後、眼帯をつけ、ボロボロになったはずでも尚、あの妖艶な笑顔を見せる主人公にある意味釘付けになりました。

「ヘルタースケルター」は人気漫画を原作とした映画です。そのため映画化されると聞いた時に、漫画の世界観が壊れないか心配でしたが話題になっていた事と映画監督の映像の魅せ方がとても好きなのでどう映像化されるのか興味があって、映画も観に行きました。そして「ヘルタースケルター」を観た感想はとにかく凄いの一言に尽きます。沢尻エリカさんが演じる主人公は全身整形をする事で完璧な美貌とプロポーションを手に入れて人気モデルに成り上ります。ですがその栄光も長くは続かず徐々に整形が崩れて劣化し、化けの皮が剥がれてしまう「絶頂から絶望まで」が描かれた作品です。並みの演技力では演じ切れない主人公の心理描写を繊細で丁寧に、でも時には怖いぐらいに真っすぐに心の中を抉るように演じ切っていました。しかも全身整形の完璧な美貌とプロポーションという主人公の設定に説得力がある容姿をしている女優となると、もう「ヘルタースケルター」の主人公は沢尻エリカしかいないと思いました。そこに監督の映像美と幻想的な世界観が加わった事で、下手すると原作の漫画を超えるレベルの作品になったのではないかと思うぐらいいい仕上がりの映画だったと思います。脇役もしっかりと個性派俳優で固めてあったので、個人的には歴代の邦画の中でもかなり上位に入る映画です。

監督、出演者、原作全てから一度は観たいと思っていた作品だったので、ステイホーム中に観ました。原作を実際には読んではおらずおおまかなストーリーを知っているだけだったので、内容がけっこう過激でいい意味で衝撃的でした。特に主役の沢尻エリカの惜しげもなく体を張った演技にはプロ根性を感じました。おそらくりりこ役には適役だったのだと思います。そして全身整形をした、という設定の通り完璧な美貌とプロポーションも、特にヌードシーンでは女性の私でもうっとりするほどでした。蜷川実花監督作品ということで、映画全体の世界観も美しくセンスも良く、派手な色遣いや出演者の衣装など、作品の雰囲気ともとても合っていて大好きです。寺島しのぶ、綾野剛、窪塚洋介、寺島進、桃井かおり、斎藤工、吉田鋼太郎などと俳優陣ももうかなりの豪華なベテランぞろいなのも見どころの一つで、安心して観られます。ストーリーは女性なら誰でもが美しくなりたい、という思いがあり、その究極の形とも言えるもので、同時にいつかは世間から忘れられるという恐怖感をとても上手く表現しているなという感じでした。自分も平凡ながらも年は確実に取っており、美の衰えを日々感じているので、とても考えさせられる作品でした。

貴方はヘルタースケルターという映画をご存知でしょうか?
こちらの映画は簡単に話すと主人公のリリコという女性の半生に注目した映画です。
実はこのリリコという女性は女優兼モデルをこなす人気者ですが過去はそうではありませんでした。
彼女の人生が一変したのは整形をしてからです。
こう聞くと、整形した女性が天下を取るという逆襲物語のように見えますが必ずしもそうではありません。
どちらかというと彼女の激しくアップダウンする内面性に焦点があたった作品です。
彼女の人間らしい心の動きは社会の動きや人に対する興味関心の脆さといったものを遠回しに表す表現にもなっています。
そのため、リリコの半生をみていると誰しもが自分とリリコを重ね合わせることができます。
そういった点から見てもこの作品は私達の心に強く訴えかけてくる作用があります。
こうした点も相まって誰しもが知る有名作品になったのです。
美しいことが良いとされがちな現代ですが、その美しいという言葉を履き違えることも固定概念だけで歩み続けることも大変危険な事だとこの作品は忠告しています。
いつか若さはなくなります、ですが内面はなくなりません。
なくなる若さを無理に追い求めても己の精神と内面を壊しかねないという私達の忘れがちな問題にも触れているのもこの作品のいいところなのです。

まとめ

映画「ヘルタースケルター」は、【U-NEXT】【ABEMAプレミアム】で配信中です!

是非ご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました