ゲキカラドウ/無料動画配信や見逃しを1話から全話フル視聴する方法!感想まとめ【ドラマ】

ドラマ「ゲキカラドウ」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「ゲキカラドウ」は
\Paravi(パラビ)で配信中!/

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「ゲキカラドウ」とは?

2021年1月7日から放送中の「ゲキカラドウ」。
このドラマはジャニーズの桐山照史さんが、単独初主演を務めました。
最近では、バラエティ番組などでも激辛メニューの特集や挑戦などの放送が行われていますね。
こちらのドラマは見て楽しんで音で楽しんで、きっと激辛料理も堪能できる究極のグルメドラマとなります。
ぜひ超激辛なコメディドラマをご覧ください!

ドラマホリック!ゲキカラドウ | 第1話 | 主演 桐山照史 | テレビ東京

極めるは激辛料理が秘める真理への道。
それが「ゲキカラドウ」――
「孤独のグルメ」「忘却のサチコ」「きのう何食べた?」――テレビ東京では、これまで数々のグルメドラマを放送。時間帯がいずれも深夜ということもあり、放送のたびにSNSで「飯テロだ」と話題を集めてきました。そしてこのたび満を持して新たなグルメドラマが誕生!毎週水曜深夜に放送中のドラマ枠「ドラマホリック!」第5弾、新感覚の激辛グルメコメディドラマ「ゲキカラドウ」の放送が決定しました。
情報・バラエティ番組では連日のように特集が組まれ、飲食店のメニューも激増するなど、今や空前の「激辛ブーム」。深夜の空腹を刺激すること間違いなし!視覚でも聴覚でも堪能できる、マニア性・中毒性の高い、究極のグルメドラマが誕生します!
「激辛道=ゲキカラドウ」を真剣に追い求める一人の男が、男として、仕事人として、一皮も二皮もむけていく、成長物語「ゲキカラドウ」。
寒い夜をアツくする、超激辛なグルメコメディドラマをお届けします!

飲料メーカー「ロンロン」の社員・猿川(桐山照史)は、⼤阪本社での実⼒を認められ東京⽀社・営業促進室に異動となる。だが、異動初日に老舗酒店に営業に行くも失敗。店主の葛城(相島一之)を怒らせてしまう…。その日の夜、室長の谷岡(平田満)、大河内(泉里香)らによって猿川の歓迎会が開かれる。しかし、そこで出てきたものは、驚くほどの激辛料理…!圧倒される猿川に谷岡は“ゲキカラドウ”なるものを唱える…。

飲料メーカー「ロンロン」の東京支社・営業促進室に異動してきた猿川(桐山照史)。ある日、室長の谷岡(平田満)から“二辛”と言われる難易度のスーパーに営業にいくよう命じられる。そこは先代から受け継いだばかりの若社長・西寺(長谷川朝晴)が営む激安スーパーだった。前日に同期の大河内(泉里香)が挑むも撃沈…。健太は意を決し、営業に行くが、西寺から「うちと他のスーパーの違いってわかりますか?」と聞かれ…。

飲料メーカー「ロンロン」の東京支社・営業促進室に異動してきた猿川(桐山照史)。ある日、難易度“5辛”と言われる空手道場「高野会館」に営業にいく。ぜひ自社の自販機を置いてほしいと頼んだが、館長の大山田(麿赤兒)から即座に断られ、撃沈…。過去の経験から空手に苦手意識があった猿川。しかしその日の夜、激辛麻婆豆腐と出会ったことで、苦手なものでも「ちゃんと味わってみよう」と決意。大山田に道場への入門を申し出る!

飲料メーカー「ロンロン」の東京支社・営業促進室に異動してきた猿川(桐山照史)。ある日、経理部の前田部長(丸山智己)から期限を過ぎた経費の申請について怒られていると、見かねた経理部の高宮(佐津川愛美)が事務処理を手伝ってくれるという。高宮の美しさに一目惚れした猿川は、お礼と称して高宮を食事に誘う。室長の谷岡(平田満)おすすめのタイ料理でいい雰囲気になるが、出てきたのは激辛ヤム・ウンセンだった…!

飲料メーカー「ロンロン」の東京支社・営業促進室に異動してきた猿川(桐山照史)。ある日、同僚の秋山(前川泰之)らとキャバクラへ。お店にロンロンの商品が置いてないことから、次の日営業に行くよう命じられるも、店長の牛島(板尾創路)から門前払いされる。店長はナンバーワンキャバ嬢・アカリ(水崎綾女)の言うことなら何でもきくと知り、アカリを指名するが…。激辛×お好み焼きは非常識!?ハラペーニョお好み焼きとは?

飲料メーカー「ロンロン」の東京支社・営業促進室に異動してきた猿川(桐山照史)は順調に新規契約数を伸ばしていた。ある日、妻と喧嘩し会社に寝泊まりしていた谷岡室長(平田満)が寝言で「ユカタン」と呟いたことから不倫を疑う促進室一同。その後、谷岡に命じられ営業に行った老舗銭湯の経営者はなんと磯部友香(朝加真由美)!?友麻(泉里香)は磯辺を不倫相手と疑い…見た目に騙されることなかれ!激辛メキシコ料理とは!?

飲料メーカー「ロンロン」東京支社・営業促進室の猿川(桐山照史)は同僚の友麻(泉里香)と共に接待に向かうが直前にドタキャン!気を取り直して行きたかったプデチゲの店に向かうが、なんと臨時休業…。彼女のこの日の占いは「一日ツイてない日」。猿川が納得していると、友麻はスーパーへ向かい、猿川の部屋で激辛料理を作ると言い出して…。自宅で作れる激辛プデチゲ!ゲキカラドウならぬ「エロカラドウ」とは!?

飲料メーカー「ロンロン」の東京支社・営業促進室に異動してきた猿川(桐山照史)は、ある日後輩の亮介(中村嶺亜)から実は「激辛」が苦手だと打ち明けられる。飲み会で知り合った香澄(武田玲奈)が激辛好きのため、なんとか克服したいと亮介が悩んでいると、秋山(前川泰之)がモテるための激辛道、モテカラドウを説き始める…。激辛四川料理と、世界一辛い唐辛子パスタ登場!亮介は男を上げて彼女を射止めることができるのか!?

猿川(桐山照史)が働く飲料メーカー「ロンロン」が独占契約していた「タンタン遊園」がアメリカの大企業「スパイシー社」に買収されることに。同社は飲料メーカーも選び直すというが、この契約を失えばロンロンは大損失!しかし、タンタン遊園の担当だった山崎(森田甘路)はプロジェクトの責任者・タナカ(山田純大)から「他社より優れている点」を問われるも、何も言えず…。それには過去のトラウマが関係していて…。打倒アメリカ!?ビッグでスパイシーな激辛ハンバーガーに挑戦!他社にはないロンロンだけの強みとは!?

猿川健太 – 桐山照史(ジャニーズWEST)
大河内友麻 – 泉里香
篠宮亮介 – 中村嶺亜(7 MEN 侍 / ジャニーズJr.)
山崎裕也 – 森田甘路
秋山雅人 – 前川泰之
谷岡和彦 – 平田満

「ゲキカラドウ」配信状況

「ゲキカラドウ」の配信状況を調べてみました!

配信状況
Paravi
Hulu×
FOD PREMIUM×
U-NEXT×
ABEMA×
Amazonプライムビデオ×
TSUTAYA TV/DISCAS×

※本ページは2021年3月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

Paravi(パラビ)とは?

Paravi(パラビ)は月額1,017円(税込)で、主にTBS・テレビ東京・WOWOWのドラマやバラエティなどが視聴できる動画配信サービスです!

★90年2000年代の懐かしいドラマから最新ドラマ、バラエティ作品などが盛りだくさん!
★Paraviオリジナルストーリーあり!
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

↓ Paraviで配信中の作品! ↓

【ドラマ】
・オー!マイボス!恋は別冊で
・天国と地獄~サイコな2人~
・俺の家の話
・半沢直樹
・恋はつづくよどこまでも
・逃げるは恥だが役に立つ
・中学聖日記
・孤独のグルメ
・ブラッディマンデイ
・ドラゴン桜
【バラエティ】
・水曜日のダウンタウン
・クイズ!THE違和感
・モニタリング
・モヤモヤさまぁ~ず2
・マツコの知らない世界

【アニメ】
・鬼滅の刃
・銀魂

感想

ゲキカラドウの感想としては、まず設定が斬新でとにかく引き込まれる内容だと思いました!主人公である桐山くんは会社内の移動によって東京のオフィスで働くことになります。しかし。そのオフィスでは激辛なものを食べて仕事を学んでいくと言うシナリオになっています。普通に考えればあり得ないことですし、こんな職場では働きたくないと思いますが、激辛の深みから学ぶ桐山くんの表情や感情がとても面白く、見応えがあります。
また実際に出てくる、お店も実在するもので、そこのお店に行きたいと言うよくも出てきます。その中でも一番のお気に入りのお話は、部長と行くタイ料理のお店の話です。桐山くんが徐々に激辛に慣れてきて、「この辛さなら大丈夫!」と息込んだ矢先、想像を超える辛さの料理が出てきて、桐山くんは怯んでしまいます。
そこで部長は「激辛は油断したらその時点で負け」と教えてもらい、自分も見ていて共感しました。仕事やプライベートでも慣れてくるとそれが普通になり、新しいものも挑戦心を無くしてしましますが、初心を忘れず立ち向かうと言うことをこの話から自分は学んだと思っています。
全体の話を通して感じたことは誰も何も考えずに清々しく見れるいいドラマだと思いました。
僕も激辛を食べた後は「仕上がりました!!」と言うようにします。笑

料理のドラマというのは数多くありましたが激辛料理にスポットライトが当たったドラマというのは珍しいなと感じています。桐山照史が演じる主人公の猿川が最初は激辛料理に苦戦しながらも根性で食べきり、それによりいろいろなことを学ぶというのが見ものです。桐山照史が激辛料理を苦しみながら汗をかき食べている姿というのがやたらと似合うんです。これほどまでにベストキャストはないよなと評価しています。ストーリー的には猿川の生き様というのに注目しています。素直な性格で人間的に真面目さというのが伝わってくる存在で好感が持てます。営業を取るためにキャバクラに通って大金を請求されて焦ったり空手道場に入門して倒れかけたりと行動の大胆さというのが魅力的です。喜怒哀楽を前面に押し出していてわかりやすい猿川というのが気に入っています。そして泉里香が演じる同僚の大河内友麻と猿川との関係も読めない関係です。好意があるのかないのか読めない友麻の素振りというのがわかりにくくてどちらなのかなと予想しながらドラマを見ています。今までにない激辛料理をテーマにしたドラマに恋愛も絡んでいてみどころが沢山ある仕上がりになっているなと評価しています。

主人公猿川が、激辛の料理を食べている姿が、汗がじんわり出ていて、本当にリアルなところがいいなあと思って見ています。職場の人達も最初は、冷たい感じなのかなあと思っていたのですが、そのうちだんだん打ち解けていくような感じがしていて、職場の雰囲気もいい感じで、和やかな感じがいいなあと思っています。猿川は、営業先で断られても、激辛によりヒントを得たことを、営業先にもう一度行き、心のこもった言葉で、人の心を動かしていて、なかなかやるなあと感心しています。同期の女性社員が、普段とてもクールなのですが、お酒が入ると豹変してしまったシーンは、驚きました。その理由は、仕事を徹夜でしていたせいで、酔いが回ってしまったことがわかり、みんな仕事熱心だなあと感心しました。激辛は、最初驚くほど辛いという表情の猿川ですが、そのうち、その辛さにうまみが加わってくるようで、そこからとても勢いよく食べていく姿が気持ちいいです。食事が終わり、店を出た時に吹く風が、心地よく感じるらしく、整ったというような表情が、とても気持ち良さそうで、激辛を自分のものにしているようだなあと感じました。激辛にも、ラーメンがあったり、韓国料理があったり、様々な料理が出てくるところも面白いです。

たどり着いた激辛の先は「仕上がった」という表現がピッタリの清々しい境地というのが強烈に伝わってきます。大阪から東京に異動になった主人公・猿川健太は元応援部部長で、扮する桐山照史は体形も、大阪出身であるところも設定にぴったりです。与えられた仕事に全力で向かい、真っすぐな気持ちで客とぶつかる営業の仕方がまさに体育会系。仕事ぶりも潔いですが激辛の一皿に眼を白黒させながら超えていく姿はまるで戦に臨んだ武将のようです。彼が所属する営業促進室のメンバーも個性派ぞろい。「パイセン、パイセン」と人懐っこい篠宮ですが、相手の懐にすっと入りうまく仕事を押し付ける要領の良さが持ち味。激辛をガツガツ食べる山崎はおっとりした外見ながら言うことも辛い。紅一点の大河内は炭水化物を一切食べず、しかし辛みが美を作ると言わんばかりの食し方は色気があり目が離せません。そして室長・谷岡は筋金入りの激辛好き。彼のうんちくは勉強になる知識の豊富さです。穏やかな雰囲気ながら新人の猿川の初仕事から甘い顔をしない厳しさがあります。しかし部下の様子はよく見ていて、おごれば戒め、落ち込めば引き上げると面倒見がいい面もあり人間模様も飽きさせません。見ているだけで汗が出てくる熱いドラマです。

食事シーンが多いドラマで大事なのは食べ方です。一瞬でも汚い、気持ち悪いと感じたら不快で観ることができません。私は人が食べているところを見るのが苦手で、今まではそういうシーンが多いドラマは避けてきました。しかし、このドラマはまったくそんな気持ちにならず、食べっぷりが気持ち良いとさえ感じますし、主演を務める桐山照史さんがたくさん食べているところを見るとお腹が空くのです。きっと桐山さんの清潔さ、演技の上手さ、マナーがしっかりとあることが関係しているのでしょう。食べ物を美味しそうに食べる人を見ると元気が出るということを初めて知りました。でも、このドラマで私が1番魅力を感じるのは登場人物たちの成長していく姿です。営業マンとして一生懸命働く姿、冷たくあしらわれて悔しい思いをしても、辛い物を食べて、気合いを入れなおして、諦めることなく営業に向かう姿。それらを観ていると、私も仕事を頑張ろうととてもやる気をもらえます。仕事の話、辛い美味しい食べ物の話はもちろん、恋のドキドキなどもあるので、笑ったり、お腹が空いたり、キュンキュンとときめいたりと、さまざまな感情を楽しむことができます。改めて、人間の体は食べた物でできているのだから、なるべく栄養があるものを食べたい、食を楽しみたいと思いました。

ジャニーズWESTの桐山照史さんはとても俳優向きのお顔立ちだと前々から思っていたので、主演の「ゲキカラドウ」をとても楽しみにしていました。役柄もスーツに短髪と言ったごく普通の営業サラリーマンでしたが、それが想像以上に似合っていてキャラクターも関西出身の設定でそのまま、素の桐山さんが演じているように見えました。ドラマの内容は、正直「ゲキカラドウ」のタイトルだけでは全く予測がつかなかったのですが、どうやら今流行りの激辛料理に挑む事に重きをおく設定であり、実際始まってみると、本物の激辛料理が登場してそれを桐山さん演じる猿川が汗をかきながら必死に挑むと言った斬新なストーリーで、さすがテレ東だなと思いました。そして激辛料理を作っている映像や、それに挑むシーンにしっかり時間を割いているのがとても魅力的だと感じました。また、猿川が辛さそうに食べている時はあえてセリフをなくしたりするのが、視聴者を惹きつける事に上手くマッチしていると思いました。桐山さんの表情を見ると恐らく本当の激辛で味付けしていると思われます。営業でやっていく「難しさ」を上手く「激辛」に例えて、そこで生まれた「カタルシス」を胸にさらに成長していく今までにないドラマでした。

まとめ

「ゲキカラドウ」は、Paraviで配信中です!
初めて登録する方は、2週間無料
無料期間のみ楽しみたい方も期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「ゲキカラドウ」は
\Paraviで配信中!/

※本ページは2021年3月時点の情報になります。
最新の配信状況はParaviへ!

タイトルとURLをコピーしました